和合一致



胃下垂は腹筋で治るのか。①




「胃下垂を治すには腹筋したらいいですか??」


これは、胃下垂で悩んでいる人から、必ずと言って良いほど聞かれる質問です。




世間では胃下垂の原因の多くは、猫背などの姿勢の悪さ、骨盤の歪み、インナーマッスルの衰えが原因と言われています。
その結果弱った筋力が、重力に負けてしまい胃が落ちてしまう。
ですから、胃下垂で悩んでいる人は腹筋を鍛えたり、体幹を鍛えたら胃は上がる、というように考えられています。


果たして本当にそうなのでしょうか。



このイラストをご覧ください。


a0352194_15190156.jpg


もしあなたが胃下垂であるならば、腹筋を鍛えようと頑張れば頑張るほど、おなかの中は、上のイラストのような状態になっていることをご存知ですか?

と、いうのは胃下垂の人の多くはもともと踏ん張り癖が強く、そこに腹筋をするとなると更に下へと押し込むように腹圧をかけてしまうのです。

「胃下垂の人は食べても太らない」と言う説もあって、うらやましがられていたりしますが、上半身は痩せて見えていても下腹だけがぽっこりと出ている。
尚更にこの下腹をへこませたい、と一生懸命に腹筋を頑張っていても一向に改善が見えない。



なぜなら・・・



そもそも胃下垂の人は、胃がおへその下まで落ちています。
落ちているというよりも、不自然に胃の壁が"びよーん"と伸びてしまった状態。

上に申し上げたように、その状態でいくら腹筋を頑張っても、「ウンッ!!」とか「フーンッ!!」と踏ん張る度に、余計に下腹を圧迫してしまい、胃は上がってこれず、更にその胃は腸に"重し"となって乗っかってしまいます。


踏ん張ることによって、更に、


内臓下垂を進行

させてしまうのです。




a0352194_15193740.jpg


これでは、胃下垂を治したくて腹筋を頑張っているはずなのに、逆効果になってしまっています。

と、いうことは・・・


胃下垂を治そうと

腹筋をしても

胃は上がりません。



腹筋で鍛えられるのは、表面の筋肉です。
けれど、胃を引き上げるのはもっともっとおなかの深い部分の問題なのです。




では、どうすれば胃下垂が改善できるのか・・・



わごいちでは、

「腹筋をしなくても胃下垂は改善する」

と考えています。


これまで多くの胃下垂の改善に取り組んできた、わごいち独自の考えがあります。





それは・・・


つづきは、また次回に。














池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2016-11-19 15:22 | 症例・内臓系 | Comments(0)
<< 胃下垂は腹筋で治るのか。② 四季折々の… >>


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧