和合一致



2017年 05月 04日 ( 1 )


オールドパーと父



オールドパー。

昭和の時代に一世を風靡したウイスキー。

お酒が呑めなくても名前は知っている、という人も多いのではないでしょうか。

20年経った今なお人を惹きつける、かの総理大臣田中角栄も愛飲していたとのこと・・・



そのことを、師匠が貸してくれた一冊の本を通して知りました。

その本を読んでから師匠が、「田中角栄の人生の中でしきりにオールドパーが出てきて、晩年は一晩で瓶一本が空いたとか書いてあるからどんなお酒なのか、飲んでみたい!」と。


で・・・



a0352194_08594625.jpg




あったんです。うちに。


封を切られずに何年も蔵の中にしまわれ続けていたんです。

このオールドパー。

私の父が愛飲していた思い出のお酒…な訳ではございません。

父はお酒大好き!の大酒飲みでしたが、生涯通じて他に浮気することなく、ビールのみをカッパカッパと飲む人でした。

一度なぜビールなのかと聞いたら、「若い頃に日本酒やウイスキーで酔っ払ったら、その度に散々な目に合った。」と一言。何があったの(笑)お父さん。

でもビールなら、何杯でも!という人でした。人と一緒に飲むことが好きで、その場が楽しいと酒量が増える健全な呑み助でした。

植木職人だった父は、よくお客さんの庭の刈込みのついでと、壊れた柵を直したり、割れたコンクリートを塗り直したりと、何でも屋さんのようにすぐに引き受けて修理もしていました。もちろん修理のお代は頂きません。

そんな父へのお礼にと、「お酒がお好きだと聞いたから‥」と年代もののお酒をいただいたりすることもありました。

でも父はビールしか飲まないし、かといって私が飲んでしまうのも‥
何年もどうしたら一番良いのか、と迷っていたお酒。

人からの父への感謝を感じる大事なお酒だから、特別なものです。

けれどその当時、父のそういった人から感謝される姿を見ようともしなかった娘が、ろくに味も解らず飲むのは違うと思っていたから、亡くなってからもやっぱり飲めなかった。




今ようやく飲んでいただきたい人のもとへと、オールドパ―が旅立ちました。

オールドパーを愛した田中角栄は、演説をするとたくさんの人を魅了する方であったと聞きます。

父は、まったく違うタイプ。誰かの後ろでやんややんやと盛り上げるのが得意で、自分が人前に立って、目立って何かをすることが苦手な人だった。

でも、その役をどうしてもやらないといけない時は、ばっちり決めていた。

人前に立つ父の、緊張が伝わる震える声、額に浮かぶ汗。
でも、臆病じゃない。一つ一つに責任感と愛情を感じる振る舞い。

まれに見るその姿を、「かっこいいでしょう?私のお父さん!!」と、自慢したくなる父でした。


人前に立つと緊張して臆病になる私に、「ジャガイモとカボチャや思っといたらエエねん。ほんなら緊張もせえへんわ。」と、言って励ましてくれていました。

うふふ。お父さんが一番そう思えなかったくせに‥


今、私は仕事を通じて人前に立って話す機会があります。
けれど、何度やっても慣れません。


そんな私は、亡くなる数日前に父が何度も口にしていた「原点に還って・・・」と、思うように動けなくなった自分にカツを入れる為の言葉は、私の足をしっかりと地に着けさせてくれました。

そして、原点に還ったらとってもシンプルに、私が今やるべきことが見えてきました。

緊張とか、どう見られているかとか、そんな自分の事よりちゃんと皆さんに知って欲しいことがある。

じっと私を見て話を聞こうと耳を傾けてくれている人は、ジャガイモじゃない!カボチャじゃない!!


‥だから伝えたい事があるのです。




父の事を何にも知らなかった。
34年一緒に居て、ちゃんと父を知ろうとしたのは、亡くなる5年ほど前だけ。

私は父の何も解っていないと、師匠が教えてくれた。
私の父は尊敬できる人だと紙鳶さんが教えてくれた。

もうこの世に居ないと実感していた父のことを、この頃は家に帰ったら「おかえりー。」と笑ってるんじゃないかと思うほど、確かな父の存在を感じています。

そのことを師匠に話すと、「仁勝お父さんが君の事守ってくれてるんだよ。」と教えてくれました。

弟子入りしていなかったら、私は父の死後をただ後悔だけで過ごしていただろう。

父の温かさを感じ、「父に守られている」感覚を、こうして今も身近に感じ幸福になることなどなかっただろう。


お父さん、愛しています。感謝しています。


そう言える父との今の時間をいただき、本当にありがとうございます。
良かったら、飲んでみたいと言っておられたオールドパーを飲んでみて下さい、師匠。







そして、このブログを応援していただいてる皆さんのお父さんがご健在なら、偉そうに言える私ではありませんが、ちょっといつもと違う心持ちで、

「お父さん、一緒に飲もうよ?」

なんて言って、お酒でもお茶でも飲みながらお父さんと話をしませんか。













池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-05-04 10:42 | マイプライベート | Comments(0)


大阪の「わごいち」は、自分のおなかと向き合いながら心底‥いや、ハラの底から元気を作る整体院です。ブログ毎日更新してまーす!
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
ご夫婦二人で呼吸を合わせて
at 2017-10-23 11:04
本日の幽芯姿勢講座は開催いた..
at 2017-10-22 10:00
工夫とはなんぞや
at 2017-10-21 10:04
健康は毎日の中で作られる
at 2017-10-20 10:04
雨、雨、雨
at 2017-10-19 10:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧