和合一致



カテゴリ:千照館・丹足( 8 )


「踏み合いっこ体験会」の4回目が終了しました!!


さて、昨日のどしゃぶりの雨の中、始まった「踏み合いっこ体験会」。

a0352194_08034901.jpg

湿気に負けず、熱く参りましょ~~~!!!

体験会も4回目。
土曜から、今回の月曜、そして木曜と体験会の続く今週です。

この日は、「こってる体をほぐしてあげたい!!」という一生懸命な門人さんが多い月曜マッスル部です。また、私が思うに「知っている事は全部教えてあげたい!!」という気持ちが溢れちゃう‥そんなみんなです。


「お互いが先生ですからね、解らなかったらこの道50年のベテランさんに聞いてください。」という指導員の言葉に、「いやいやいやいや!!」と顔を反らす月曜日の門人のみんな。

けれど、いざ体験会が始まると、一生懸命にペアになった方に伝えられます。


a0352194_08142953.jpg

そして、「そうそうソコソコ!気持ち良いわ~!!」「初めてなのに上手~~!!」と、色んな声が飛びます。

この日は腰痛持ちだという丹足初体験の方のご参加がありました。
「様子を見て、休み休み行きましょう。無理せず自身でご判断して休憩してください。」と、伝え3人ペアにして稽古を進めたのですが‥

a0352194_18214373.jpg

踏まれるときの体勢の取り方から、踏んでいる足の状態がどうなのか、コリがほぐれて変化していく体の様子を一生懸命伝えていました。


a0352194_18235061.jpg
みんなで踏んで踏まれて、踏まれて踏んで‥そうそうコレコレ、ノンストップでも付いてくるスタミナも持ち合わせた月曜マッスル部。
「踏んで踏まれて、踏まれて踏んで」これが、丹足の醍醐味ですね。



こちらでも…

a0352194_18254226.jpg
わごいちに長らく通院されている方とペアに。
「踏まれるのベテランだから緊張します!」と門人のいぐまきさん。丹足経験が初めての方を踏むのも緊張するけれど、相手が丹足をよく受けているという事もまた緊張するのです。

内もものポイントを見つけるのに、2人で感覚を擦り合わせて、「もうちょっと上です‥あ、そこそこ!!そこを深く入ってもらえると‥。」という体験者さんの言葉に応えようと一生懸命です。

そして、「ここだ!」というポイントを見つけたときのお二人の嬉しそうな顔と言ったら。



あちらこちらで相手に伝え合う声が、聞こえます。

a0352194_18203527.jpg
この日、体験会2回目参加の方も2名いらっしゃいましたが、初回は「丹足」のたの字も解らない…という状態だったそうです。
型が解ってくると、次はどんな力のかけ方をしたらもっと効くのか、どう触れたら相手がもっと気持ち良くなるのか、「もっとこうしたい!」と言う気持ちがムクムク湧いてきたそうです。


そして、「腰痛だったんですかね??私。」と、最後のご感想を伝えて下さった丹足初体験の腰痛持ちの参加者さん。

a0352194_08025231.jpg
とーーーーっても楽しかったそうです。


夢中になって踏んでいると痛みも忘れてしまう‥。
夢中になるってそういうものだったかも知れませんね。

「褒めてもらったら嬉しくて、もっと踏んであげたーい!!て、一生懸命になっちゃいますね。」
と、笑顔で言ってくれる人がいたり。




人の為に何かをする、て思っているより難しくないんだなー‥
ただ、一生懸命に踏むだけ。

何にも解らなくても、一生懸命なその気持ちは足裏から相手の体に伝わる。踏んで踏まれてを繰り返すうち、相乗効果となって周りに広がっていく‥周りも巻き込まれて空間全部に広がって行く。

「丹足」ってこんなに夢中になれるものなの?!!

ええ、そうなんです。

改めて、そのことを感じた月曜の体験会でした。
気になっているなら、一度一生懸命踏みに一生懸命踏まれにきませんか??


a0352194_08043484.jpg


まだ間にあいます!!!



★「踏み合いっこ体験会」の近況(4/19現在)★
※日時の左をご確認下さい。
(〇‥空あり、△‥残りわずか、×‥満員)

4月
ー4月 2日(日) 午前10:00~
ー4月 3日(月) 午後18:30~
ー4月15日(土) 午後15:30~
-4月17日(月) 午後18:30~
△4月20日(木) 午前10:00~

5月
△5月 1日(月) 午後18:30~
×5月 7日(日) 午前10:00~
△5月 9日(火) 午前10:00~
〇5月15日(月) 午後18:30~
△5月20日(土) 午後15:30~
※ご好評により大人のみ追加募集中です








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-04-19 10:28 | 千照館・丹足 | Comments(0)

第3回「踏み合いっこ体験会」のご報告ー!!


千照館という場所は、どんな場所だろうか‥

道場としてここまで来た千照館は、今変化の時が訪れているようです。


昨日は「踏み合いっこ体験会」の第3回目、この日も嬉しいことにたくさんの参加がありました。

a0352194_08375532.jpg


ファミリーでの参加、ご夫婦での参加、フェイスブックで知ったとわごいちも何も知らない方の参加もあり、バラエティーに富んだこの日の体験会。


「家で見よう見まねで踏んでます。」という方が居たり、体験会2回目の参加で「前より踏めるようになっていたらいいなー。」という方が居たり、やっぱり皆さん踏んでみたいんですよ。

でも、それってなんでだろう・・・
a0352194_08375898.jpg

9歳の女の子の参加もありました。
始まりはこちらにも緊張と不安が伝わってくるほどお顔も固くて‥。

そらそうだ、知らない場所で大人ばかり、何をするのかもよく解らない状況ですもの。

a0352194_08380090.jpg


でも、踏み始めちゃうんです。
ペアになった門人のふじみささんがアドバイスします。声をかける度、緊張が緩んでいくようす。


「解らなければ相手に聞いて踏みながら体で覚えていきましょう!」との始まりのご挨拶の言葉どおり、初心者も年齢も関係なく丹足の稽古は続きます。


a0352194_08380301.jpg
子どもだけじゃありません。
門人の皆さんも「これでいいんだろうか‥」の不安が先に立って、いつもはついつい口数が少なくなっちゃう‥

そこに「相手に聞いてくださいねー!!自分が踏んでいる相手が先生ですよー。」と井上指導員の声が飛びます。

"こうじゃないといけない"なんて誰も言っていないんですよね、丹足って。自分で縛ってしまわずに、聞いて聞いてお互いがより気持ちよくなるように丹足していきましょう。

a0352194_08380695.jpg

大人になればなるほど「○○できていないから、○○しちゃいけない。」と限ってしまうことがあります。
けれど、そうじゃないんですよね。

わからなくなったら‥、できているかどうか不安に思ったら‥、相手に聞いてどうしたらより気持ち良いと思うのか、それをお互いで一生懸命に探して踏み合いっこします。



この日参加した9歳の女の子の終わった後の感想です。
「すっごく気持ち良かった、楽しかった!お父さんを踏んであげたい!!」ニコニコスマイルでキラキラしながら元気な声でそう言っていました。


誰かに言われたからではなくて、自分が気持ち良いと感じたことを誰かにしてあげたくなる。本当に自然に丹足しているうちにその気持ちが湧いてきたのでしょう。








千照館はどんな場所でしょうか。
千照館に絶対にあって、他には無いことがあります。

それは、「にこいち」です。二人で一つになっていく。一人では丹足は絶対に出来ませんからね。



『嫁が楽しんで(千照館に)行っているのがわかる気がしました。』

稽古にご参加くださった門人さんの、身内の方からいただいたアンケートにそう書かれていました。


他にもアンケートに多く書かれていた「すっごく気持ち良かったです!!」の言葉。
お互いが居て、お互いがあって、気持ち良いと感じることを擦り合わせて行く。二人居るから初めてできることです。



千照館はそんなところです。


a0352194_08381083.jpg
★「踏み合いっこ体験会」の近況(4/17現在)★
※日時の左をご確認下さい。
(〇‥空あり、‥少し空あり、ギリギリ、×‥満員)

4月
ー4月 2日(日) 午前10:00~
ー4月 3日(月) 午後18:30~
ー4月15日(土) 午後15:30~
4月17日(月) 午後18:30~
4月20日(木) 午前10:00~


5月
5月 1日(月) 午後18:30~
×5月 7日(日) 午前10:00~
5月 9日(火) 午前10:00~
〇5月15日(月) 午後18:30~
5月20日(土) 午後15:30~
※ご好評により大人のみ追加募集中です



池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-04-17 16:22 | 千照館・丹足 | Comments(0)

前向きにアドバイス


先日お伝えした第1回「ガッツりほぐそう!踏み合いっこ体験会」のレポートの今回は第2回目。

a0352194_09444942.jpg
月曜マッスル部の体験会の風景です。


前回の日曜日は大人数の半数は初心者である参加者の方、それでも終わる頃には初心者の方も踏み手はバッチリ「丹足」になっているという活気が伝播する稽古でありましたが、こちらの月曜日の稽古はどうなるのでしょうか。


人数こそ少ないですが…


この月曜マッスルは「丹田」へと向き合う気持ちがみんな強いです。

百丹もかなり頑張っているしねー。

だから、もっと活気が欲しいなー…と言うのも正直な気持ち。
月曜マッスル、頑張って仲間集めよーぜ!


だって、せっかく古株の人が多いのにもったいない。



そんな熱き人に囲まれた、丹足初めての参加者さん、緊張していますか??


この日も井上指導員の一人体制で。



月曜日の体験会で印象的だったのは、これまでの稽古では決して口数が多い方ではないマヤちゃんのこと。


この4月からの稽古のはじまりに説明があった、「私たち指導員は見守り役に徹します」の言葉。ペアになった参加者の人が上手くいかないもどかしさは解っても、さあそれをどう相手に伝えるのか…。

そんなまやちゃんに井上指導員が言います。

「あなたも同じことで悩んだよね。随分苦労したでしょ、どう伝えたら相手の人に伝わるかな。一生懸命考えましょう?」

と、、、


他の門人さんも皆それを見守りつつ、また自分もペアとなった人への丹足に一生懸命取り組みます。
そこから、ペアとなった者同士が自分の感じていることをもっと伝え合おうという空気が流れ始めました。

相手の人が上手くいかずに行き詰っていると、「そうじゃないよ!!」と言うのではなくて、「こうしたらどう??」「こんな風にやってみたらどうかな??」と、どうしたら相手が前向きに取り組めるか一生懸命考えてアドバイスする声が聞こえます。

皆通ってきた道だから、、、古株の門人さんが多い月曜日の稽古で、相手の人がより意欲が湧くように声掛けをする文化があることに、これから新たに変わっていく千照館を見たいと思いました。


「自分を変えたい、変わりたい」というその気持ちは、人は本質的には皆持っている感覚なのでしょうか。
ただ、「変われる!」と自信を持つことが難しいのかも知れません。だから「人も変われる、きっと変えられる」というその想いを一生懸命お互いに伝え合うことが大事なのだと思います。


自分自身の“伝えたい”という気持ちと、相手からの“教えてもらいたい”の気持ちがあれば、説明が端的でなくても上手く言えなくても思いはちゃんと相手に伝わるのです。


参加者の方の丹足、この1時間半の間でも随分と変わられました。

a0352194_08493665.jpg

「最初から足の裏は柔らかいし、上手でした!!」と、参加者さんへ声を掛ける門人さん。


今現在、千照館に通う門人の多くはわごいちのお客様として私たちの丹足を受けています。


けれど丹足は、「知っている」という経験だけがものをいう訳でも無いように感じます。古株の人が多い月曜マッスルだからこそ皆がそれを感じているのかも知れません。
十人十色の丹足があって、どの丹足も気持ち良くて。。。


どんどん言い合いましょう。

もっと気持ち良くなれるよね‥そうお互いを信じて。

a0352194_08493928.jpg


前向きにアドバイスをし合って、和気あいあいとしながら…そして楽しみながら、一人一人がもう一歩前に出て‥

この波はどんどん広がる!!と、そう皆さんが感じるような今回の体験会となれば、と思います。



正直今の段階でほぼ定員ギリギリになっています!
満員御礼の日程も続々出ていますので、お申し込みはどうぞお急ぎください!!





★「踏み合いっこ体験会」の近況(4/10現在)★
※日時の左をご確認下さい。
(〇‥空あり、‥少し空あり、ギリギリ、×‥満員)

4月
ー4月 2日(日) 午前10:00~
ー4月 3日(月) 午後18:30~
×4月15日(土) 午後15:30~
4月17日(月) 午後18:30~
×4月20日(木) 午前10:00~


5月
5月 1日(月) 午後18:30~
×5月 7日(日) 午前10:00~
〇5月 9日(火) 午前10:00~
〇5月15日(月) 午後18:30~
5月20日(土) 午後15:30~
※ご好評により大人のみ追加募集中です






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-04-12 10:30 | 千照館・丹足 | Comments(0)

ガッツりほぐそう!!踏み合いっこ体験会始まりました!


さぁ!!始まりました、

「ガッツりほぐそう!踏み合いっこ体験会」!!

昨日の第1回目は日曜マッスル部からのスタートとなりました。


続々とあった申込みにこの日は満員御礼通り越して定員オーバー!!でも皆さんのお申し込みをお受けさせていただき、稽古場は人でイッパイ!!有り難いことです。

a0352194_09381005.jpg


今回は可能な限りで子どもの参加もOKにしようという試みに、可愛い7歳の女の子の参加があって活気に溢れる稽古場。


稽古の流れはいつもの千照館の通り、全身をペアで交互に踏みほぐしていきます。
ですから体験の方もそうします。「はい、じゃあ上下交代して体験の方も踏みましょう~!」と井上指導員。


稽古始まり踏まれて5分、「ええ~~~~~~~~!!」という参加者の皆さんの声にカメラマンをしていた私も思わずニヤリ。
そうですよね、びっくりしましたよね。もう踏むの?私も踏めるの??て。


ええ、踏めるんです。

a0352194_09242395.jpg

ほら、7歳の子どもさんも抵抗なく踏んでいます。
しかもめっちゃ上手だぁ‥。


踏み方の型や基礎、もちろん注意点は指導員がちゃんと踏み始めに伝えます。
そこからは踏んで踏まれて、交互に踏み続けます!

素人も門人も関係なく、踏み合っている相手が先生です。


a0352194_09270613.jpg


一生懸命に相手を見て、恐る恐る踏んでいたら、「怖がらないで大丈夫です。とっても気持ちいですよ。」と声がかかる。

a0352194_09474678.jpg

丹足を経験していても、やっぱりどうかな‥と不安になっているところに、「すごい!!気持ちいいです!!お上手ですねー。」と、参加者の方の言葉が。とっても嬉しそうだった門人さん。そりゃそうです、褒められるのは誰でも嬉しいものです。


これが丹足の醍醐味。

踏んでいるのは人形ではなく、踏まれて気持ち良いと感じ、時に痛いと感じ、もうちょっとここを踏んで欲しい‥、と何かを感じて言葉を発する"人"です。
そうして、踏んでいる"人"から伝えられる声によって今の自分を確認できる。

a0352194_09405418.jpg

どんな私か、踏み始めと同じか、以前の稽古から変わったか、変わったのなら何が変わったか‥自分の何を変えたいと思って踏んでいるのか。

私もカメラを通して皆さんを見ていて、今一度丹足の原点である「人在りき」ということを思いました。
社会の中で、家庭や仕事を通して人と繋がらない訳には行きません。どんどん便利になることで孤立化が進み、人との関りが薄れていると言っても、一歩外に出ればやっぱり人が居るんです。自分よりも遥かに多い数の人が。

でも無視して私は一人生きている、その方が不自然ですものね。
人を感じ、人に触れ、言葉を伝え合える。それだけで変わるものがある。

a0352194_09254295.jpg

稽古後半「踏んで踏まれて」を繰り返すうちに波が伝播し、初めて踏んでいる参加者の方がどんどん上手くなっていきます!!
恐々踏んでいたのはいつの事??というくらいに。



これが踏み合いっこする威力。新しい波が起こり、これまでの波を取り込んでより大きな波を起こしていく。


今回の体験会は一つの変化の時です。この新しい波に門人の皆さんも乗り遅れないように。
画面の目の皆さんも、足踏みしていると出遅れちゃいますよ‥(にやり)


まだまだ、「踏み合いっこ体験会」は始まったばかりです。4月と5月残り9つ全て無料で何度でもご参加いただこうと大盤振る舞いの今回の企画。

はっきり言って楽しいです。
素人も経験者も、なーんにも関係ありません。それは昨日の稽古が証明しています。
「私は経験が無いから‥」「運動が苦手だから‥」という方!!

お申込みはこちらへどうぞ。→sensyokan@onaka.main.jp


どうぞよろしくお願いいたします。



★「踏み合いっこ体験会」の近況(4/4現在)★
※日時の左をご確認下さい。
(〇‥空あり、‥少し空あり、ギリギリ、×‥満員)

4月
ー4月 2日(日) 午前10:00~
ー4月 3日(月) 午後18:30~
4月15日(土) 午後15:30~
〇4月17日(月) 午後18:30~
4月20日(木) 午前10:00~


5月
〇5月 1日(月) 午後18:30~
5月 7日(日) 午前10:00~
〇5月 9日(火) 午前10:00~
〇5月15日(月) 午後18:30~
×5月20日(土) 午後15:30~









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2017-04-04 10:14 | 千照館・丹足 | Comments(0)

「踏みあいっこ体験会」埋まりつつありますー!



明後日から!

いよいよ、

ガッツりほぐそう!
「踏みあいっ子体験会」

始まります!


a0352194_10131503.jpg




あ…、このイラスト書き直しました!
やっぱり「丹足」でないといけませんもの。本当に力不足で不甲斐ないのですが。



「やっぱり丹足って難しいんじゃ…。」

「踏む側もとっても効果があるから、と先生は言うけれどどう言うこと??」

「私でも出来るのかしら??気にはなってるけれど…。」


…と“足踏み”してる人は、ホントに“足”踏みしないと勿体ない!!


最新版のフライヤは裏に「丹足」のことを知ってもらえたらと漫画を乗せています。




体験会初日の4/2(日)は、お陰さまで満員御礼となりました。
それ以外も4/15(土)、5/20(土)が満員御礼で締め切らせていただいています。
5/7(日)もう埋まりそうです!!

迷っているなら、お早くお申し込みを頂くことをオススメします!!


お申し込みはこちらから。
→sensyokan@onaka.main.jp



以下、4/1現在の状況です。
★「踏み合いっこ体験会」の近況(4/2現在)★
※日時の左をご確認下さい。
(〇‥空あり、‥少し空あり、ギリギリ、×‥満員)

4月
4月 2日(日) 午前10:00~(6名)
〇4月 3日(月) 午後18:30~(6名)
4月15日(土) 午後15:30~(6名)
〇4月17日(月) 午後18:30~(6名)
4月20日(木) 午前10:00~(10名)


5月
〇5月 1日(月) 午後18:30~(6名)
5月 7日(日) 午前10:00~(6名)
〇5月 9日(火) 午前10:00~(10名)
〇5月15日(月) 午後18:30~(6名)
×5月20日(土) 午後15:30~(6名)




池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-03-31 13:56 | 千照館・丹足 | Comments(0)

続く未来



今、エネルギーがみなぎっている師の大切な一瞬一瞬。


簡単に、全てを突き放してしまえるほどのエネルギーが満ちています。


「ダチョウ」にまつわるセンスクイズを2問とも外し、飲み代を支払わせていただけるだけでも有り難い。

その、質問をいただけることが有り難い。

挙げ句、当たり前に正解を教えてもらえる今の状態が不甲斐ない。。。


それぞれの思いをハラに持ち、帰路へと着いたあの夜。



果たして、どこへ向かうのか。
今までの師は帰らない。決して振り返らない。


進まれました。無楽(千照館で師からの直接指導を受けられる稽古)をやりきって。

「これまでで一番良い稽古だった。」と言葉を残して。

その日の稽古は、それぞれ無楽生が自分の足りない部分と向き合い、また相手へと集中し、より丹足を良いものにされていました。

稽古の終わりには、“かちあげ四股”なるご自身が考案した、下半身の強化と肋骨を広げる動きを同時に行う四股踏みを教えていただきました。


そして、最後となる無楽の稽古が幕を閉じました。



この無楽の時間は、弟子である私たちからしても、とても貴重な時間でした。

はじめは、「無楽生の見本として君らも踏もうか。」ということで稽古に入りましたが、私にとっては自分の弱点を露呈する状態となってしました。

これでは、見本にも何もなりゃしない。


さっきまでお稽古で門人の皆さんに指導していた人間が、バンバン自分の足りてない所を注意されるのですから…

恥かきました。師には何度もあきれられました。
それでも踏むのです、相手の体から離したい足を離さずに。さらけ出されるのです、自分のハラの中が。足を通して相手に伝わる。。。

私は、自分を信じるという芯の部分がすぐにぶれるように思います。

積み上げて行くはずのことも、“~しちゃったからだめ”、“~できてないからだめ”と自分にペナルティを課せ、その分だけ劣等感を自分の中に膨らませて、重たいおなかにしているようです。


メンタルが弱いと言っちゃそれまでです。
それを越えるくらい、もっと練習を積んで努力を積んで、根拠を持った自信を自分の中に積み上げて行く。

やりきらないクセ。そのくせブレーキをかけてしまうのが私の弱点。

自分を信じていない。

でも、自分を信じられないのは、人を信じていないのと同じこと。

これが、“今の自分の姿”と私が貴重な無楽の2年間の稽古の中で気付いた、自分自身の姿です。
 


無楽が終わったら終わり…?いえいえ、ここからが始まりとなるのでしょう。


a0352194_07392443.jpg



ちっぽけな私の中のプライドが邪魔して、私の足を止めます。

だから私は、その自分を変えたくて丹練をしています。
けれど、その丹練は自分の甘えを生みました。「400丹したから大丈夫。」「膝が痛くても丹練やっていればそのうち治る。」と、自分の体の状態を無視して、自ら課したペナルティをクリアしたらOK!というようなことをしていたから、丹練は作業化し要らぬところを痛めた上に丹足に活きませんでした。

今は、師匠や紙鳶さんの施術中の丹足姿を思い出し、自分の出来ていない箇所を鏡で確認し、動きを忘れず反芻し、丹練をしています。
けれど、足りないところはいっぱいあって、全てを真似ようと欲張ってもできないから、今はまず“軸”。
丹足にとっても必要な“軸”を意識し、体の痛いところを感じながら、痛めつけるのではなく鍛えるように丹練しています。

あとは、引きずらないこと。
切り替えが出来ずに引きずるから、頭の中がその事で満タンになって他のことを判断する思考が停止してしまいます。
だから、すぐに切り替えられるようにしたら今度は受けた注意を忘れるという始末‥泣。だからすぐにメモに書いて、何度も見るようにしています。

そうして何としても進まないと、より明確にご自分の成すべき事を見て進んでいく師の背中は、遠く小さくなってしまうから。







師匠の背中がずっと前に見えます。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」

by wago-ichi | 2017-03-22 10:14 | 千照館・丹足 | Comments(1)

春の丹足体験会

今日は千照館からの楽しいお誘いです。


「平日の昼間にも千照館の稽古を開催していただけないですか」「私も丹足をやってみたいのです」という声が届きました。千照館は今のところ月曜日の夜と、土日の昼間しか稽古を開催していないのです。

その声をうけて、私たちも話し合いを重ねていました。
いえ、実はそのお声の前から、平日の昼間にも稽古を受けたい人は居るのではないか、と考えていたのです。
平日の昼間に来る人はママさんたちも多いですから、家族を踏んで癒してあげたい!という人が多いのではないか、そういう話をしてきたのです。

私たちにも、丹足をもっと広く社会に広げたいという願いがあります。

こんなに学びやすくて、相手に喜んでもらえて、自分もしっかりと汗をかいて気持ち良くて、しかもおなかの調子が良くなる丹足を、もっともっと多くの人に体感して欲しい!という願いはずっとあります。

わごいちと言えばおなかの施術に定評がありますが、実は丹足にも多くのファンがいます。「こんなに深くほぐされるのは初めて」「すごく気持ちいい」「痛いけどこれが効いているんですね」という声を皆さんから聞きます。

おなかを揉むのは正直難しいですが、丹足は誰にでもできます。もちろんやればやるほど奥深いものではありますが、少し習っただけでも結構気持ち良くて、喜んでもらえます。

会話の少なかったご夫婦が、丹足をする中でだんだん会話が増えてきて仲良くなってきた、という声も聞きます。子供さんとの触れ合いに活用されたり、妊婦の娘さんを踏んで逆子を直した!というすごい話も聞いています。体の調子だけでなく、コミュニケーションが深まって心の健康を取り戻すきっかけにも丹足はなるのではないでしょうか。


a0352194_13412290.jpeg


丹足の良いところは楽ちんなところです。手でほぐすのは大変です。相手は気持ち良くても、ほぐしている手が疲れます。でも丹足は体重を乗せてほぐすので足だけが疲れるということはありません。疲れると言えば全身運動になるので、全身が熱くなって汗をかきますが、それもまた心地よいもので、今の運動不足の生活にはとても大切なことのように思います。

練習を重ねると、どんどん丹足が上手くなるだけではなく、自分の体も元気になってきます。体重をうまく乗せるために、体の使い方がだんだん整ってくるのです。汗をかいて溜まった老廃物も体から出ていってくれます。

なにより相手に喜んでもらえる。「気持ち良かった。またお願いね。」と言ってもらえることは何よりの喜びです。自分が人の為になっている。相手に必要とされる。シンプルですが、これはとても大事なことなんじゃないかと、整体をしていていつも思うのです。


私たちはこんな丹足をもっともっと世間の皆さんに知って、体験してもらいたいと思っています。受けるだけでもいいのですが、できれば少しだけでも踏む楽しみを体感してもらいたいと思っています。

今年の春から夏にかけて、世間様に向けて、丹足を活かした大きな動きを始めようと思っていますが、それとは別に、すでに丹足の稽古をしている千照館でも大きなイベントを計画しました。最初で最後のイベントになるかもしれません。


もっと楽しく元気に生きていけるように!みんなで踏み合いたい!

そういう願いを込めて、





発表します!






「ガッツりほぐそう!踏み合いっこ体験会!」





を開催します。

全部無料で、全10回です。何回参加してもらっても結構です。(こんなこと初めてです。)


「いくときはどーんといこうぜ」

とツルの、いや師匠の一声で決まりました。







この機会にやってみませんか??

開催する月は、4月と5月の以下の日程です。


4月
4月 2日(日) 午前10:00~ ※
4月 3日(月) 午後18:30~20:30 ※
4月15日(土) 午後15:30~17:30 ※
4月17日(月) 午後18:30~20:30 ※
4月20日(木) 午前10:00~11:30


5月
5月 1日(月) 午後18:30~20:30 ※
5月 7日(日) 午前10:00~12:00 ※
5月 9日(火) 午前10:00~11:30
5月15日(月) 午後18:30~20:30 ※
5月20日(土) 午後15:30~17:30 ※

以上の日程で開催します。
(※印は千照館の門人さんと一緒に稽古します。)


是非気になっていた方、興味が湧いてきた方ご参加お申し込み下さい!

ご夫婦、ご友人等と一緒に参加も可能です。なるべく(稽古の妨げにならない範囲で)お子さんの同伴も対応したいと思っています。検討されている方は一度ご相談下さい。

また千照館の現門人の皆さんもこの期間内は全稽古に参加できます。どんどん参加して初めての人を手助けしながら、さらに上達を目指してください。







お申し込みはこちら↓

sensyokan@onaka.main.jp










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」


by wago-ichi | 2017-03-07 13:42 | 千照館・丹足 | Comments(0)

本気対話(ファッション・ビューティー部門)



昨日は仕事後、紙鳶さんとこれからの「千照館」をどうして行こうか、という事についてミーティングをしました。

これまでも、何度かその事についてミーティングをしていました。

方法ばかりを挙げてしまう私に、「参尽さん、まずはどういう方向に向かっていくか。それを私たちで擦り合わせていくことが大事です。それがお互いに違ったら方向を今挙げたところで、何も変わりません。」と紙鳶さん。


な‥なるほど。


そこを考えずに、方法ばかりを考えたところでお互いバラバラの方向を見ていたんじゃ、私たちが2人で丹足指導を担当している意味さえもが無いもの、ね。

すいません。

私と紙鳶さんは、それはもう「お見事!!!」と言わんばかりに、全てが真逆です。

ええ、ご存知の人も多いかと思いますが、性格はもちろんのこと‥


アイロンの仕方一つにとっても違います。
見ている目線の先も違います。
思考なんて、発想から違います。

師匠の話を聞いていても取るポイントが全然違う。
(あ、ちなみにそれに関しては紙鳶さんは、ココ!!というポイントを外されないので悪しからず。)


けれど、面白いのは食の好み、これだけは似ているから笑っちゃいます。

日本酒が一番好き!!
お米大好き!!
ワインは白より赤派。
イタリアンに行くと、前菜だけで大満足。
ポテトサラダが大好物。(マヨネーズを使わない工夫がされているもの)



そんな食べ物以外は全くもって正反対の私たちが、千照館の指導員を一緒に務めています。


そして、今回千照館を今一度原点回帰して、これからの世にどうあるべきかという事を話し合う訳ですから、全く違う方向に進み、「私がしたいことはそうじゃない!!」と取っ組み合いが始まり、もう一緒にはできないわ‥と決別があってもおかしくないのです。


これまで一緒にやってきた千照館で、ともに稽古に励んだ門人さんの顔を思い出しながら話し、その門人さんたちがいる千照館で今できること、その先には何がしたいかという夢を描きながら、想いを伝え合います。


道の途中はやっぱりそれぞれで見ている観点や分析は違うんだけれど、(違い過ぎて納得するまでとことん話し合う時、多々ありますよ。)それが、また発見になる訳です。自分に無い感性を持っている人と話す訳ですから、スッとは理解出来ずにうーんうーんと唸りながら自分に落とし込むこともあります。

だから、また次へとつながる。広がる。

私たちはいつも本気対話です。
今の時代に仕事を通してそれがとことん出来ること、て本当にないみたいだから、私はとても幸運なんだと、改めて思ったり‥。



今回の話を通して「千照館がどういう方向に向かっていくか」の終着点は、やっぱり「千照館は道場である」と、いう事。途中の道は違えど、目指す先はそう大きくは違わない。それぞれの意見。



もう少し明確な形にしたら、師匠である師範にお話しようと思います。

師匠、待っていただいていてすいません。





第一回プラチナブロガーコンテスト



池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2017-01-23 10:57 | 千照館・丹足 | Comments(0)


 大阪のど真ん中にありながら、畳と和紙と柿渋に囲まれて過ごしています。そんな整体院わごいちの日々を綴る公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
我が家の焼きそば
at 2017-04-28 12:56
養殖の魚、旬の魚
at 2017-04-27 10:48
生理が来ました
at 2017-04-26 10:31
「あと何回‥」
at 2017-04-25 10:07
玄米の美味しさは留まるところ..
at 2017-04-23 10:16
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧