和合一致



2017年 09月 04日 ( 1 )


千照館全体稽古の日


月に1度の千照館「全体稽古」の日。

この日は三宅師範自ら稽古に出て会員の皆さんに指導をされます。

a0352194_09002989.jpg

これは、7月の稽古の模様。

その限られた時間で、何かを吸収しようと皆さん懸命に稽古に向かいます。

普段の稽古から「?」がいっぱいの皆さんなのですか、この日の稽古で三宅師範はさらっと極意を伝えられました。

「丹足」を通して、その極意を落とし込もうと、皆さん何度も何度も相手の体に向かいます。
それが本物だから、たった1つの事を何度も吟味して繰り返す。

三宅師範から発される言葉は、

「軸足でほぐす。踏み足は置いておくだけ。踏み足が軸足より前に出ない。」


これだけ。丹足する部位は「背ずらし」だけ。

たったその1つの事がこんなにも難しい。

私は師範から練習を見ていただいた時に、踏み足を相手に乗せるだけで「違う」と言われました。

「力が入っている」「硬い」と。力みが入ると、柔らかく動きたいはずの体は‥もちろん踏み足も、硬くなります。


木のバットでぐりぐりとほぐされて果たして気持ち良いだろうか・・

否。気持ち良いはずがないのです。


それが解っているのに、体は力を抜きたいと思っているのに、自分の脳が出す指令は力で勢いで相手の体をほぐそうとしている。


他から見て一目瞭然の自分のその丹足姿を、自分自身で感知することはなぜにこんなにも難しいのだろう。

頭で考えて行動に移すことは、なぜこんなにも体を固くさせるのだろう。

「相手を感じて気持ちで動くには頭は邪魔でしかない」と師範は言われます。感じたままに動くことは、なんと難しいことか。


師範の口からさらっと伝えられる極意。

本当にさらっと言われます。何気なく言われます。


けれどそれが本物だから、稽古の1時間半という時間をたった1つの同じ動きを繰り返し繰り返し、みんなやり続けるのだと思います。

a0352194_09173237.jpg

終わった後の顔を見れば、その稽古時間がどんな時間であったか一目瞭然。これは8月の全体稽古の後、丹足トレーナー同士の打ち合わせ。

それぞれに消化しきれない「丹足極意」に悶々としながら、貴重な会員さん同士で顔を合わせられる時間を言葉を交わして、先日ご紹介した、井本忠男道場会長こだわりのところてんをいただいている所です。

9月の全体稽古の1時間半は、皆さんどんなことに向き合う時間となるでしょうか。

丹足トレーナーの皆さんが中心となって動いてくれていて、秋には決まりそうな"丹足イベント"もあるようです。

会員の皆さん、気合入れて参りましょう!!







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-09-04 09:49 | 千照館・丹足 | Comments(0)


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧