和合一致



カテゴリ:わごいちの日常( 41 )


空間を巡るもの


この季節になると、よく言われることがあります。

「すごく快適な温度なんですけど、この部屋空調入っているんですか?」

いえいえ、入っていません。うちの空調管理はちょっとした自慢なんです。

この快適な空間は何より和紙の効果。壁も床も天井も、和紙に囲まれている空間に秘密があります。



和紙には調湿作用があるそうで、湿気が多すぎると空間の湿気を吸い、乾燥していると自ら含んだ湿気を放出するそうです。紙である和紙も生き物、そんなことを実感します。

窓は常に開けっぱなし。このオフィス街のど真ん中でありながら、大きな窓を全開に開けています。自然の風が常に私たちの居るこの空間を通り抜けるように・・・




土曜の夜、「一旦区切り」という事で、セミナー生同士で改めて顔合わせを行いました。

セミナー最終日の日に、せっかくだから皆でちょっとお茶でも飲もうと言う事に。

その連絡を受けたセミナー生の永代さんから「お茶をすると聞いたので良かったら‥」と、たっくさんの梅が枝餅をいただきました。

九州から稽古に通う永代さん。大宰府の名菓だそうで、朝つきたてのもちもちでした。珍しい地元のものを永代さん、有難うございます。

a0352194_09271429.jpg

この日参加のみんなは、千照館の通常稽古とセミナーとほぼ3時間ぶっ続け。
梅が枝餅は、体に沁みわたるようであったと思います。

丹足普及会会長の井本亜紀さんも交えて、もう今週末と迫っている段級試験のことや、同日に行われる設立式と懇親会についてセミナー生の皆さんの意見を聞いたりしながら、小一時間ほどのお茶会。

夏の前、梅雨の中休み、涼しやかな風が稽古場を通り抜けます。


師範がいつも言うこと。

「水と空気と血、この流れは常に巡っていないといけない。流れが止まっては淀んで濁り悪くなっていくばかりだから。」

淀みは人を怠惰させ人を曇らせ、人を腐らせます。
新しいものが入って来ることが大事で、新しい出来事は、着火剤となり刺激となり人を元気にします。

この元気がちゃんと巡って行ったら、その場にいる人に伝染してどんどん元気が広がって行きます。すごく単純だけれど元気ってそういうものだと思います。

わごいちの施術空間であり千照館の稽古場であるこの場所は、今たくさんの人が出入りし、その人と人との間に繋がりが出来始めています。



a0352194_09271714.jpg


新しい風が起こりつつあります。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-06-19 15:20 | わごいちの日常 | Comments(0)

くの字に曲がる人生も悪くない



女将さんから「晩御飯食べにおいで。」と、お誘いいただき一緒に向かう電車の中のこと。。。


そもそも、「睡眠は何よりも最優先!!しっかりと取りなさい。」と母に言われてきたものですから。

そういうものだと思って睡眠を第一にしてきたところがあります。睡眠を削ってまで何かをする、という発想すら湧かないくらい。

そうして自分が必要だと思うことを削ってまで、打ち込むことが無かったと言えばそれまでだったのかも知れません。

なぜなら私、近頃いい感じです。

人間の生きていく上で大切だから譲れない、そう思っていた「睡眠」を後回しにしてもやりたいことがある。

これってどんなに楽しいこと?!と思い、今日を過ごしています。




a0352194_09471353.jpg
(撮影:師匠)

揺られる電車の中でこの自分(※左)を見て、たかだか30分の間にこんなことになるの??!と思ったのと同じだけ、そんなに疲れるほどに今私は毎日を過ごしているのかと思うと・・・


そんな人生悪くない、と思います。


自分だけではなく、きっと誰かの為になっているから全力になれる。


この隣の紙鳶さん(※右)も、きっと毎日全力で人生を生きているのだと思います。

進む人生の中身は写真の通り正反対でも、そんな人生の向き合い方をしているから、一緒に歩めるのだと思います。
私たちは精一杯ぶつかり合いながら進む。


そんな昼下がり電車の中でした。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-06-17 10:40 | わごいちの日常 | Comments(0)

枝つきトマトに思う


a0352194_09130989.jpg



3人だった。

ほんの少し前までは何をするにも3人だった。


それでも、楽しかったし、楽しかった以上に3人の意見が混じり会うのは大変だった。


だって、一人一人が違う人間なんだから。


一人一人が自分を活かしながら、時に人の影響を受け、更にその時の自分を全開にぶつけるんだから。









正直、たーいへん。


…て、思っていた。


でも今は、そう思っていた時間を、本当に勿体無いと思う。


大変なんて、どんと来い!!むき出しで人が自分を全開に出せる場所は、今の世の中なかなかは無いらしい。

その貴重な場所があって、はじめはなかなか馴染めなかった自分を出すと言うことを何度も繰り返し、少しずつ出せるようになって、同じだけそのまんまの自分を受けられるようになってきて、今改めて思う。


こんなにも楽しい事だったんだ!!


と。


そしてこれから、そうして意見をぶつけ合える人が増えていく。


怖じ気づくんじゃなく、自信を持って今の自分のまんまで受け止めて、今の気持ちを伝えたい。


言葉が下手くそでも、そこにちゃんと気持ちが乗っていたら伝わるんだ。



それを、目一杯できることに心底幸せを感じる今日この頃です。



ようやくです。



ようやく。






そんな私たちスタッフが居るわごいち、明日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらから。↓↓↓↓



池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」

by wago-ichi | 2017-06-14 10:44 | わごいちの日常 | Comments(0)

わごいちがある本町てやっぱりいい街


数日前に・・・


突然、「千照館の立ち上げに"照千一隅"の掛け軸を書いてくれないか。」と師匠から、お話がありました。

6月25日の千照館・丹足段級試験と併せて「一般社団法人 丹足普及協会・千照館」の設立式を行うことが決まりました。その際に施術空間に"和合一致"と対にしたお軸を掛けたい、という事でした。


そんな大役…喜んで受けさせてください。


と言ったは良いものの単純に、




納期が足りない!!




すぐにネットで探して何件かあたり、なんとか期日までに間に合わせてくださる職人さんと出合うことが出来ました。

幸い院から歩いて20分ほどの場所。3代目のご主人に相談すると、設立式の前日までに仕上げていただける、という事でした。

過去の私の経験では、掛け軸の表装にはひと月半はかかるもの。ご無理を受け入れて下さり、本当に有難たい。

表装の生地も一緒に選ばせていただいたり、なかなか無い貴重な経験。このような機会をいただいて、またしても経験値が増え有難い限りです。



また、その数週間前には、千照館の実印を作成するのに、院から歩いて10分ほどのはんこ職人さんの所へ。


70代のご主人さんが「まだまだ未熟ではありますがしっかりと彫らせていただきます。」と、謙虚なお言葉とともに、依頼した千照館の印を作って下さいました。

「一般社団法人丹足普及協会・千照館」

・・・なかなかの字数、そして画数で大変そう…。

出来上がりを手に取ってみると、木の素材で丹精込めて彫られた実印に、機械には無い温かみを感じました。
知識の無い私でもその精密さが垣間見える印でした。




今回の出来事を通して、改めて本町は良い街だなぁと感じます。昔からの商人の町、歴史の中心地であったこともある町。


そこに、わごいちはあります。

難波神社のすぐ裏の角。


a0352194_09144218.jpg



一階には花屋のグラシアさんが入っています。このビルのテナントでは一番の古株さん。私たちがこのタケコウビルに入った時から、温かく迎えて下さり、わごいちに生けるお花もこちらでお世話もなっています。


あるとき、このグラシアさん。

まだ巣立ちするには早い雀の子が巣から落ちて店の前で鳴いていたところ、これまたタケコウビルの2階の美容室のお兄さんと一緒に助けてあげたそうです。

数日後、無事に雀の子は飛び立ったそうです。

またあるときはグラシアさん、親猫とはぐれた猫の赤ちゃんを保護してあげていました。

ニャーニャ―ニャーニャー…と小さな声で鳴く、目が開いたばかりの子猫。周りのお店の人にも声を掛けて、無事に飼ってくれる人が見つかったそう。




素敵な街でしょ。

本町って。


ここでわごいちを構えて5年。
改めてこの場所の魅力を感じる今日この頃。


本町のビジネス街の中で、難波神社の裏側で、いろんな事が起こる今の時代にお陰様で安心して、私たちは皆さんを迎えることができています。





6月15日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓





池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-06-12 11:07 | わごいちの日常 | Comments(0)

雲は流れ時は過ぎる


昨日、ビアガーデンに行ってきましてね。


a0352194_09191203.jpg

あ、わごいちの屋上です。

最高の気候で、空気も綺麗。
これは飲まずに居れないでしょう。


皆さん、ビールはおなかにガスを溜めますから駄目ですよ!!

(※飲んだなら四股踏み3百丹して、ハート呼吸して、50分歩いて、ビールによって溜まった胃のガスを抜いてください。)


「最高に気持ち良いねー」と、言いながらこのひと月を振り返り、この日も完成に向けて駆け足で進んでいる『丹足教則本』の冒頭御挨拶を千照館の設立社員である、たーさんにお願いできないかと師範からご本人に伝えられました。

「はい。解りました。」

と、ふたつ返事でご了承を得ることができ、その喜びの乾杯♪


a0352194_09191483.jpg


紙鳶さんは・・"WATER"を飲んでます。水です、ただの水。

なぜかって?

「踏み合いっこ体験会」に始まった怒涛の5月。見るからに体形がフワッと女性らしくなり、体重も増え始め体力も増していた紙鳶さん。

5月のゴールデンウィーク辺りから車酔いが酷く、体調を崩し始めた様子。そのまま一旦は快復したかと思った矢先、体調不良は悪化していきました。

師匠から、「何もせずに寝なさい。作業も置いておいて、本も読まず、頭を使わないようにして、考えたらアカン。体を休めることを最優先しなさい。」と。

紙鳶さんの凄さは、ご自身の体が不調を訴えていても、仕事をしてしまう。考え事をしてしまう。睡眠を忘れ、疲労を蓄積させてでも打ち込んでしまう。もちろん、その翌日は施術で丹足をし、手技に入り、頭だけじゃない体力も使います。

そして、また帰ったら頭を使う裏方作業。この繰り返しに体が悲鳴を出せるようになってきたのです。以前はその悲鳴さえ、体は上げられないほどに体力がありませんでした。

なかなか快復に向かわないという事は、免疫力が落ちている証拠。

紙鳶さん、"考えたらダメ。頭と体を休ませることを最優先させる"ことに奮闘中。症状を出し切ることで根源を絶つという、これまでと違った体力の使い方に試行錯誤中です。




そして、師匠。

師匠は、これからの自分の在り方を示されました。

これまで、わごいちでも千照館でも、どんなときも人には優しい顔であろうと自分を戒めて来られた師は、これからは、「怒るべき時には怒ることを宣言する」と言われました。

なぜなら、守りたいものがあるからです。
世に広めたいものがあるからです。千年先の未来も照らすべき光があるからです。

守るべきものを守るために、自分の在り方をブログで公言されました。



そして私、参尽はようやくブログ毎日更新を達成。

ようやくです、ようやく。師匠で毎日更新4年続けたなら、8年続ける気持ちで挑まないといかんなぁ。。。

けれど、そんなにのそりのそりとはしていられないから、8年飽きずに読み続けられるようなブログになるよう頑張ろう。その為にも「こんなこと書いてくれると面白い」とかご意見をじゃんじゃん下さい。

私の特技は自分を甘やかすこと、やるべきことを後回しにして寝てしまうこと。
仕事をする人間として最低レベルからのスタートでした。

何度も師匠から怒られ、紙鳶さんに考え方を教えてもらい、女将さんからも仕事の向き合い方を伺い(私の歳の頃は明け方まで仕事をして、2時間睡眠でまた出勤していた、というお話とか‥壮絶でした。)、やっと毎日更新まで辿り着けました。


「和合一致」という、わごいちの公式ブログ。
担当は、私参尽です。

わごいちは、おなかの悩みから全身に現れる不調、あらゆる症状を改善し、世の中で難病と言われている病にも挑みます。

千照館が一般社団法人として、独り立ちし活躍の場を広げていくからこそ、わごいちは尚の事、どっしりと在れるように力を養い続けます。

そのわごいちで起こる当たり前の日常を、ブログを通してより多くの人に伝え、このブログ自体が誰かの力となれるように、今後も情報を惜しみなく出していきたいと思います。


引き続きブログ毎日更新には挑み続けよう。

そして、ブログで手一杯にならないよう、他の仕事もこなす。『丹足教則本』も、私の文章担当もありましたが力及ばずで、師匠の修正が入りながらですが着々と進んでいます。

千照館道着の書は仕上がり、セミナー生がわごいちまで取りに来ました。その足でプリント会社に持っていったようです。


a0352194_09191828.jpg


そんな5月が終わろうとしている夕暮れ。
エアーポケットのような束の間の休息。



明後日からいよいよ6月。
6月もどうぞよろしくお願いいたします。




6月1日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓





池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-05-30 10:35 | わごいちの日常 | Comments(0)

元気な人


先日、わごいちにいらした女性。

新規予約受付日に送られてきた申込みのメールに40代と記されていたので、初めてお会いした時、あまりの若さに正直驚きました。

小学生のお子さんがお2人もいらっしゃると聞き、更にビックリ!!この女性の一番のお悩みは「背中と首のコリが酷い」ということでした。

カウンセリングでお話を聞いていくと、背中の痛み、腕のしびれ、おなかが空かない、慢性的な便秘など、気になる症状はいくつかあるようでした。


施術でこの女性の体に実際に触れてみると、なかなかの胃拡張さん。肋骨は狭く上半身は華奢に見えるのですが、肋骨が狭い分収まりきれずに内臓が下垂。

肋骨からはみ出た胃がおへその下あたりまで大きく広がっていました。

この胃が原因で、血行不良を起こし背中から肩・首のコリを作り、また胃によって押し潰される腸は便秘にならざるを得ない、という体の状態をお伝えしました。


「ええええーーーーー!!!!そんなに私の胃大きくなっているんですか??この肩や首のコリも胃が原因なんだーーー!!!」

との反応。

このお方、とっても明るく元気な女性なのです。






「元気」

・・・この定義はとても難しい、そう感じることが多々あります。


わごいちにいらした方でも、「頭痛はする、耳鳴りはする。腰は痛い、節々が痛い。でも元気です。」と、おっしゃる人もいらっしゃいます。

冒頭の女性も、体を触っていると「この症状は相当辛かったのではないかな‥」と感じる所もあるのですが、おそらく周りの人からは"元気な人"と、これまでも見られていたと思います。

そして、この"元気"という気持ちは体の治癒力を上げるのに、とっても重要なのではないか、とも感じます。

…とは言っても、気持ちだけではどうにもならない時もあります。
体に現れている明らかな不調を「大丈夫!気のせい!」と無視していたら、体の感度は鈍り、感度が鈍るという事は「治そう!」という治癒力が落ちてしまいます。

けれど、「まだここが痛い、こっちも痛い。」と不調にばかり目を向けていても、治癒力の真の力が発揮できないのではないかと感じます。


頭痛はするけれど、動く体がある。
耳鳴りはするけれど、ちゃんと聞こえる。
膝は痛むけれど、歩けないことは無い。


体の不調を持っていても、それが「今の自分の体」と受け止め、その「今の自分の体」で出来ることはある‥、そうして生きている人たちには目的がある。

この体でも、できることをやりたい。この目的に進みたいから、痛みを乗り越えて頑張る。その気持ちが"元"となって、本当に体の治癒力を高めていくのではないか‥と、そう思う事があります。


この女性が施術中に言われた、

「だってしょうがないもんねぇ。私がしんどいからって動かずに休んでたら、子どもたちがご飯食べれないし、心配させちゃうもんねぇー。」

すごいなぁ。。。
私はこの世で最強に強いのは、「お母さん」だと思います。

そして、「子どもが成長し手が離れるようになって、ようやく自分の体に向き合える時になった。」と、続けられました。

まだお付き合いが始まったばかりですが、まずおなかを元気にして、体のあちらこちらの不調を改善して、より元気になって真の力を発揮できる体にしましょう。


わごいちは、「一緒に元気を作る整体院」です。

不調が改善したらそれで終わり、そんな淋しいこと‥そこから始まることがあるはず、と思います。


もし、感じる不調を減点として点数で"元気"を量るとしたら・・・

「私の体は30点」という人が居たとして、不調の改善とともに、50点…70点と点数が上がって行き、「98点ぐらい改善したからもう満足!」とか「あと2点なのに、この2点がどうしても良くならない。」となってしまったら空しいな。

"元気"は1点からでもあると思います。そして、気持ちとともにどんどん湧いてくるのだと思います。

1点から不調を改善し、100点で終わるのではなく、点数を飛び越えた"元気な体"を作っていけるように、私は一緒に頑張りたい!と思います。




6月1日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。↓↓↓↓











池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-05-28 11:00 | わごいちの日常 | Comments(0)

心から‥の贈り物



先日、一般社団法人丹足普及協会・千照館の『調印式・結団式』が行われた、その翌日の仕事終わりに。


山田さんからそのお祝いにといただいた贈り物を手にして、師匠は子供に戻ったような顔になりました。


a0352194_08464677.jpg
あの日の出来事を反芻しながら、この"ポルコの飛行機"(※師匠はジブリの『紅の豚』主人公のポルコが大好きなのです。)を、手にしておられたと思います。


a0352194_08525628.jpg
そして、千照館とわごいちへのお祝いには、この竹籠を御贈り下さいました。

a0352194_08470520.jpg

紙鳶さんのこの顔。
こんな顔させちゃうって素敵♪

山田さん、調印式の日に忘れないようにと前々からご用意いただいていたにも関わらず、うっかり皆さんの前で一緒に開けさせていただくことを忘れてしまい、本当に失礼しました。

a0352194_08471651.jpg

その当日には、私たちの体にパワーを漲らせる栄養満点の採りたて無農薬の新鮮野菜をたーっくさん持ってきて下さった、井本忠男さん、亜紀さん。

a0352194_08472459.jpg
そして、この柏餅は赤松先生と稲津先生。

「もし井本さんご夫婦のお子さんも一緒にいらっしゃったら、端午の節句の月だし、と思って。」と稲津先生。隣のコーヒーは井本さん自ら、豆を挽き立ててくれました。




それぞれに違う贈り物。

一人一人の持つ想いが込められている贈り物。

人を幸せにする贈り物。
そのどれもが、人をとびきりの笑顔のようにします。

昨日の結団式で、師範の千照館のそして丹足への想いはしっかりと伝えられました。そして、社員となってお集まりいただいた、お1人お1人の想いを聞きました。


人は1人じゃないと思いながら、1人は寂しいと知りながら、人の手を離してしまう生き物なのだろうかと思うことがあります。

けれど、離す時は大概が一時の感情。。。

本当のハラの中を隠して、格好つけて服を着るように自分を飾ってしまうくせに、「本当の私は誰も理解してくれない」と思う。そのくせ自分は「人とは違う」とプライドの旗を立ててしまって。

その自分の旗を見て集ってきた人に、もしくはお互いの旗に惹かれてそばに来たのに、踏み込まれると逃げてしまう。それなら踏み込んで来てと言われても、その一歩がどうしても出せない。

いいじゃん。格好悪くたって、裸になったもん勝ち。
裸になり過ぎて感情が先立ってしまって、「失敗したー!」て思ったって、大事だと思うのなら手を離さなければ良い。


いざっていうとき、それができる自信があって、そう想われる相手の気持ちに自信を持っていられる人は、本当に強く美しいです。




贈り物には気持ちが詰まる。
相手を想う…自分の人生の時間の中、想う相手がイッパイになる瞬間を贈り物に詰める。


結団式の名残を翌日に感じて・・


この竹籠に、"幸を育て夢を育む"皆の想いがいっぱいになる。


a0352194_08530933.jpg

それを、みんなで味わい合うことを実現させる。

逃げ出さない、ハラを強くしたいと思う人へ、千照館の想いはもっともっと広がって行く。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-05-27 15:50 | わごいちの日常 | Comments(0)

美味しいコーヒーとミーティング


私たちはコーヒーが本当に大好きです。
今月は特にプロジェクト始動に向けて、ミーティングを重ねることが多く、そのお供にコーヒーは欠かせません。

院で行なうことがほとんどですが、たまには気分転換に外に出ることもあります。ミーティングに使わせていただくものですから、カフェや喫茶店の中でも、話しやすい空間というものを求めてしまう‥

美味しいコーヒーがいただけて、素敵なママやマスターの笑顔があるとたまりません。

という、結構ワガママなお客ですね。。。

それでも、ここは本町。そんな私たちのワガママを叶えてくれる喫茶店が結構あるんです。

今日はそんな中で、師匠行きつけの喫茶店をご紹介♪


a0352194_21365269.jpg


地下鉄本町駅14番出口からつながるビルの地下1Fにある喫茶店『Kei(ケイ)』です。

こちらは女性ばかりで、お店を回しておられます。
オーナーは、ママさん。こちらの『Kei(ケイ)』さんのことは、以前から師匠から聞いていました。

「すごく丁寧な接客なんだけどね、同時にこんな空間でありたいというポリシーも感じるんだよ。今の時代には少ない、貴重な空間だね。」

と話す師匠に、どんな風にさその場所で過ごされているのか訊ねると、

「ぼんやりと、考え事ばっかりしているから、本当に変な人と思われているかもね。行くのも会社員にしては変な時間帯だし、この人仕事してるんかな、とか思われているかもしれない。」

とのこと。

けれど、師匠の正体はちゃんと知られることとなります。


こちらのフライヤー。

a0352194_21365560.jpg

「ガッツりほぐそう!踏み合いっこ体験会」のフライヤーを快く置いて下さったそうです。しかも!こんな良い位置に!!有難うございます!!

そして次に師匠が訪れた際に、

「何のお仕事されてるのかスタッフの子と話してたんです。こういうお仕事されてたんですね。来る時間帯からするとアパレルか美容師さんかしら‥て。」

と、ママさんに言われたそうです。(お洒落系の職業に見られ師匠喜ぶ。)

そして、

「地図を見たんだけれど、肝心のわごいちさんの場所が解りにくいのよ~。スタッフの子も皆で見たんだけれど、みんな解らないって。」

と、続けてご意見を下さったそうです。

(!!!!!!!)


「こういった外から見て、しっかりと伝えてもらえるご意見は本当に有難いことだよ。参尽、しっかり勉強さしてもらいなさい。」と、師匠。

はい!有難うございます!!早急に地図も作り直しました。


そんな『Kei(ケイ)』さんに、一度行かせていただきたいという弟子の想いを受け、この日のミーティングはここで。



ちょうどその日の朝に師匠から、「これが『Kei(ケイ)』のママの相棒なんだって。オープンから20年、ゆで卵だけを茹で続けた年季の入ったお鍋。」と、撮った写真を見せてくれました。

a0352194_10272670.jpg


どっしりとお店の今を支える歴史のあるもの。お洒落な空間の中に長らく使い込まれたことが一目でわかる、どっしりと歴史を感じるお鍋はやっぱり何にも代えられない、魅力的なお鍋の姿です。

a0352194_10272971.jpg

「うちのゆで卵は、このお鍋で20個並べて13分。これに何年も茹で続けて行き着いたのよ。」と、ママさんが言っていたとのこと。

そのお鍋で茹でられた卵を食べない訳には行かない、ということで、サンドイッチを注文してもらいました。
「カラシは?辛いの大丈夫~?」とママさん。ハイ、大好きです。

a0352194_10273939.jpg

美味しいっ!!
しっかりたっぷりシャキシャキしたお野菜が入っていて、潰したゆで卵にからめられるマヨネーズは濃すぎずカラシが効いていて、絶妙でした♪

皆さん!コンビニのサンドイッチで満足してる場合じゃありませんよ!!
せっかくパンを食べるのだったら、手作りの愛情をちゃんと感じ、おなかの底から満足できるものをいただきましょう。

久しぶりのサンドイッチが『Kei(ケイ)』のママさんの作ったサンドイッチで嬉しい~♪本当に満たされました。


この日は、打ち合わせに使うことを察して下さったママさんが個室を案内して下さいました。そんな使い方も受け入れて下さっています。

a0352194_21370074.jpg

念願の『Kei(ケイ)』さん。
どうもお邪魔しました。美味しい時間を有難うございました。

わごいちには遠方からお越しの方や、施術と千照館のお稽古を同じ日にいらっしゃる方もあります。そんなとき、空いた時間に是非こちらの『Kei(ケイ)』さんへ行かれてはどうでしょう♪

もちろん、コーヒーも美味しかったです!

a0352194_10274914.jpg



ミーティングに始まり、ミーティングで終わった今月。
さぁ、本番はここからです。

師匠が考え続けていた事、私たちが話し合いを重ね形になりつつあるもの、これから皆さんにお伝えするときが訪れます。

わごいちとともに歩みを続けている千照館がどうなるのか、お楽しみに‥です。


★「踏み合いっこ体験会」の近況(4/30現在)★
※日時の左をご確認下さい。
(〇‥空あり、△‥残りわずか、×‥満員)

5月
ー5月 1日(月) 午後18:30~
×5月 7日(日) 午前10:00~
△5月 9日(火) 午前10:00~
△5月15日(月) 午後18:30~
△5月20日(土) 午後15:30~








本当に乗り遅れていたらもったいないですよー。
池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-04-30 20:52 | わごいちの日常 | Comments(0)

検査で知ること、そこから自分がどうするか


今月の私の生理、とても順調に終わろうとしています。

しっかり鮮血の出血があり、眠気がすごいという程度で生理痛などの痛みは無く、休日はお昼寝もして本当に良く眠りました。(生理の影響と言いつつ、ただ寝たいだけだったりして‥)

ここ最近の生理は元気で健やかな子宮を実感できて、「今月もお疲れ様、私の子宮!!有難う!!」と自分のおなかを撫でながら、少し昔のことを思い出しました。



生理が止まっていた9年前の26歳の時、無月経の方が楽で良いと思っていました。どんな予定も生理を考えずに立てられるし、なんて。来るはずの生理が来ないということに対して、あまり深く考えていませんでした。

向き合う恐さを受け止めず、乗り越える勇気も無かったから、考えないということで問題解決しようとしていたように思います。

でも漠然と、何かおなかの中に原因があるのにこのままにしていたら、もっと大変なことになるかもしれない‥と不安も感じ、そろそろ検査に行こうかな…と思っていたある日、師匠におなかを見てもらう機会に恵まれ、無月経であることを話します。

そして、産婦人科で一度検査しようと思っていることを伝えました。実際に私のおなかに触れた師匠は、「子宮自体に問題はなさそうだね。筋腫だとか何かがある訳でも無いし。また生理は来るようになるんじゃないかな。」と、言っていただきました。

師匠にそう言われなければ、結局行く決断はできなかったのではないか、と今は思います。

検査結果は師匠の言った通り子宮自体に特に問題はなく、「生理を起こすようにホルモン剤を出しましょうか。」とおっしゃるお医者様の言葉を丁重にお断りし、自分で無月経克服に向けて、本気で生活改善を取り組むことを決めました。


以前20歳の時にも一度生理が止まっていたことがあった私は、その時に初めて産婦人科へ行き何も知らず考えず、出されるままにホルモン剤を飲みました。そして、そのホルモン剤によって生理は再開しました。

けれど、心の内に残った疑問。

なぜ生理は起こったんだろう‥、どんな体に強く影響する薬だったんだろう‥、それは本当の解決になっていたのだろうか‥。次また同じことが起こったら同じことを繰り返し続けるのだろうか、とモヤモヤが私の心の中に残り続けました。

だから、再び無月経となった機会に私は立ち止まり、自分がどうしたいのか考えました。

お医者様の治療方法は、ホルモン剤を服用し、その力を借りることで体がもう一度自力で生理を起こすキッカケにするという事でした。

でも、私は20歳の時に一度服用し生理は再開したけれど、飲むことを止めると再び無月経になったので、自力で生理を起こせない原因が私の体にあるのだと思い、ホルモン剤に頼らずに改善に向けて取り組もうと決めました。

それでも生理が来なかったら、その時は私の体が生理を起こすことを諦めたという事です。

けれど、私は「きっと変われる」と自分の体を信じていました。

信じられた訳は、わごいちのお陰です。
わごいちで自分の体と向き合い、体質改善へ本気で取り組み、ご自身の体を健康な状態へと変えていく人たちを、毎日毎日見ていたからです。

今の自分のおなかの状態を知り、改善するために何をするべきか施術を通して一緒に見つけ、一つ一つ積み上げていく‥、そんな人を何人も見ていたからです。

産婦人科では、「胃や腸にガスがパンパンに溜まっていることが原因で、子宮が押し潰されている。」とは言ってはくれません。検査結果で子宮に問題が無ければそこまでです。

けれど、私は「子宮に問題が無いなら、なぜ生理を起こせないのか」を知れるわごいちという場所に出合っていました。改めて幸せなことだと思います。

お陰で、健やかに生理が来る状態が整っていないおなかに、ホルモン剤で無理に生理を起こさせないで済みました。形だけ問題なく見えていても根本の解決にはならないのです。

ときには検査をすることが必要な事もあります。今の自分の状態を知る為に検査をして、何か問題やトラブルを見つけたとき不安になります、怖くなります。

検査をしたら終わりじゃない。検査結果を知り、何か自分の体に問題があることが分かったら、そこから治療が始まります。その時に言われるままお医者様の方針に従うのも一つの方法です。

従えばなんとかなると思ってしまうけれど、そうではない。どうしたいか、これからを決めるのは自分です。

検査によって結果を知り、不安や怖さを乗り越えて、結局自分が何をしたいかと言うこと。大事なのは「私はどうするか」‥むしろ、ここからが始まりだと思います。

私はあの時、薬に頼らず病院の治療以外で自力で何とかしたいと思いました。そうして自分の選んだ道を進み、今があります。


本気で改善したいと思うなら、一歩を踏み出しませんか。
どうしたいのか‥あなたが治療以外の道を進みたいと思うのなら、わごいちの門を叩くのも一つの選択だと思います。




5月1日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓



池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-04-29 10:11 | わごいちの日常 | Comments(0)

嵐の1日


朝。


いつものわごいちの入口の看板の隣に、「直伝!丹足集中セミナー」「踏み合いっこ体験会」の案内が並びました。


私たちはそれぞれの空間で、それぞれの仕事に務めます。
私は施術を担当し、紙鳶さんは体験会、師匠はもちろん「直伝!丹足集中セミナー」。(詳しくはこちら→「道を拓く」)



a0352194_08403489.jpg


活気の感じる声をふすま越しに聞きながら‥


a0352194_08403699.jpg
施術担当の私はお客様を迎え、爽やかな春の風が入る空間でいつものわごいちの時間。
赤畳から奥の間を施術空間として独り占めならぬ"2人占め"。


施術空間からは一番遠い間で、師匠が、何をされているのかは私たちには解りません。
けれど、想いをもって「直伝!丹足セミナー」を受けたいと師の元に集まって来る人は確実にどんどん増えています。

そうして、全てが終了しここからは3人体制のわごいちの施術。

この日も三重から新潟からと、日本各地からいらっしゃいました。月に一度合わせるお顔が、良いお顔になっている方も入れば不安げになっているお顔もあり‥。


施術が終わると、この日はその足で打ち合せ現場へ。何の「打ち合わせ」かって??
場所は大阪天満宮、そのすぐご近所の事務所へ勉強会に。打ち合わせ内容は、これから体制変更を考えている千照館のことです。


事務所にお伺いする前に「学問の神様」藤原道真公に手を合わせ、

「無い脳ミソを絞り尽くせるように…」

と、(私は)そう誓い・・


お陰様で良い話し合いの場となりました。

打ち合わせが終わって気付けば晩御飯どき。


「そう言えば、今日はまだ何も食べて居なかったね。」師匠をはじめ3人ともこの日は何も食べずにぶっ通しのスケジュールでした。

‥ということで珍しく中華へ。こういう時は私たち中華も行きます!行ったお店が、また美味しかったんですー。
油分の苦手な紙鳶さんも大丈夫。やっぱり一緒にいただけることが嬉しい、より美味しい。






そして気付く。
こんなにも色んな景色、色んな空間に触れた面白い1日だったのに、冒頭の体験会の写真以降撮っていない…。


それほどに、嵐のような1日であったことを察していただけますと有り難いです。

一緒にご飯を食べてから駅までの道を歩きながら、「今朝の体験会‥て振り返ると同じ今日の話なんですね。昨日のことのようです。」と話していました。1日を振り返ると、朝の出来事はずーっと前の出来事のようなのに、過ぎる日はもう4月も終わり?!と思ってしまうほどに早い。本当に嵐のような日々。

これからもっと忙しくなるんだろうな~。

こんな風に"分刻み"の生き方するなんて、思っても見なかった。


それであたふたしてる私、、、。我が師は、"秒刻み"です。はい。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-04-21 16:42 | わごいちの日常 | Comments(0)


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
超簡単♪ノンオイル豆乳カルボ..
at 2017-06-24 10:10
あと3日!!
at 2017-06-23 17:22
ヌメリにはまってます
at 2017-06-22 14:40
本当に大切なもの
at 2017-06-21 10:24
お尻が燃え盛る日々です
at 2017-06-20 17:17
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧