和合一致



2017年 03月 12日 ( 1 )


便秘と下痢を繰り返すのは胃のせい?


「ここだったらなんとかなるかも。」とやっとわごいちに辿り着いた方々で、


「便秘と下痢を繰り返すんです。」


と、カウンセリングの際に他の悩みと一緒におっしゃることがあります。
それも、結構多くの方がその不調を訴えられます。


実際に施術でそう言われる人のおなかに触れると、


a0352194_15293334.jpg
「胃拡張」であることが多いです。


もしくは、


a0352194_15293961.jpg
「胃下垂」である。



全然違うもののように思う「胃拡張」と「胃下垂」というそれぞれの症状ですが、どうも腸にとっては同じ苦しみを感じているようです。


どういうことかと言うと・・・


先ほどのイラストの腸の部分に注目しましょう。


a0352194_15294548.jpg

a0352194_15295480.jpg


胃が「胃拡張」で大きく膨らもうと、「胃下垂」で伸びて下がって来ようと、腸からすると苦しみは同じ。上から乗っかってくる胃に押し潰され、思うように働けない。乗っかってくる胃に腸が行く道をふさがれるので、上手く便を送り出せず停滞状態に。

そして、便秘になります。

更に、押し潰されうっ血状態となった腸は血流が悪くなって冷えてしまい栄養を思うように吸収できなくなってしまいます。それでもまだやって来る新たな食べ物(消化物)に吸収も追い付かずに、どうしようもなくなってしまい無理矢理に体外へと出すのです。

そうして下痢をします。

けれど、無理矢理に下痢することで腸は傷ついてしまい、その修復の為に便を送り出すのは後回しになります。
→便秘になる。

それでも、次の食べ物(消化物)が入ってくるのでまたしても無理矢理出してしまう。
→下痢になる。

後はエンドレス。栄養の吸収もままならないまま、

便秘→下痢→便秘→下痢→便秘→下痢…

と、このくり返しとなるのです。


腸にとっては相当のダメージです。
また、いつまでこのくり返しを続けるんだろうと、悩みの真っ最中である当人からすると地獄のような日々に感じていると思います。



私たちはこれまで、わごいちにやって来たたくさんの方が「便秘や下痢を繰り返してつらいです。」と言うお悩みを聞きました。
そして、そのほとんどの方が「胃拡張」もしくは「胃下垂」でした。

多くはその腸自身が犯人ではありません。むしろ腸は真の犯人である胃によってダメージを受ける被害者なのです。


向き合うべきは何か…。


まずは真の犯人を知ることから。それが胃なのなら、胃の改善に向けて嫌がる食べ物が何なのか胃の声を聴くこと。

私たちは施術を通して炎症部を触り伝え、その声を皆さんに知らせることが出来る。そうして食事改善に取り組んで来られた皆さんが、便秘と下痢を繰り返す地獄のエンドレスから解放されていっています。



改善するためには何と向き合うべきか。


実際に皆さんのおなかに触れてきた私たちは知っています。
そして、今はその悩みから解放されて笑顔になっている方々の姿を見ています。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」

[PR]
by wago-ichi | 2017-03-12 10:08 | わごいちの日常


大阪の「わごいち」は、自分のおなかと向き合いながら心底‥いや、ハラの底から元気を作る整体院です。ブログ毎日更新してまーす!
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
ご夫婦二人で呼吸を合わせて
at 2017-10-23 11:04
本日の幽芯姿勢講座は開催いた..
at 2017-10-22 10:00
工夫とはなんぞや
at 2017-10-21 10:04
健康は毎日の中で作られる
at 2017-10-20 10:04
雨、雨、雨
at 2017-10-19 10:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧