和合一致



2017年 03月 03日 ( 1 )


カレーのルウを侮ってはいけません。


皆さん。

カレーのルウを侮ってはいけません。

「カレーを食べたら胸焼けしました。」
「カレーを食べたら下痢したんです。」

と、わごいちの施術の際に聞くことがあります。

そのときに、必ず確認することがあります。「そのカレーは市販のルウを使われましたか?」と。



多くの方がスパイスが悪かったのかな?と思われるのですが、確かに赤唐辛子や青唐辛子といった辛味のきついものは、胃腸に刺激となることがあります。



が!!



しかし、それ以上に胃腸にとって負担となるものが主役的に入っていることをご存じですか??



こちらをご覧下さい。


a0352194_09011261.jpg




これは、市販のカレールウの裏側の成分表示です。

お気付きになりましたか??


一番はじめに表示されている「食用油脂」。

実は、この食用油脂が多くの人にとってスパイスよりも遥かに胃腸の負担となっているのです!!

ご存知の方も多いかと思いますが、この裏側の原材料は使用されている量の多いものの順に書かれています。

市販のカレールウは、じっくりコトコトと煮込まなくても、とろみを手軽に出せるように油分と小麦粉をベースに使う為、あのカレーのお鍋の中には大量の油が入っているのです。
一番はじめの表示が「食用油脂」ということは、油を食べているようなものなんですね。


何度かこのブログでも書いていますが、胃は油が苦手。なぜなら、胃の内側の壁を油の膜で覆ってしまい胃酸を出す穴を塞いでしまうからです。


a0352194_10043906.jpg



そして、自分自身の胃酸によって自らを焼いてしまうのです。

これが、胸焼けの原因です。


また、カレーてあんまり噛みませんよね。
噛むつもりはあってもトロトロのルウと絡んだライスは、サラサラと喉に入ってしまいます。

・・・となると、ほぼ唾液と混ざることなく胃に入ります。唾液とろくに混ざらず入ってくる食べ物は胃の負担を増やします。

そして、いざ!と胃が消化しようと思っても先程のイラストのような状態です。思うように消化できずに腸へ送るので、消化不良の食べ物を腸が上手く吸収出来ずに下痢してしまうのです。





胃の調子が悪くなったり下痢したり、おなかの不調の原因は、

ルウに含まれる大量の油です。


ついでに言うと、この「食用油脂」という油分はあまり質の良いものではありません。

もうひとつついでに、カレーだけではなくシチューも市販のルウなら同じ…
↓↓↓

a0352194_12293507.jpg




「何で胸焼けしてるんだろう…。」「またおなか壊しちゃった。」

を、振り返り探すと思いがけないところに理由はあるものです。


ルウの油分が胃腸の調子を悪くする…これは、長年皆さんのおなかを揉んできたわごいちだからこそ、見えてきたことです。
私たちが言っているのではありません。

皆さんのおなかが言っているのです・・・


「市販のルウの油分は侮れない。」


と。













池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」


by wago-ichi | 2017-03-03 15:01 | 食べ物とおなか | Comments(0)


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
超簡単♪ノンオイル豆乳カルボ..
at 2017-06-24 10:10
あと3日!!
at 2017-06-23 17:22
ヌメリにはまってます
at 2017-06-22 14:40
本当に大切なもの
at 2017-06-21 10:24
お尻が燃え盛る日々です
at 2017-06-20 17:17
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧