和合一致



2017年 12月 02日 ( 1 )


戻らない落ち葉



「踏むんじゃない、揺れでほぐす。」


「相手の体に添うように‥」


「気持ち良い揺れが途切れないように。」


「相手を常に思うこと。」



これらの言葉は、これまでもずっと一貫して師匠が言われていた事。丹足をする上で、師匠が指導の中で、一切ぶれたことがない極意の数々。


それが、頭で理解しているだけでは出来なくて、体の感覚としてもなかなか落とし込めなくて、力づくにほぐして痛い思いをさせたことはこれまで多々あったと思います。


態度や言葉使いも同じ。


自分を常に落ち着いて見ることが出来ていたら、人に対して失礼な振る舞いをしていたり、きつい言い方や、自分の感情をぶつけるだけぶつけることも、無いのだと思います。


そんな風に振り返らず、立ち止まっても周りを見ずに、「自分。自分。」で来たから、気付けば大そうな山になっていました。


落ち葉はこれまでの私。

a0352194_09524608.jpg



相手がどう感じるか、相手がどう思うか‥、常にそれを考える想い遣りを持って毎日を生きていたら、きっとこの落ち葉の山はこんな高くはならなかったと思います。

どんなに、何てことをしてきてしまったんだ…と、後悔しても未だに未熟な自分を恥に思っても、この落ち葉の山は瑞々しい新緑に戻ることはできません。







a0352194_09161467.jpg

そう、全体稽古での師範の指導を見ていて思いました。



「丹足は人そのもので踏む。」



師匠が言うその言葉がようやく腑に落ちた・・・。



落ち葉は、美味しい焼き芋を焼けるけれど、土に還って再び栄養分になるけれど、後悔も恥も何にもなりません。時間を戻すことはできません。



それでも前へ進むしかない。




腑に落ちて‥、ようやくここからです。










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-12-02 10:31 | 千照館・丹足 | Comments(0)


大阪のおなか揉み整体院「わごいち」での日々。おなか元気レシピも時々アップ!
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
駆け込み寺
at 2018-01-13 16:33
ご挨拶
at 2018-01-05 19:21
終い仕事
at 2017-12-31 23:00
平成29年総括【わごいち】
at 2017-12-30 10:04
平成29年総括【千照館】
at 2017-12-29 10:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧