和合一致



2017年 08月 26日 ( 1 )


素直さは強さ


23歳のシバさん。シバさんは生理不順をなんとかさせたいとわごいちにいらっしゃいました。

おなかに触れると、胃はガスがパンパンに溜まって胃拡張を起こし、腸にもガスが溜まり、子宮を押しつぶすような状態になっていました。

「この状態だと、子宮は健やかに働けないから、その結果生理不順となっています。まずは胃腸を元気にしてあげないとね。そうすることで胃腸の圧迫から子宮は解放されて生理も整っていきますよ。」

とお伝えすると、シバさんはとてもホッとされました。


食事の改善から日常的な運動、階段一段飛ばしや歩くことなど、シバさんは頑張って取り組まれます。回を追うごとに胃腸のガスは抜けていき、おなかのラインも変わり始めました。


そんな先日、おなかがへこんだことを実感し、喜んでいる彼女に「なぜ生理不順を何とかしたいと思ったのですか。」と伺うと、その問いにハッキリと「子どもが欲しいからです。」と、答えられました。



10代の頃は結婚願望も湧かず、自分の体の事に対してもあまり意識は向かわず、ただ顔のニキビが酷いことは気になっていたとのこと。

肌はおなかの状態をそのまま映すから、食事を変えて内臓が元気になれば肌も綺麗になる、と伝えると、

「でも好きなものを食べて不規則な生活をしていても、肌が綺麗な人も居るから、なんで私はこうして出ちゃうんだろうって、すっごく嫌でした。」

と、おっしゃいます。


私はすごくわかるなぁ‥と、過去の自分を振り返り思いました。

「私もね、そうだったの。10代の時にニキビが出だして、20代の時も本当にひどくて、綺麗な肌の子を恨めしく思っていましたよ。」

でも肌に出てくれて良かったと思っていると、そうでなければ自分の食事や運動といった良くない生活習慣を見直すことも無かったんじゃないかと思うから、と伝えると、

「本当にそうですね。何にも無くて、突然重い病気にかかったりとか、その方が辛かったかも知れない。肌に出てくれるからまだ良かったです。」

と、シバさんは頷かれました。


そんな施術の中で、シバさんがおっしゃった言葉がとても印象的でした。

「子供もね、生理不順にも困らずに望むままに出来たら、私きっと大事にしなかったと思うんです。子供の事。」

と。

なかなか言えないです、そんなこと。


シバさんは続けます。だから、こうなって良かったと。子供が欲しいと思ってから、だったらまずはこの生理不順をなんとかしなくちゃならない、だからわごいちに行こうと思ったし、改善に向けて言われたことは努力したい。

「自力で何とかしたいと思ったんです。」

と、シバさんは続けられました。




平成生まれのシバさん。

戦争も知らず、バブルも知らず、携帯電話が当たり前にある平成の時代に生まれたシバさん。

「そうなんですね!わかりました、やってみます!!」

と、即答できる素直さを目の前に、いつの時から言い訳を並べてしょうもない意地で素直になれなくなってしまっていたんだろうと、我が身を振り返りました。

この素直さは何にも勝る強さです。本当にすごい、と思いました。



シバさんのその素直さは純粋さは、きっとおなかの改善につながります。まだまだここから頑張りましょうね。







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-08-26 10:39 | わごいちのお客さま | Comments(0)


大阪の「わごいち」は、自分のおなかと向き合いながら心底‥いや、ハラの底から元気を作る整体院です。ブログ毎日更新してまーす!
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
ご夫婦二人で呼吸を合わせて
at 2017-10-23 11:04
本日の幽芯姿勢講座は開催いた..
at 2017-10-22 10:00
工夫とはなんぞや
at 2017-10-21 10:04
健康は毎日の中で作られる
at 2017-10-20 10:04
雨、雨、雨
at 2017-10-19 10:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧