和合一致



カテゴリ:わごいちのお客さま( 45 )


ご夫婦二人で呼吸を合わせて



先日、わごいちにいらしたイヌさん。

長らくわごいちでお付き合いのある方です。胃下垂が悩みで通い始めたイヌさん。

知らずに多量に摂っていた油物に、胃が疲れ不調を訴えていたという原因を自覚し、食事改善に努め、今では随分と胃も元気になりました。


「参尽先生、お陰様でわごいちに通い、油をほとんど使わない和食中心の食事に変えていくことで、私はもちろんの事、主人が随分とスリムになったんです。」

と、おっしゃるイヌさん。そしてこう続けられます。

「大好きでしょっちゅう誘われていたラーメンも、今は全く言わなくなりました。"油が油を呼ぶ"とおっしゃっていたように、日頃の食事の油分が減ったからでしょうか、主人自身がもうラーメン食べたいと思わない、とそう言うんです。」

と。


けれど、

「上半身や顔周りはシュッとし出したんですけど、おなか周りはやっぱりまだ出ていて…。」

とのこと。


それなら…、と「ハート呼吸法」をオススメしました。

わごいちの体質改善で要となる「ハート呼吸法」。これは内臓を正常な位置へと戻し、本来の働きを取り戻す呼吸法です。


せっかく食事に気を付けて痩せても、相変わらず下腹だけがポッコリ出ている…という人は、内臓が下垂したままの状態であることが多いのです。

「もちろん、ご主人のおなかを触ってみた訳ではないので断言は出来ないですが…」

とイヌさんに伝えた上で、




「ご夫婦で一緒にハート呼吸、頑張ってみてはいかがですか?」


と、ここ最近「ハート呼吸」をサボりがちで、肋骨の間の筋肉が硬くなり肋骨がギュッと閉まっていたイヌさんにお伝えしました。



肋骨が締まると、胃の居場所が狭くなり苦しくなった胃が下へと逃げ、再び胃下垂になってしまうのです。


胃下垂でも胃拡張でも、どちらの症状であっても、わごいち院長・三宅弘晃の開発した独自のメソッドである「ハート呼吸法」は、内臓を正常な位置に戻し、本来の元気と力を取り戻す呼吸法です。

「は!さぼっていた!!」とパソコンやスマホの前でドキッとされているであろう、わごいちに通う方々は今晩からまたコツコツやりましょう。


また、「そんな呼吸法があったの??」という初めてこのブログに辿り着いて下さった方は、わごいち院長著書のこちらの本に、



詳しく「ハート呼吸法」のやり方が載っていますのでご参考下さい。わごいちでも、残りわずかですが販売しています。


イヌさんも、「もちろん、本は持っています!!」とおっしゃっていました。

a0352194_09205384.jpg


是非、ご主人と一緒に確認しながらコツコツと取り組んで下さい。

次回の施術でお会いするのを、楽しみにしています♪




☆過去の記事☆





池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-10-23 11:04 | わごいちのお客さま | Comments(0)

お客様との和合一致



先日のこと。


「本当にすいませんでした。こちらの都合とは言え、急なキャンセルをしてしまい…」


そう言って、身内にご不幸があられたその方は、こちらの品をお渡し下さいました。


a0352194_08581330.jpg




「ご予約はお客様と私たちとのお約束」




こうして、私たちとのご関係を大切にお考えくださる方々と一緒に、わごいちはもう十数年の時を歩んできました。

変わり続けていくわごいちと、変わっていく皆様のおなか。


けれど変わらず守られるご予約、「また来月もよろしくお願いします。」そう言ってお帰りの際に来月の御予約を取っていかれます。

これは、今の時代には決して当たり前ではないことだと改めて感じています。



世の中にはたくさんの整体院があります。

クイックマッサージやエステ、美容室もそうです。便利にネットでさっと予約が取れる、けれど自分の都合が合わなくなるとすぐキャンセル。

そこにネットの向こう側の人の顔は見えません。


私はわごいちに来たばかりの頃、わごいちの在り方が、お客さまとの関わり方が、これまでの私の触れて来たものとあまりに違い過ぎて驚きの連続でした。

けれど、「来月のこの日にお願いします」と予約を取られ、またそのお約束の日にお顔を見せて下さる‥、その繰り返しの中に信頼関係が生まれるのでしょう。

信頼し合う心は、施術をより良いものに変えていくことがあると感じます。

相手に体をあずけ、またそうしてすべてを受け入れ頼りにして下さっている‥、その心持ちでいらっしゃるおなかは、とても柔らかく触りやすいのです。

そうしたおなかを見せて下さると施術を行う側の私たちは、「よし!!」と一層の力が湧きます。



師匠は言います。


「“文化とは習慣”だと最近思ったんだよ。だから、毎日毎日続けていくことが、そうした積み重ねが文化を創っていくんだよ。」



毎月通う皆様によって、「ご予約はお客様と私たちとのお約束」という事が、こうして"わごいちの文化"として築かれていく。


この"わごいちの文化"に触れたばかりの方の中には、この在り方に馴染まない方もいらっしゃるかも知れません。

けれど、わごいちの空間でこれまでご関係を繋いで来た方々から聞こえてくる応対などに、わごいちの在り方を感じ、少しづつ「和合一致」されていきます。



私もまだまだ、勉強させていただきたい文化です。


どうぞ、これからも宜しくお願い致します。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」


[PR]
by wago-ichi | 2017-10-09 10:35 | わごいちのお客さま | Comments(0)

お味噌と日本酒があれば良い


「先日、東北に友人と旅行に行ったんですけど…」と、2年のお付き合いになる、きっしゃん。

初めてわごいちに来院なさったときはまだ20代。胃がしんどい、食事が美味しく食べれない、などの不調や、生理のトラブルがお悩みでした。


今ではわごいちでの取り組みを通じて、食事の摂生と歩くことが大切と解り、日々改善に努めようと頑張っておられます。


もともと、ひじきの煮物やお芋の炊きものなど和食を好むきっしゃんですが、家族に合わせる食事となると、どうしてもメインがお肉や油っぽいものになるそう。

その食事がきっしゃんのおなかにとっては負担となっていました。

けれど、自分のおなかを想いながら、少しずつ時間を掛けてご家族との理解を深めていき、今では「あなたが好きと思って」と和食を用意してくれたり、お母様と一緒に作ったりという機会が増えたそうです。



そんなきっしゃんから友人と旅行に行くことを聞き、「存分に楽しんできて下さいね。食事も羽目を外しても良いんじゃないですか?旅行の時ぐらいは。」と、話していました。



すると・・・

旅行から帰っていらした際に、楽しかったと笑顔を見せてお話を聞かせてくれたのですが、


「先生!もう、あまりにお味噌が美味しくって!!隣であれこれとおつまみを食べる友人の隣で、ひたすら焼き味噌をチビチビいただきながら日本酒を飲んでました。」


それで日本酒はちょっと飲み過ぎてしまいました…と、きっしゃん。


まさか‥、その若さでその酒呑みの味わい方を心底楽しまれるなんて。

御見それしました・・お味噌だけに。



なかなか、できることではないと思います。私も旅行の時は、解っていても食べ過ぎてしまいますし…、反省。

"デーン!!"とハンバーグやとんかつのメインが出なくても、「とても幸せな食事だった」と味わえる。

これまでの食との向き合い方が、この旅行の楽しみ方につながったのでしょうね。

おなかも私も美味しい、嬉しい、と楽しめる食事のあり方が、まだまだあると思います。

これからもご自身の食道楽に自信を持って、大いに楽しまれて下さい。


楽しい良い旅行のお話をお聞かせいただき、有難うございました。







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-10-05 10:53 | わごいちのお客さま | Comments(0)

お元気ですか?




毎月の通院の日、その方は必ず帰りの受付の際になさることがあります。

一年半前の「熊本地震」が起こった後から、ずっと続いていることです。


それは、必ず千円札を余分に置いていかれること。



熊本地震の義援金箱に収めて下さい、と。


a0352194_09331500.jpg




また、ある方は「先生のご本を一冊買わせてもらいますね。」そう言って、そっと五千円札を箱に収められました。





去年の秋に、皆様のお心を持って自らの足で熊本へと届けに行かれた師匠。


「皆様からのお気持ちは、崩れた瓦の修復に充てます。有り難うございます。」

と、おっしゃった熊先生の奥様である千榮子さん。


a0352194_09331726.jpg




季節の便りに、無事に瓦の修復が出来たこと、またこちらは皆変わらず元気だと、お伝えくださいました。


この夏も大変な豪雨に、地震被害に追い打ちが掛かった所もあったようです。

自然の力には人は到底敵わない…そういう場所に住んでいると理解しながら、この毎日を懸命に生きている方々が居ます。



今も熊本の皆様のことを想う方々がいらっしゃいます。

お元気だとお伺いして、何よりでした。










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-09-26 14:18 | わごいちのお客さま | Comments(0)

ジャンクな時間


先日、ご新規でいらしたポテさん。

数年前からどんどん悪くなる胃の不調に耐えきれず、病院へ行き薬の服用を続けるけれど一向に良くならない胃の不調を抱え、わごいちにいらっしゃいました。

まだ、保育園へ行く小さなお子さんがいらっしゃり、不調を抱えた体での毎日の家事は、大変であったろうと思います。

施術の中でお話をしていると、不調が起こり始めた数年前に原因があるようでした。


ポテさんは、お子さんが手を離れ、寝た後にご主人との時間にDVDを見ながら、ジャンクフードやスナック菓子をバリバリ食べるのが憩いの時間、夫婦の大事なコミュニケーションの時間だったとおっしゃいました。

胃が悪くなってしまったことで、その時間が持てなくなって淋しいとのことでした。

「胃が苦手なものは、油分と炭酸の入っている飲み物、そしてサクサクふわふわした食べ物なんです。ジャンクフードはそのオンパレードですから、その頃に随分と胃を痛めてしまったのでしょう。」

と炎症だらけの胃を触りながらそうお伝えすると、

「大好きなんです‥。ジャンクフード、でもやっぱり胃には悪いんですね‥、こんなに痛んでいるなんて‥。」

と、ご自身の胃の状態に驚かれました。


「(家から)近くって、たまたまこのホームページに出会った日が予約受付の日で‥、すぐに申し込みました。」

と、ポテさんはおっしゃいました。


一回目は豊穣コースで施術を受けられたポテさんでしたが、2回目は「山水コースで」と私は伝えました。

症状としては、豊穣でなんとかなるかも‥と思いましたが、胃の不調を訴えているポテさんが服用されているお薬の中には、以前服用されていた方から聞いたことがあった

「机でも何でも目に見えるものに噛り付きたくなるんです。」

と、そんな衝動にかられてしまうほどのきつい精神薬もあったからです。

ポテさんはそのお薬を常飲はなさっていなくとも、胃の不快感があまりにきつい時に服用しているとおっしゃっていたので、少しでも早く胃の不調を改善し、服用する必要がなくなるようにと思い、山水をおススメしました。


先日、2回目の施術にいらしたポテさん。

1回目を受けたその後から、このブログを一気に読んで下さったそうで、日常の中で自分でできることから改善され始めていました。

その中には、"胃薬をはじめ、服用していた一切のお薬を止めた"という事がありました。そして、「まだまだ違和感はあるけれど、どうしようもない痛みはかなり軽減した」と、おっしゃいました。


良かった‥!!本当に良かった!!




まだまだ、これからのご縁となるポテさん。「楽しい憩いの時間」とおっしゃっていたDVD鑑賞。

その時にきっと、スナック菓子をバリバリと食べる以外のコミュニケーションの方法がきっとある‥私たちはそう思います。




新しい出会いを私たちも楽しみにしています。
本日予約受付日です。ご希望の方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓





池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-09-15 14:00 | わごいちのお客さま | Comments(0)

譲り合いの心


7月にわごいちに通い始めたばかりの芙蓉さん。

笑顔が可愛いらしい30代前半の女性です。
「自然と子どもがやって来たくなるおなかを作りたい」と、わごいちにいらっしゃいました。

わごいちで体質改善をはじめ、大好きなパンを絶ち、おやつに5,6個はパクパク食べてしまっていた大好きなフィナンシェも辛抱し、体質改善に奮闘中です。

芙蓉さん、着実に結果を積み上げ、ガスでパンパンだった胃は元の大きさを取り戻し始めました。

胃に押しやられてた腎臓や肝臓などの臓器もそれぞれ本来の働きを取り戻し、今まで体のあらゆる部分に溜め込んでいた浮腫み(むくみ)も処理され出して、順調に体重も落ち始めています。


先日が4回目の施術。

8月はお盆をはじめイベントがあれこれあったようで、ご自身でも食べ過ぎを自覚し「このおなかは怒られる‥」とドキドキして、わごいちにやって来たそうです。

けれど、そんな中でも朝ごはん抜きを続け、パンの誘惑に乗らず、3時のおやつを断って食事と食事の間を空ける、この3つを守り抜いた結果はきっちりとおなかの改善につながっていました。

「絶対に怒られると覚悟して来たんです‥!!ホッとしました。次回もよろしくお願いします!!」

と次回は週末をご希望された芙蓉さん。

週末はやっぱりこれまでに通っておられる方で、どうしても予約枠が埋まってしまいます。随時空きが出たら順番にお移りいただいている状況です。

これまで、平日で調整下さっていた芙蓉さんも、ご希望の枠が空いていたので、そのことをお伝えして次回は週末でお受けすると・・

「そうですよね。どうしても平日が休めない方もいらっしゃいますよね。私はなんとかなるので…!」

と、一度は週末でお取りした予約の日をその場で取り消しし、平日で調整をし直して下さいました。


こうして、わごいちのご予約は限られた枠でありながら、通われている皆さまの施術時間を確保することが出来ています。


改めてそのことを実感しました。

a0352194_08342117.jpg

まだわごいちに出会ったばかりの芙蓉さんですが、これまでここに通う皆様が作られた文化を感じ、快く前向きにそう対応して下さった。



本当に、有難うございます。


皆様のご協力のお陰でご新規様の御予約もこうしてお受けすることができ、新しい出会いにつながっています。






9月15日はご新規様予約受付日です。
ご希望の方はこちらからご確認下さい。
↓↓↓↓






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-09-09 10:23 | わごいちのお客さま | Comments(0)

なすの訪れ


「泉州の水なす」がわごいちにやって来ました。


a0352194_08290063.jpg


今、週に1度のペースで通っている方から、「地元のもので…、良ければ皆さんで召し上がってください。」と。


その日のお昼ご飯に早速いただきました。


本当に美味しかったです。
そして、なすの力をとても感じました。


生の採りたてのお野菜に感じる力には何より強さを感じます。それは人の手が加わるとどんどん弱まる力。

けれど、糠漬けはその生の力を活かすように、そしてちょっと強さを包んで和らげるような、不思議な方法だなあ、と思います。

人の手で糠の力が加わって更に新たな力となり生まれ変わる。



この方は、まだ出会ったばかりのわごいちに信頼を持って一緒に頑張っていこう、と決意を持たれました。

まだ結果として形となっていないものに、確信を持てないものに信頼を持つというのはとても勇気が要ることだと思います。

けれど、その方は信じておられる。ここなら…!と、そしてまだ自分の肚に力がある…!と。

その想いを力に変えるのが、私の仕事なのだと改めて思いました。



この手は、腐らせてしまうものだろうか。今をより進化させるものだろうか。


私の手は力を持つのか…?問い直し、思い直し、今を常に振り返る。



KOTOさん、有難うございます。

一瞬立ち止まって、改めて今を思う贈り物でした。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-09-07 15:15 | わごいちのお客さま | Comments(0)

 愛すべき人


スミさん親子。

かなり古くから、わごいちとお付き合いのある方です。


この夏、スミさんは腰を痛めて、仰向けに寝ることはもちろん、横向きにも座ることもじっと立っていることも何もできず、正にワラにもすがる思いでわごいちにいらっしゃいました。

ひどい腰痛は師匠がメインで担当する山水コース。

最初に来られた時はどの体勢も数秒間も耐えられなかったスミさんは、1回目の施術を受けられた直後から、嘘のように痛みが取れ、2回目にいらしたときには「あの痛みが嘘みたいに消えました!」と、笑顔でいらっしゃいました。

「ここで布団に横になる度に、こうして普通に寝れるようになったー、有り難いですーて、手合わせますねん。ほんまに感謝してます。」


大阪弁のあったかい口調でそう、毎回言われます。


スミさんは娘さんととても仲が良く…と言っても、人前ではいつも憎まれ口を叩き合っています。

そのやり取りがまた、吉本の漫才を見ているようなのです…。

けれど暑い中、娘さんが必ず送り迎えをされ、憎まれ口の奥には、本当の底の部分ではお互いを想い合っている愛情を感じます。



スミさんは手先が器用でいらして、細かい仕事はお手のもので、私たちにこんな素敵なプレゼントを下さいました。


a0352194_09094318.jpg



私たちにもこうして愛情を下さる。


有り難うございます、スミさん。


愛すべき浪速の“お母ちゃん”です。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


[PR]
by wago-ichi | 2017-08-30 10:46 | わごいちのお客さま | Comments(0)

素直さは強さ


23歳のシバさん。シバさんは生理不順をなんとかさせたいとわごいちにいらっしゃいました。

おなかに触れると、胃はガスがパンパンに溜まって胃拡張を起こし、腸にもガスが溜まり、子宮を押しつぶすような状態になっていました。

「この状態だと、子宮は健やかに働けないから、その結果生理不順となっています。まずは胃腸を元気にしてあげないとね。そうすることで胃腸の圧迫から子宮は解放されて生理も整っていきますよ。」

とお伝えすると、シバさんはとてもホッとされました。


食事の改善から日常的な運動、階段一段飛ばしや歩くことなど、シバさんは頑張って取り組まれます。回を追うごとに胃腸のガスは抜けていき、おなかのラインも変わり始めました。


そんな先日、おなかがへこんだことを実感し、喜んでいる彼女に「なぜ生理不順を何とかしたいと思ったのですか。」と伺うと、その問いにハッキリと「子どもが欲しいからです。」と、答えられました。



10代の頃は結婚願望も湧かず、自分の体の事に対してもあまり意識は向かわず、ただ顔のニキビが酷いことは気になっていたとのこと。

肌はおなかの状態をそのまま映すから、食事を変えて内臓が元気になれば肌も綺麗になる、と伝えると、

「でも好きなものを食べて不規則な生活をしていても、肌が綺麗な人も居るから、なんで私はこうして出ちゃうんだろうって、すっごく嫌でした。」

と、おっしゃいます。


私はすごくわかるなぁ‥と、過去の自分を振り返り思いました。

「私もね、そうだったの。10代の時にニキビが出だして、20代の時も本当にひどくて、綺麗な肌の子を恨めしく思っていましたよ。」

でも肌に出てくれて良かったと思っていると、そうでなければ自分の食事や運動といった良くない生活習慣を見直すことも無かったんじゃないかと思うから、と伝えると、

「本当にそうですね。何にも無くて、突然重い病気にかかったりとか、その方が辛かったかも知れない。肌に出てくれるからまだ良かったです。」

と、シバさんは頷かれました。


そんな施術の中で、シバさんがおっしゃった言葉がとても印象的でした。

「子供もね、生理不順にも困らずに望むままに出来たら、私きっと大事にしなかったと思うんです。子供の事。」

と。

なかなか言えないです、そんなこと。


シバさんは続けます。だから、こうなって良かったと。子供が欲しいと思ってから、だったらまずはこの生理不順をなんとかしなくちゃならない、だからわごいちに行こうと思ったし、改善に向けて言われたことは努力したい。

「自力で何とかしたいと思ったんです。」

と、シバさんは続けられました。




平成生まれのシバさん。

戦争も知らず、バブルも知らず、携帯電話が当たり前にある平成の時代に生まれたシバさん。

「そうなんですね!わかりました、やってみます!!」

と、即答できる素直さを目の前に、いつの時から言い訳を並べてしょうもない意地で素直になれなくなってしまっていたんだろうと、我が身を振り返りました。

この素直さは何にも勝る強さです。本当にすごい、と思いました。



シバさんのその素直さは純粋さは、きっとおなかの改善につながります。まだまだここから頑張りましょうね。







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-08-26 10:39 | わごいちのお客さま | Comments(0)

山口のお酒と言えば五橋なんです



お盆明けは皆さん、やっぱり食べ過ぎてしまうようで、なかなかのおなかでいらっしゃいます。

先日お見えになった日本酒大好きハッシーさんも‥

a0352194_08222199.jpg


ご主人の田舎が山口県で、「地元の人は有名な『獺祭』ではなく、『五橋』を好む人が多いんです。すっごい美味しいお酒で‥。」と、日本酒愛をアツく話して下さいます。

ええ、ええ。知っておりますとも五橋。
素晴らしく美味しい、またラベルの色のチョイスがセンスを感じます。


a0352194_07311452.jpg


と、伝えるととても嬉しそうに「わぁ!ご存知なんですか??美味しいんですよ~ほんと。ついつい飲み過ぎて‥、すいません。」と、おっしゃいました。

ハッシーさんはすっごく素直な人です。

施術にいらしたときに、この1ヶ月の過ごし方がおなかを想い遣れなかった日々だったら、お布団に横になられる前から「あちゃー‥!」というお顔をされます。

そして、「すいません!やってしまってます!!」と、こう言われます。

ある時は、

「子どもには"甘いお菓子食べたら体悪くするよ!あかんよ!!"て、きつく言っているんです。それなのに、自分はバリバリって開けて食べようとしたところを子どもに見つかって、"お母さんそれ食べるの?"て言われてハッとしました。」

と、言われます。

2人の男の子のお母さんであるハッシーさんは、子どもには良いおなかで居てもらいたいと思って注意しているのに、自分はダメだと解っているものを仕事の忙しさやストレスでつい手が伸びる時がある‥と反省されます。

「子どもに見つかって私何しているんだろうって自己嫌悪です。今日は叱られにきました。」

と、私たちに言われます。おなかに、体に触れられると、どうおなかと向き合っていたかバレてしまう、ということをよく解っておられる。


私たちも人間です。

駄目だと解っていてもやってしまうという気持ちもよく知っています。

私たちは地獄の入口でジャッジをくだす閻魔様でもなければ、全てを思い通りにできる神様でもありません。

同じ人間で、だからこそ叱ることも時にはあって。

そんな関係性を築いてこれたことに、「幸せだなー」と思うことがあります。

本気でお互いのことを言えることを。

そんな、わごいちで毎日を過ごせていることを改めて実感したハッシーさんとの時間でした。


「先生!山口市のお祭りの2日間だけ限定で出される、『裏五橋』っていうお酒があるんです!来年は買ってきますからね。今年は自分たち親族の飲み分しか手に入れられなかったから‥。」


いえいえ、お気遣いはなくです。どうか貴重なお酒を大事にちびりちびりといただいて下さいね。


次回は笑顔でお会いできますように。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-08-20 10:30 | わごいちのお客さま | Comments(0)


大阪の「わごいち」は、自分のおなかと向き合いながら心底‥いや、ハラの底から元気を作る整体院です。ブログ毎日更新してまーす!
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
ご夫婦二人で呼吸を合わせて
at 2017-10-23 11:04
本日の幽芯姿勢講座は開催いた..
at 2017-10-22 10:00
工夫とはなんぞや
at 2017-10-21 10:04
健康は毎日の中で作られる
at 2017-10-20 10:04
雨、雨、雨
at 2017-10-19 10:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧