和合一致



2017年 05月 02日 ( 1 )


至福のコーヒー


新兵器がわごいちに来ました!!


a0352194_08225127.jpg

(キラキラした目でその新兵器をゴーリゴーリする紙鳶さん。)


その新兵器とは、


a0352194_10162260.jpg



じゃーん!!
コーヒーミルです!!


たーさん有難うございます。早速愛用しております。
先日、たーさんご家族との打ち合わせの時に、師匠が注文してくれていたようです。

このコーヒーミルのお陰で、引き立てのコーヒーがいただけ、とーっても至福の時間を過ごしております。


a0352194_08225392.jpg


私、コーヒーを淹れるのがとっても好きなんです。
ドリップしてコポコポと湯気の立つのを見ていると何とも言えない幸せを感じます。


a0352194_10452274.jpg


これこれ、この瞬間。


あー幸せ♪


「ん??待って待って。先生コーヒーは胃に刺激が強いからあまり良くないんじゃないの??」
と、疑問を感じながら読んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

「コーヒーは胃に悪い説」

世間でも、結構知られていますね。これは確かにそうです。

コーヒーも種ですから、大豆や胡麻などと同じように油分が含まれます。その油分の含まれた豆を発酵させ、焙煎することで生まれるコクのある薫りや味を楽しんで飲むものがコーヒーですから、胃の苦手とするところがあるのでしょう。

"嗜好品"と言われるものは、栄養としてでなく個人の好みによって食べたり飲んだりするもの、と定義されています。ですから、お酒やたばこと同じように体に害を及ぼしてでも、満たされる気持ちを差し引くと良しと思えるかを考えていただくもの。



私たちも"嗜好品"としてのコーヒーが大好きです♪


だからこそ、色んなコーヒーをいただて、飲んだ時の胃の感じから負担のかかるものがだんだんと解ってきました。

<インスタントコーヒー>
飲んだ後の胃がしんどい感じがあります。油物を食べた後の感じに近いような‥、胃の内側の壁にべたーっと張り付く感じがします。

<ミルクとお砂糖を入れて飲む>
油分や糖分を加えると、胃への負担は増えます。上に書いたように胃は油が苦手ですし、腸は糖分が苦手です。

<時間が経ったもの>
酸化が進んで、コーヒー豆の質が劣化するようです。淹れてから時間の経ったものや、また豆の状態でも古くなるほど、豆の酸化が進み質は落ちていくようで、こちらも胃への負担が増えます。

また、そもそも胃が炎症などを起こして荒れている時や、体調が悪い時などに飲むコーヒーは全く美味しくありません。そういう場合に飲むのは良くありません。おなかにより一層負担がかかりますからね。

理想的には、引き立て淹れたてのコーヒーが一番良い。胃への負担が少々でも軽減されます。
鮮度の良さが大切なのは、どんな食べ物、飲み物でも同じなんですね。




そんな"嗜好品"のコーヒーだからこそ、いただくときは極上の一杯を大事に飲みたい、そう思えるコーヒーをできるだけ選びましょう。



 
a0352194_08225893.jpg

では、いただきます♪






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-05-02 10:44 | 食べ物とおなか | Comments(0)


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
解り合いたい
at 2017-08-22 10:03
巳のお守り
at 2017-08-21 10:05
山口のお酒と言えば五橋なんです
at 2017-08-20 10:30
ブログを紹介していただきました!
at 2017-08-19 17:39
朝練かぁ‥
at 2017-08-18 10:53
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧