和合一致



カテゴリ:体質改善と生活習慣( 35 )


父の日はコロッケ記念日



お正月に機会をいただき、父と癌の事を書かせていただきました。

あの父が癌と人生と精一杯向き合っていた頃より、日本の癌治療は進んでいるのでしょう。そして新薬は開発され続けているのでしょう。けれど、癌を患う人は増えているのでしょう。

今この時も、自らの癌に向き合って一生懸命生きている人が居るのでしょう。。。



私はわごいちに来て、"体質は変わる"という事を知りました。我が身を持って知りました。



これは、とても大きいことでした。本当に大きなことでした。


我が家は、癌家系です。
おじいちゃんおばあちゃん、父の姉妹、父‥。母方もみんな癌で亡くなっています。49歳で亡くなった叔母も居ました。



師匠はこう言います。

「家族というのは、生活習慣や食事の文化も引き継がれる。癌家系は先天的なものではなく、食習慣や生活習慣といった後天的なものによって作られるんだよ。だから、同じような習慣でいるとその体質も引き継ぐんだよ。」

そしてこう続けられます。

「けれど体質は変えることができる。生活習慣・食習慣を変えることによって、癌になりにくい体を作ることはできる。」


この意味がとても大きいことを、ようやく気付きつつあります。


私と母の食卓は、父方の池田家のものとは随分と変わりました。
父が居る時から変わり始めていたけれど間に合わなかった‥。

私には旦那さんも子供も居ないけれど、いつか妻になり母親になる日が来たら、今の母が並べてくれているような献立の食卓になると思います。


その食卓は、これまでの池田家とは全く違っています。
和食中心であっさり薄味。

食生活の改善は、免疫力を強くし病気にかかりにくい丈夫な体を養ってくれるでしょう。その食文化が未来を生きる子供たちに伝えていくことが出来るなら、ガン家系を断ち切れるでしょう。


明後日は父の日です。



師匠が父の大好物のコロッケを、「仁勝お父さんにお供えしてくれるかな。」と言ってくださいました。


a0352194_08365760.jpg


久しぶりに食卓に並ぶそのコロッケを、みんなで美味しくいただきます。

師匠の家の近くにあるコロッケ屋さんで、父が居た頃に、女将さんがよく我が家に届けてくださったコロッケです。

こだわりを持ったコロッケ屋さんで、ジャガイモもを毎朝一つ一つ丁寧に手で剥いて仕込み、保存料などはもちろん使わず、注文が通ってから一つ一つ揚げてくださいます。使う揚げ油は米油。



父はこのコロッケを「悪いなぁ。ちゃんとお礼言うといてやー。」と言いながら、本当に嬉しそうに美味しいと食べていました。

父が元気だった頃、父の日は父を誘って親子2人きりで飲みに行くのが恒例。

いつもは3人で食事が当たり前だから、母が居たら出てこないような父の話を聞ける、貴重な時間でした。

楽しいお酒に、後半は2人とも酔っぱらい…笑




体力が落ちたから父親の役割が果たせない訳じゃありません。
病気になったから、癌を患ったから父親の威厳を無くす訳じゃありません。

私の父は、いつまでも死んで形は無くなった今なお、父親として居てくれています。

父が癌を患わなければ、父の死が無ければ、体質を変えていくことの大きさを気付くことは出来なかったし、今も未来も違ったものになっていたと思います。


世の中のお父さん、どうか明後日は堂々と「お父さん、いつもありがとう。」と言われて下さい。





お父さん、有難う。



☆過去記事「【連載】抗がん剤治療を選ばなかった父が亡くなるまで」☆



池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-06-16 14:44 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

今朝も丹練、いってきます。



本日、生理4日目です。

今回も1日目2日目にしっかりと出血、4日目となるとほぼ出血はなし。
生理痛は全くなく、だるさも重さもほとんどない。何よりいつまでもダラダラ続くわずらわしさもない。

この出血の力強さを実感する度に、丹練を続けていた毎日を振り返ります。


千照館で推奨する「丹練」は、おなかを中心に心身を自己鍛錬し、心と体を鍛え強くするものです。

わごいちに通うお客様にも、丹練を薦めることがあります。「1日10回からで良いから丹練しましょう」と。

けれどそれが腕立て伏せなど、おなかを意識せずに行ってしまえるものであると、おなかは強くはなりません。

ですから「四股踏みをやりましょう。」と伝えるのですが‥

「四股踏み」以外の何か‥をやってくるのです。
やってみると解るんですね。なぜなら「四股踏み」はしんどい。

ついつい代わりになるモノを探して行なってしまう。

けれどそれでは意味がありません。一生懸命歩いているだけでは、階段一段飛ばしを続けるだけでは、養えないものがあるから「四股踏みをやりましょう。」と、伝えるのです。

しんどいと解っているから他の何かを代わりにするんじゃなく「しんどいことに敢えて取り組み、毎日続ける」というところに、丹練の本当の意味がある。。。


"ドライヤーしながら‥"、"歯をみがきながら‥"と、取っ掛かりはそれでも良いですが、いつまでもそれではやっぱり丹練の効果は得られません。


まずは「四股踏み」。1回1回を、おなかに意識を向けて続けてみて下さい。自分で自分を強くするんだ、おなかを強くするんだ、と思いを持って取り組んでみて下さい。

必ず体は変わります。おなかが元気になっていく実感が湧きます。



a0352194_09045538.jpg


私も生理が来る度に、生理痛もなくわずらわしさもないのは丹練の賜物だ‥と、丹練を続けることの意味を本気で実感しています。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-06-11 18:32 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

水を飲みましょう。


まだまだ朝晩は冷えますが、日が長くなって来たり、日中の強い日差しを感じると、この季節がやってきたなぁ‥と思いますね。


そうそう、この季節です。



a0352194_08505397.jpg



キュウリ~♪♪
畑から採りたてをいただきました!

夏ですよ、夏。



その夏に備えて、「水をの飲みましょう。」と、わごいちに通う皆さんにもお伝えしている今日この頃。

なぜかと言うと、この汗をしっかりかけないと、熱が体の内側に溜まって体温調節が上手くできずに熱中症のようなことが起こります。

夏になってから対処していては遅いんです!!

冬の間は汗をかくことはほとんどありませんし、気温も低いものですから、汗腺も長らく役割無くキュッと閉じてしまっているのです。

夏に備え、この汗腺をしっかりと開く訓練をしてあげないといけない訳です。その為には何より汗をかくことが大事。



そうしてこの時期に!


かく汗の!!


べとつくことと言ったら・・・!!!


もう自分の事がイヤになっちゃうくらい悶絶。どれだけ溜め込んだ老廃物があるんだ‥と毎年思います。汗が体にべたっと、まとわりつくようです。

だから、そういった汗を少しでも体がかきやすいように、水分補給をしっかりとしてあげることが大切。

その為には冷やされていない、常温の水が一番良いです。
私たちの内臓は体温よりまだ数度高いので、常温より冷たいものだと内臓は「ヒエ~!!」と冷やされてしまい、代謝が悪くなります。

また、水以外のお茶やコーヒーは何かしら成分が入るので、それを処理する為の仕事が増えます。その分無駄に働かなければなりません。

ですから、何も混ざっていない常温の水で体液を薄めてあげるようにして、体が処理しやすいようにしてあげましょう。


ちょっと飲みにくいな‥と言うときでも、故意的に水を飲むように心がけましょう。


考えてみたら自然な話。

こうして梅雨の時期には海にたっぷりの雨が降り、新たな水がどんどん注がれていくことは自然の営みの一つ。

そう考えると、私たち人間もこの時期にしっかり水分を摂る必要があるのは当然なのかも、とも思います。


冬には食べたいと思うことの少なかった、キュウリを美味しそうと思う、真っ赤なトマトにかぶりつきたくなる。この時期から、水分たっぷりの夏野菜を欲するのもまた、自然な事なのかも知れません。

そうして、体の体液を薄めて流れを良くして、汗と一緒に、また尿と一緒に老廃物を体外に出す。冬の間に蓄えてしまった余分なものを出し切り、体を軽くし夏に備える。

今のうちにしっかりと老廃物を体外に排出できると、真夏にかく汗はサラサラで匂いの無い汗になります。汗をしっかりかいて、体温調節機能を発揮し、湿気と暑さに負けない体づくりをしましょう。


そしたら、暑さに負けてバテることも無い。
元気に過ごせる夏は、一層楽しいですよ♪








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-06-10 17:11 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

【特集】呼吸に関する記事をまとめました




世の中には、さまざまな呼吸法があります。呼吸法に取り組むのはなんとなく体に良い気がして…けれど、本当のところは何がどう良いのかよく解らない、という方は意外と多いのではないでしょうか。


そんな数ある呼吸法の中で、私たちは「ハート呼吸法」というわごいち独自の呼吸法を皆さんに指導しています。そして、この呼吸法が体質改善に絶対に欠かせない、と考えています。

呼吸が体にどれだけ影響するのか…。これまでもブログを通して何度もお伝えしてきました。

今日は、呼吸に関する過去の記事を振り返り、改めて呼吸の大切さを実感いただけたらと思います。


それでは、「ハート呼吸法」の意味を再確認しましょう!




姿勢が悪く猫背の人が、無理やり正そうと背筋だけを伸ばしても、何も改善にならない。本当に改善したいなら、まずは胃下垂である胃を改善すること。その為に「ハート呼吸」がとても大切だという事を紹介しています。

フェイスブックでシェアをして下さった方も居て、アクセス数が一気に伸びた人気記事でした。


「肋骨が狭いと胸は垂れる」という女性にとって衝撃の事実を書いた記事です。こちらも反響が大きかったです。この記事を見て、イメージが湧き、ここから毎日コツコツと「ハート呼吸」をするようになったという方もいました。

その頑張りは美しいボディラインに必ずつながる、という事は読むとお解りいただけるでしょう。


これは、私自身の経験を記事にしたものです。この「ハート呼吸」の凄さを身を持って実感したからこそ、こうしてブログで何度も書いています。

呼吸が女性特有の悩みにどう影響するのか…世間では考えられない生理のトラブルの改善法によって、わごいちでは今も多くの女性が生理の悩みから解放されています。


世間一般で言われる胃下垂の改善方法である「腹筋」。これでは治らない‥それがなぜなのかという、胃下垂の本当の原因を書いた記事です。狭くなった肋骨がどのように内蔵に影響するのか‥。

「ハート呼吸」を行うことで、どんな風に胃下垂の改善へつながるのかを詳しく書いています。


女性にとっての永遠の憧れ「美乳」。その胸を作る為には、ワイヤーで締め付けお肉を逃がさない!!なんて事をやっていると逆効果だという事を紹介した記事です。本当に美しくなりたいなら「ハート呼吸」をさぼってたら勿体無い!!

この記事も反響が大きく、「どんなノンワイヤーのブラジャーが良いですか??」と
多くの方から質問を受けました。


上記の記事で皆さんからのご質問に答えた記事です。これを見て、「買ってきました!!」と報告下さる方もいました。

また、「ここのノンワイヤーブラも良いですよ。」と知らなかった情報もいただいたり、反響が嬉しい記事でした。女性はやっぱり美しくありたいですものね。






世間では知られていない「ハート呼吸法」ですが、この呼吸法で体の悩みが解決するということを、こうして何度も紹介してきました。

“呼吸で体が変わる”なんて信じられないと思います。けれど、わごいちでは「ハート呼吸法」によって、肋骨が広がり内臓の位置が変わり、内臓の不調、体の不調が改善したという人をたくさん見ています。

わごいちに通い続けている人でも、ついつい「ハート呼吸法」をさぼってしまう…という人もいますが本当に勿体ない!!この一見すると地味な「ハート呼吸法」を習慣にすることが、どれほど大事かを改めて感じていただけたら何よりです。

また、たまたまこのブログに出会って今ビックリしている、という人も一つ一つの記事を熟読して下さい。
これまでの世間の常識だけでは知り得なかったことを、惜しみなく公開しております。



今後も、このブログで肋骨の事や呼吸について、ご紹介していきたい思います。

また、わごいちに通院している方で、「ハート呼吸法」を頑張って続けることでこんな変化があった、というお話などじゃんじゃんお聞かせいただけると有難いです。

よろしくお願いします。







「ハート呼吸」について知りたい!という方は、わごいち院長の著書『おなか美人ダイエット』に詳しく解説されています。




池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-06-08 10:21 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

丹足で姿勢が変わる



私がまだ、丹足を習い始めたばかりの頃、師匠から丹足(…その当時はまだ足圧という名でした)の指導を受けていた時、


「足は手と同じだけ感度があるんだよ。」


と、言われ、私は世界がひっくり返るほどの衝撃を受けました。大袈裟でしょうか…いえ、それほどの価値のある事実です。

この言葉を頭で理解してから、体の感覚に落とし込むのがまた難儀だったのですが‥


固定観念だらけの日常の中を生きていた私は、丹足を通して「足裏の感覚の深さを知った」という事だけでも私にとっては非日常でした。


『丹足教本』の、冒頭の挨拶の言葉をくださった、協会社員であるプロスノーボーダーの井本忠男さんは、そのご挨拶の中で、初めて師匠の姿を見たとき、稲妻が落ちたように衝撃が走ったとおっしゃっています。

「こんな美しい立ち姿をする人が居たのか‥。」と。自然に立っている姿勢の美しさに、「一目惚れした。」と言葉を続けられています。


師匠は、「姿勢にはその人のクセが如実に現れる」と言います。


井本さんは、立ち姿がただそれだけで美しい、ということに、師匠の人間性を感じられたのでしょう。井本さんがプロであるからこそ、これまでプロとして活躍している人を沢山見て来たからこそ、その凄さを一瞬で感じられたのだと思います。




姿勢で言うと・・・


私は中学の時、学校行事の演奏会で舞台を歩く私の姿を見た母に、「猫背な上に首が前に出て、お尻は突き出てヒョコヒョコ歩いて、人前をあの姿勢で歩いてちゃ恥ずかしいよ。」と、言われたことがありました。

けれど、先ほど触れたように、姿勢は意識したところで整うものではありません。その当時の私の体のクセが、背中に首にお尻に現れていたのでしょう。


その姿勢が、丹足を始めて確実に変わりはじめました。
中学の頃、ぐちゃぐちゃだった姿勢。25歳から丹足を続けて10年、今も変わり続けています。そしてきっとまだまだ変わると思います。足裏の本来の感度を取り戻していく事と同じだけ、姿勢は変わると思います。


私はここ最近、街中で声を掛けられることが増えました。
一番多いのはショップの店員さんから。「姿勢が綺麗だから何かされてるですか?」とか「おなかぺったんこ!!!」とか、見た目の事を言われることが度々あります。



「丹足で姿勢が変わる」

この事実は、まだまだ世の中では知られていません。このブログを読み続けていただいている皆さんにだけ、日頃のお礼に変えてこうしてお伝えしています。

わごいちに通っている方でも、「実は丹足のことが気になっていたけれど、体験会は参加出来なかった。」という方がいらっしゃるなら、施術の時に聞いてみて下さい。

いよいよ、今日から「一般社団法人丹足普及協会・千照館」の稽古が始まります。
丹足は興味があれば、誰でも始められます。


a0352194_10362781.jpg


…ウズウズしてるなら、丹足やってみませんか。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」


by wago-ichi | 2017-06-05 18:15 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

睡眠足りていますか?


毎日の中で、仕事に家事はもちろんの事、友人とのお付き合いや自分の時間も欲しい…と、やりたいことを優先させているとついつい不足するのが、

睡眠です。

どこか時間を捻出する為に、真っ先に削れるものは"睡眠時間"、なんてことありませんか?

けれど睡眠って、やっぱり元気な体を作っていく上で、とーーーーーーっても大事なんです。



なぜかと言うと、十分に睡眠を取ることで私たちの体は、修復・回復をはかり、溜まった老廃物や疲れを取り除いているのです。

主に寝ている間も頑張ってくれているのは、腎臓に肝臓。この腎臓と肝臓が血液を綺麗にして、元気な血を全身に送り、日々しっかりと活動できる体を作ってくれます。

睡眠時間が不足すると、翌日に疲れを残したまま1日を過ごすことになります。

「そんな事言われても‥、やらないといけない事はあるし、見たいテレビもあるし、一日の中で自分のほっとする時間も持ちたいし‥。」

と、言っている間に寝ようと心掛けていた時間はどんどん過ぎて、睡眠が削られて行く‥。
気付くと、睡眠時間は5時間程度なんてことありませんか?


師匠は言います。
「睡眠が足りていないと、発想がまったく湧かなくなる。」



紙鳶さんは言います。
「睡眠不足だと体力の消耗が半端ないんです。」


私は思います。十分に睡眠を取らずに毎日を続けると、体の生命維持機能が働いて、セーフティーモードに切り替わるのではないか、と。

セーフティーモードでは必要十分な血を全身に送ることが出来ない。それなら最低限の生活をせめて送れるように‥と、体を元気に動かす為に必要な筋肉などのメンテナンスは、後回しにされるのではないかと思います。

ですから、睡眠不足の人は全身の筋肉が硬く弾力を失ってしまう。足や腕の筋肉だけじゃありません。おなかの中の胃や腸も筋肉ですから、カチカチに固まってしまうのです。

本来なら、弾力があって柔軟にできているからこそ、おなかの中の限られたスペースで、お互いにクッションとなり、また居場所を譲り合いながらぶつかることなく位置しています。

この胃や腸が睡眠不足で硬くなると、弾力を失い、お互いにゴチンゴチンとぶつかり合ってしまいます。そうなると、ぶつかった箇所に炎症を起こし、おなかの中では傷つけ合いが起こってしまいます。



また、筋肉が硬くなるという事は、全身の血流が悪くなります。

筋肉はその弾力で動くたびギュッギュッと血を巡らせるポンプの役目をしていますから、硬く弾力を失うと、思うように全身に血を送れなくなります。

更には、本来なら睡眠を十分取ることで、血を綺麗にしてくれる腎臓・肝臓の働きも悪くなるので、濁った血液が体を巡ることになります。

そんな状態では、炎症を起こしている部分の修復もままならないし、硬い筋肉をいくら動かした所で、劣化したポンプでは思うように血も送れません。

それを無理やりに動かそうとする訳ですから体力の消耗も早くなるし、血が足りない上に血が必要となる場所は増えていきますから、末端である頭にはなかなか血が巡って行かない。。。

そんな中で効率の良い仕事は出来ないですよね・・・



…かくいう私は睡眠不足になると、前向きな気持ちや気力が無くなります。
「ま、いっか。」とか「もー、しんどい。」と、動きが極端に鈍く遅くなります。

しっかり睡眠を取っている時は、「さぁ、次は何をしよう!!」と、意欲的になるのですが。



睡眠不足を我が身を持って知り、また人の体に触れることで、その違いを知っているから、私たちは、

「睡眠をきちんと取りましょう。最低7時間は取りましょう。」

と、お伝えします。

睡眠をしっかり取っている体と、そうでない体では施術していても、快復していく速度は全然違います!!



だから、今日からしっかり睡眠取るように努めませんか。内臓の為、体の為、美の為に。






・・・本当の理想の睡眠時間は、


8時間なんですけどね。





この人ほっといたら10時間でも寝てます・・・



a0352194_09144142.jpg
あ、私参尽です。





池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-05-17 10:34 | 体質改善と生活習慣 | Comments(2)

黄砂の季節です。




このところ、お天気も良いし気候も良いし、体を動かすのには最高の季節!!

ただ・・・

これがなければ…


a0352194_09142869.jpg




「黄砂」きついですね。


数日前はニュースに上がるほど、西日本もきつかったそうです。

私、あまりのお天気の良さについつい油断して朝の丹練を少しハードに取り組んだら、一気に喉に来ちゃいました。。。


喉のイガイガする感じ、なんとも言えない痛み…、嫌だなぁ。


黄砂の飛んでくる大元である中国では、本当に人が住めなくなるほど大気汚染が進んでいると言います。

…もう、何年も前から言われていることです。

ちょっと空を見上げてかすみ具合を確認して、今日はどうかな?と気にしています。

外でなくても丹練は出来るし、お家の中の鏡で自分の姿を写して行うからこその発見もあります。




「まあ、いっか。」で油断して、自分の体を痛めるのも自分。


気を付けて守るのも自分です。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。



<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-05-12 11:24 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

生理が来ました


本日生理4日目。

今回は生理前のサインを感じることがほとんどありませんでした。

いつもは「もう生理が来そう‥」という感じで食欲がムックムックと湧いたり、甘い物食べたい!!となったり、下腹部がもぞもぞしたり、と私なりの生理のサインがあります。胸のハリはありましたが、それもさほどキツくはない。

だから、トイレに行ったときにいきなりの鮮血にビックリ。
そもそも1年7ヶ月の間、無月経だった私は生理が復活してからも周期がなかなか安定せず、40日以上は日数が空く状態でした。

けれど、ここ数か月は40日を切って生理が来てくれています。
前回はぴったり28日周期!(ヤッター!!)

おなかが整うと生理が整います、周期も28日周期でぴったりやって来る。
わごいちでそういった女性を多く見ています。私はまだまだ劣等生。

‥けれど、生理前や生理中もおなかや腰が痛むことも無く、ちょっといつもより巨乳になった(←厚かましい‥)期間限定の胸のボリュームに喜んでいられる程度で、生理痛もなければ月経前症候群(PMS)もありません!!




そんな今日のおなか。


a0352194_08224290.jpg


ココだけの話。
この生理が整いつつある私の体の変化に、百丹(※詳しくはこちら→「合言葉は『百丹』」)で、四股踏みしているのは、かなり関係があると思います。


胸のハリがそんなにキツくなかったのも、きっと師匠直伝の㊙かちあげ四股のおかげ・・・

この調子で、次は夢のEカップだーーーーーー!!!!

‥は言い過ぎでした。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-04-26 10:31 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

木刀を振るのに力は要らない



先日のお彼岸に、お墓参りをと兄家族が来てくれました。

兄は大学のサークルから合気道にハマり、今も休日は道場に稽古に行っているようです。


去年の誕生日に兄からプレゼントしてもらった木刀を、丹練のときに振っています。
もらったときにどうやって振るのかを教わり、「次来たときにまた、振り方見たげるわ。」と言っていた兄。



そこで、兄の前で振ってみると、自分では教わった通りに続けてきたと思っていたのですが、

「腕、肩にえらい力入ってる。握るように木刀持ってるから脇も開いて、腕の力だけで振ってるわ。」

何てこと…。


そう言えば紙鳶さんに丹足してもらっているとき、「肩回りの筋肉も背中も硬く張りが強いです。木刀振っていらっしゃるからだと思うんですが。」と言われたことがありました。

そんなモリモリの筋肉の背中になりたい訳じゃないんだけどなぁ。
兄も決して体格がゴツいことも無いし、木刀も力ずくで振っていないけれど重さがある。

師匠も振っている姿を見たことは無いけれど、体は確かに全体に大きくなっている。けれど、肩周りの筋肉はしなやかに伸びやかになっているのに‥なぜ?? 



そんな「???」の状態の私に兄は、

「上から落とすだけ。脇は締めて、持つ手を絞って止めるだけ。」

と、アドバイスをくれます。




そうすると・・・
今までより“ずん”と、木刀が重くなりました。そして、後は振り切らずに止めるだけなのにおなかから頭へと真っ直ぐ体を通る軸がブレて、定まらない。
私の木刀振りは、表面の筋肉だけを硬く強くし、肝心の体幹は鍛えられずに上半身にだけ重たい筋肉のオモリをつけるような状態になっていたようです。

自分の軸のブレようにはビックリでした…。

この数ヶ月続けた結果の現状にはとってもへこんだけれど、でもこれで丹練を積めば今の自分の課題のおなかを通る軸作りにも活きる!!と、前を向けました。




課題は、丹足も木刀振りも同じ。


力じゃない、力は要らない。

そして、必要なのは軸。



a0352194_08390645.jpg



2月の合宿にて。
雪の中の木刀振り、すっごく気持ち良かったなー。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」
by wago-ichi | 2017-03-24 10:17 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

生理の周期は月のリズム

生理の周期は、28日。


おなかが元気で健やかであれば、整っていく生理のリズムなのですが、世間ではまだまだ「え??!!本当??」と驚かれてしまう事。


28日という周期は月の満ち欠けのリズムと同じです。


昔なら、日が暮れてくると空に輝きだすお月様を見上げ、上弦の月や下弦の月、真ん丸に満ちた満月や月の無い夜…、日ごとに変わる月の姿が当たり前に身近に、日常の中にあったのでしょう。

知らず知らずにその満ち欠けのリズムを体内が感じ、私たちは生活していたのでしょう。

だって、私たちの体のどこを呼んでも必ず「月」が付いています。

腰、胃、肝、腕、腹…肚・・・

けれど、今の世では「リズムを感じる」という感性すら失いつつある。

人は人の流れの中を、周りを見ずに自分の速度で急いで歩く。
自分の体で出せるスピードよりも、はるかに速い車を運転する。
自分の呼吸のリズムを乱し、ときに息をすることさえ忘れパソコン画面にかじりつく。
工場の機械、ベルトコンベアーの流れに合わせて作業をこなす。


そのうち、自分の体内を流れるリズムを感じる事も忘れ、周りと調和し合わせあうリズムを無視し、心地よく感じないリズムに無理矢理合わせているうちに、リズムそのものの存在を忘れていく。

農作業も川での洗濯も歌を歌い、リズムに合わせて行っているような姿を、昔の時代を題材にした映画のワンシーンで見かけることがあります。(今の世でも発展途上国と言われるアフリカの村でそんな姿を撮影しているものを見掛けたこともあります。)

指揮者が居るわけでもなく、お互いがお互いのおなかが気持ち良いと共鳴し合うリズムを探して、声を合わせていく。


そんな時代は、女性は月の満ち欠けのリズムを体内で、そして全身で感じていたから、女性たちは月の満ち欠けの影響を受け、満月の頃に生理が来ていた、というお話も物語の中のお話ではないんではないか…と思います。

女性の体が大人に変わると言われる大きな変化を迎える時を、「初潮」と呼ぶのもまた、月の影響を強く感じます。


さてさて、わたくし中学2年生で初潮を迎え20代で無月経を経験し、再び生理が復活してから丸9年となります。



が…、私もまだまだ未熟者。


春夏秋冬、時は流れ、流れてもまた春が始まり、季節は毎年繰り返されます。


季節が流れる順番が変わらないように、何千年と変わらない絶対なものがあるからこそ、その中で存分に変化を続けることができるものがある…


a0352194_07023347.jpg



数日前、空に現れた素晴らしい満月を見上げ、そんなことを考えていました。

「もうすぐ私はちゃんと生理来るのかなぁ…」と思いながら。


その数日あとに、復活してからも不順であった生理の周期が久しぶりに28日ピッタリに来たのです。

嬉しい、そして落ち着く。

一体私の体は何を感じ、何に影響を受け28日の周期にピッタリ乗れたんだろう。。。

んー、きっと師匠と紙鳶さんから受けさせていただいたわごいちの施術の効果はでかい。


自力ではまだまだこれから。



これからです。





池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」
by wago-ichi | 2017-03-19 10:08 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
超簡単♪ノンオイル豆乳カルボ..
at 2017-06-24 10:10
あと3日!!
at 2017-06-23 17:22
ヌメリにはまってます
at 2017-06-22 14:40
本当に大切なもの
at 2017-06-21 10:24
お尻が燃え盛る日々です
at 2017-06-20 17:17
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧