和合一致



腹六分目はどんな量??


皆さん、“腹八分目”と言う言葉を、お聞きになったことがあるかと思います。

「耳が痛いわー!」という人もいらっしゃるでしょう。


皆さんからよく、こう聞かれることがあります。


「先生、おなかの適量はどのくらいなのですか?」と。


わごいちで食事を中心に生活改善に取り組み、胃が本来の元気を取り戻すと、やって来る問題が…それは、


食べ過ぎてしまう。


分かっているのについつい…。
「だって美味しいんだもん!!」と、いう言葉が聞こえて来そうです。



…とあるわごいちでの仕事の後、わごいちで用意して皆で晩御飯となりました。

a0352194_08204568.jpg

人参は難波神社のマルシェで紙鳶さんが買って来てくれた無農薬のもの。

a0352194_08204972.jpg

そして、師匠の家族旅行のお土産、滋賀の道の駅で買ってくださった鮎の甘露煮。
そもそもワインと日本酒両方スペシャルなお酒が整体院にあるのがなぜか。。。それは何を隠そう皆さんのお陰です。

この日の宴のワインはいぬさちさんにいただいたもの。芳醇な香りとしっかりめのお味が美味しいー♪そして、言わずと知れた私たちの大好きな奈良のお酒・梅乃宿は師匠のお友だちの方からのバレンタインプレゼント。ここ最近、わごいちへの通院を始められました。


あるもので、のはずが豪華な食卓となるこの贅沢。

a0352194_08205197.jpg


メインは女将さんのカレー3種。
どれも手作りです。おうちのパーティーでご用意されたものをわごいちへも持たせてくれました。

このカレー、すべて茶道のお碗に入っています。(そのような遊びをし、食卓を彩りました)

あとは玄米を炊いて準備完了。



はじめの人参は中サイズを一本、お次の鮎の甘露煮は養殖ではなく自然の川で育つ小鮎です。

メインのカレーはおそらく全て合わせて、世間のカレーの一人前位の量です。

そして玄米は2合。

以上を、師匠と紙鳶さんと私の3人で分けます。
決して量にしては多くはありません。


それでもね‥

十分満たされるんです。

一つ一つのお料理が力のある素材で、愛情を込めたものだから。。。

わごいちでこうして宴をさせていただく機会があるといつも思います。


仕事が終わって家に帰ってバタバタと、一人でアレコレ手軽なもので、いただきますと食べ始めると、もう腹八分目まで来てるのにどこか満足できない。いつまでも手を止められない。


“腹八分目”は「あー!おなかいっぱい!」の3歩手前ぐらいのところ。

なんでか、一人だとそこで止まれないんです。


けれど、今日のように食卓を囲んでいただくと腹十分目、十二分目とはち切れそうに動けないほど食べなくても、おなかを思う食事と気持ちのこもった贈り物でおなかと心が同時に満たされていき、十分に満足するのでしょうね。


腹六分目くらいで、十分満たされる食事。
これは何も量だけのことじゃない。



本当におなかから幸せと満たされた食事だったからだ…と、家路への道を歩きました。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」

by wago-ichi | 2017-03-16 09:56 | 食べ物とおなか | Comments(0)
<< 鳥は丹足を外さない おなかぽっこりの正体をご存じですか? >>


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
超簡単♪ノンオイル豆乳カルボ..
at 2017-06-24 10:10
あと3日!!
at 2017-06-23 17:22
ヌメリにはまってます
at 2017-06-22 14:40
本当に大切なもの
at 2017-06-21 10:24
お尻が燃え盛る日々です
at 2017-06-20 17:17
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧