和合一致



カテゴリ:マイプライベート( 74 )


とうちゃんの夢


私の友人である、ゆうきりんりん。

高校の時に知り合ってから大人になった今も、1年に1回は顔を合わせようと言い、お互いの近況報告をするのがいつからかのお決まりとなりました。

りんりんは、25歳で結婚そして出産を経験し、4年前にまさかの双子を妊娠そして出産。

会うたびに家族が増えていく姿を、家を守る母として立派に立つ姿を見させてもらっています。


りんりんの家族はみんな"とうちゃん"が大好きです。

先日遊びに行かせてもらったときの事。この日、たまたま仕事を早く終えた"とうちゃん"が荷物を置きに来た姿を、家の窓越しに見つけた子供たちは、一斉に「とうちゃんやー!!!!」と、"とうちゃん"の所へと駆けて行きました。


"とうちゃん"の夢は一貫して変わりません。

「職人さんがちゃんと自分の仕事に誇りを持って家族を養っていけるよう、今の仕組みを変えて行くこと。」

建築関係の職人さんとして若くから働いていた“とうちゃん”は、職人として働く人たちが、給料が安いから‥と家族を持てないことも、しんどくて汚いから‥と他の職種に移ることも、カップラーメンに菓子パンで昼ご飯をやり過ごすことも、おかしいと思い続けて来られました。

何かが変わればもっと職人はやり甲斐を持って良い仕事ができる、と現代の「建築業の現実」を変える側に立とうとなさっています。


その"とうちゃん"の夢が実現するよう、3人の子供を育てる肝っ玉かあちゃんとしてりんりんは、全くもって苦手で大嫌いだった家事・掃除・裁縫を見事にこなすようになりました。

りんりんが、包丁を持っている姿なんて見たこともありませんでした。今では毎夜、一日が終わった最後に全ての床の雑巾掛けをしてから寝るそうです。

双子のチヨとタクが保育園に持って行くナップサックはりんりんの手作り、それぞれにリクエストされたお手製のアップリケ付きです。

5年生のねえねえは、ねえねえなりに精一杯、"とうちゃん"の夢の実現を邪魔しないように双子のちよたくの面倒を見ます。

双子のチヨとタクはねえねえと一緒だから泣いて困らせるようなことはしません。


家族みんなが"とうちゃん"の夢を応援しています。その"とうちゃん"の夢の実現の先には、沢山の人が救われることになると、それぞれに理解し、信じています。


だから、みんなとても良い顔をしています。

キラキラしています。ニコニコしています。


喧嘩をいっぱいしても、悔しくて泣くことがあっても、理不尽な出来事に悲しみを抱く日があっても、成長して大きくなっていっても無くさない輝きを持ち続けています。


a0352194_20401808.jpg


実は・・・先日アップした記事の金木犀の写真は、この日チヨとタクのお迎えへと保育園に出向いた道で撮ったもの。


私は、私の中の溢れた欲を思い知り、「なんで私ばっかり‥」と自分のことしか見てない思考も、自己満足の行動も、反省することは何も食欲だけではありませんでした。


「人間、分(ぶ)を弁(わきま)えんとねぇ。私も常に自分に振り返ってるよ。」


グサリとハラに突き刺さったりんりんのこの一言。
ズバリ言ってくれる友人が居ることを、私は本当に幸せだと思います。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-10-18 10:25 | マイプライベート | Comments(0)

金木犀の香りに魅了されて…



昨日のお休みに、散歩をしているとそこかしこで金木犀(キンモクセイ)の香りがしました。


姿を見るより香りでその存在に気付く花です。



a0352194_07194949.jpg




こんなに大きな金木犀と、初めて出会いました。


見上げるほどの大木。


樹齢50年は経っているそう。


街のいたる所で鼻を刺激する甘い香り。

人は甘い香りを嗅ぐと食欲が抑えられるそうです。




今は秋。
そう、私を悩ませる食欲の秋。


ああ…、どうかこの金木犀の甘い香りが私のこの食欲を抑えてくれますように。



金木犀の大木に我が欲を反省し歩く、昼下がりの散歩となりました。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-10-12 10:06 | マイプライベート | Comments(0)

バッキバキです…



今朝、目を覚ますと…


全身バッキバキです。


筋肉痛で。

a0352194_09224114.jpg


筋肉痛とは、運動することにより筋繊維が傷つき起こる痛みだ、という説が有力なようです。


ですから、体を今以上に使えるようにしようと思うと、必ず通る過程であると、考えられます。


古く硬くなった筋繊維を運動することで壊し、新しく再生することで、今以上に柔軟に使えるようにする。

良い筋肉にしようと思ったら、一度壊さないと。



先日、師匠が練習を見て下さいました。


その直後に膝は笑い、膝回りは筋肉痛に。今まで感じたことのない深いところ…、腱に近いような芯の部分に痛みを感じました。


そこにもってその翌日に、甥っ子たちと本気のリレー。
小学3年生に混じり、35歳負けじと全速力。

a0352194_09552392.jpg



あの子ども達の底知れぬ体力…!!!

何度とバトンが回ってきて走ったことでしょうか。あなたたち、運動会で全力出した後ですよね、マジですか。。。



そうして翌朝、目が覚めると・・・


いろんな箇所が痛い、そして熱い…!!

下半身だけじゃなく、上半身の肩や首まで。
こんなに全身筋肉痛って…。と、いうことはまだまだ私の体は硬いところだらけ。


そりゃ、丹足する動きも硬く、"力"と"勢い"で行ってしまう訳です。


まだまだ使える部分がある。
その分、力を抜ける部分がある。


かたい、硬い!!頭も固い!!どこに行った柔軟性!!



はあ、丹足は本当に人間性が出るな‥。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-09-25 10:04 | マイプライベート | Comments(0)

もったいない精神


ジーパンの裾を切って履いています。

a0352194_10101915.jpg




お裁縫はとっても苦手なのですが、分解するのはわりと得意なようです。




数年前に買ったこのジーパンは、裾のラインが好みではなくなってきて、だけどそのうちにまた履くときが来るかもしれないと思うと、捨てるのはもったいないなーと、捨てられずにいました。


私は結構、「もったいない精神」が強いです。


「もったいない、いつか使うことがあるかもしれない」と、気付くと物を捨てずにいてしまいます。



食べ物でも同じ。
「捨てるのはもったいない」と、おなかがいっぱいでも捨てるぐらいなら…と、食べちゃうことが多かったです。


けれど、ある時から私はこのもったいない精神を逆手にとって、敢えて捨てるようにしました。



そうすると、ものすごく嫌な気持ちになりました。

本当は食べられるものをゴミにしてしまったことを。もうほんとに…、捨てたあの時の菓子パンが夢に出てくるんじゃないと思うほどに。

そして、何度も振り返りました。なぜ、捨てることになったのか・・・


本当は駄目だと解っていながら、おなかは喜ばないと解っていながら、自分の欲に負けて買ってしまったこと。

何度も止めようと思えば止められたはずで、買わずに済んだものだったこと。

そうして何度も振り返り、ゴミ箱に捨てました。


本当に、とても嫌な気持ちになりながら…。






それからは買うときに、抱いたその嫌な気持ちを思い出しています。

そうすると、だんだんと無駄に買わないようになってきました。

買う前に、本当はどうしたいのか考えるようになりました。




今でも、欲に負けることはあるけれど、その時は「負けてでも今日は食べる!」と心に決めて食べるようにしています。

そして後悔しても「自分のしたことだ」と、納得して反省しています。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-09-19 15:49 | マイプライベート | Comments(0)

練習あるのみ



昨日は師匠のお宅に。


美味しくお食事をいただいた後、お嬢さんがお点前を披露してくれました。

お嬢さんは自ら「やりたい!」と言って、月に御茶を習いに行っています。流派は表千家。

大河ドラマの『篤姫』の影響を受け、身近で紙鳶さんが習われていたこともあって、とても興味が湧いたそうです。


以前見せてもらった時より、更に上手で美味しいお抹茶でした。


月に3回だけの稽古なのに凄いなぁー…。


a0352194_08264526.jpg





私はどうも長らく「練習」ということをはき違えながら、行ってきたようです。


習ったことを、繰り返し繰り返し行えば上達するのだと思っていました。


50回!100回!回数やれば、上達していくんだろう、練習ってそういうもんだろう、そう思って端的に言うと、「ただ単純作業を繰り返すもの」と練習していました。


どうも私は、「練る」と言う感性がボコッと抜け落ちていたようです。


練習をするということは、習ったことを自分で考えて練る時間。

こう言っていたけれどそれはこういうことだろうか?それともこういうことだろうか?と、自分で吟味し反芻して、試してみてまた吟味して、何度も何度も自分の中で習ったことを練り上げる、と言うことなんじゃないかと、気付きました。


言われたことの表面をとって、それだけ理解して解った気になって何回も繰り返したところで、上手くなる訳がない。


センスがいい人は、それを何気なく繰り返しの中でやってしまえるのかも知れないけれど、



自分…不器用ですから。



そんなことに気付き、そんな自分を知り、やっと「練習」というものを始めています。



習った1回をどう落とし込んで自分のものにするのか、それが次に習うことにつながっていく。




練習して上手くなる、てことは単純で簡単なものではありませんでした。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-09-10 09:58 | マイプライベート | Comments(0)

季節の節目



昨日の帰り道。


空を見上げると、

a0352194_08285223.jpg


ちゃんと秋が来ていた。



8月までのビックリする暑さを引きずることなく、朝晩の爽やかさはまさに秋。


季節は間違わない。


巡るタイミングを間違わない。


たった4つ、いえいえ実は一年を通して「二十四節気」の季節があるそうです。


その一つ一つを、巡る時のタイミングをちゃんと読んで、外さない。

異常気象と言われたって一時のもの、振り返るとやっぱり夏は夏だったし、秋もきっとそう。


それは季節を感じる私たちにとって、とても安心感となるもの。



感じる。


外さない。



私にとって、永遠のテーマです。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。
<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」

[PR]
by wago-ichi | 2017-09-03 10:19 | マイプライベート | Comments(0)

巳のお守り


いつも持っている"お守り"があります。

父の彫った"みーさん(ヘビ)"。元気だった時にもらって付け始めたんだけれど、今ではどこへ行く時も持つようになりました。

大分へのフェリーにも一緒に乗りましたね。


はじめは"お守り"だなんて意識もしていなかったんだけれど、気付いたら「んん、なんか見守ってくれてる??」て思ってきました。ほんとここ最近の事なんですが。


「守ってやる!」て意気込んでくれるのもかっこいいけれど、気付いたらいつも気に掛けてくれている‥て、なんだかそれも格好いいもんだ。




なんとなく‥だったんだけれど、今は欠いてはならないものです。


a0352194_08280975.jpg


いつも有難う。みーさん。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-08-21 10:05 | マイプライベート | Comments(0)

朝練かぁ‥


お盆で兄家族が帰って来た。

翌朝、丹練をしようと目を覚ますと同時に、上の甥っ子も目を覚ました様子。


私が出るが早いか、外に出ていく。

(ん‥?どこに行ったんだろう。)


しばらくすると、今度は下の甥っ子も外に出た。


私も木刀を持って外に出ると‥


2人とも空手の型稽古をしていた。父親である私の兄が傍らでその姿を見ている。



聞くと、夏休みの間、朝練をしているとのこと。

上の甥っ子はハラが据わらず、こぶしを突き出すと、その勢いに負けて上半身が持っていかれてふらついてしまうのを克服しようと、「四股踏み」とその後の「型稽古」と特訓しているそう。


そのお兄ちゃんの姿を見て、「僕もやる」と弟も始めたみたい。



お墓参りに行く道中、聞いてみた。すると・・・

「朝練??でもまだ始めたばっかしやで。空手、強くなりたいねんな~。」

と、答えが返ってきた。



義務でもなく、やらされているという感覚でもなく、今以上に強くなりたいから、その想いで、彼らは動いている。

原動力は自分自身の想い!!



a0352194_14085794.jpg


やっぱ、かなわんわぁ‥。


そうだったなぁ。想いから始まるはずなのに、すぐに頭で考えて言い訳してどうにかやらないで良い方向に自分の思考を持って行ってしまう‥。そうすると、だんだんとやることが義務になって、ノルマになって面白くなくなってしまう。

そうじゃないでしょうよ。

なぜ、丹練するのか。その始まりの想いを忘れたら行けない。私が自分自身を成長させたいから始めたんだ。もっと丹足が上手くなりたいから始めたんだ。

ここで止まりたくないから毎朝やってるんだ。






うん、負けんへんで。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-08-18 10:53 | マイプライベート | Comments(0)

慰安旅行レポート「おまけ」



やられちゃいました。


久々に、ハマっちゃいそうです。


だって、フェリーから降り車で走り出した途端にお出迎えしてくださったのですから。


a0352194_23500467.jpg


麦焼酎「二階堂」!!



これまで大阪でも見かける事はありましたが、全く心惹かれなかったんです。



私、「これ!」と思ったら一途なんです。(誰ですか?ツッコミ入れてる人笑)

焼酎なら「黒霧島」。こればっかり、ロックでいきます。


くろきりに惚れ込んでるので、焼酎と言えばコレしか飲みませんでした。

恐らく大分に来なければ、今後も口にすることもなかったでしょう。


飲んでみると、これまたびっくり。

「あれ?麦焼酎ってもっと薬みたいなアルコール臭しなかったっけ??」

まろやかで甘く、クセもない。お料理を邪魔せず、晩酌でこれだけ飲んでも飽きがこない。




大阪帰ってきて早速・・・


a0352194_09384651.jpg



買ってきました。



このボトルを見る度に、この夏の慰安旅行に想いを馳せられる…



こりゃ飲み過ぎますわ。







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


[PR]
by wago-ichi | 2017-08-17 10:04 | マイプライベート | Comments(0)

便りに乗せて




朝、出勤前に父に手を合わせると仏さんの方から見えるように、手紙が置いてありました。


a0352194_08244715.jpg




甥っ子からの暑中見舞いです。



メールやラインが当たり前になり、「筆まめな人」という言葉もこのところ聞かなくなりましたが、手紙ってやっぱり送る人の心が特別に届くものだと思うのです。


数日前、そんな話をしながら震災から大雨と災害が続く熊本のクマ先生の所へ、わごいちファミリーみんなで暑中見舞いを書きました。

師匠は、「今は物よりなにより、手紙が良いかもしれないね。」と。






もらう側になると、手紙ってこんなに嬉しいものなんですね。



文章から成長を感じ、筆圧から元気だと知る。

機械上の文字よりも一層、書く人の息づかいを感じるから、次に会えるのがとっても楽しみになります。



そのまんま、無理せず無茶せず今の自分を伝える手紙。


とても、あたたかい気持ちになりました。
子どもは人をあたたかくする天才です。



ありがとう。
いってきます。









池田参尽

wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


[PR]
by wago-ichi | 2017-08-06 09:56 | マイプライベート | Comments(0)


大阪の「わごいち」は、自分のおなかと向き合いながら心底‥いや、ハラの底から元気を作る整体院です。ブログ毎日更新してまーす!
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
ご夫婦二人で呼吸を合わせて
at 2017-10-23 11:04
本日の幽芯姿勢講座は開催いた..
at 2017-10-22 10:00
工夫とはなんぞや
at 2017-10-21 10:04
健康は毎日の中で作られる
at 2017-10-20 10:04
雨、雨、雨
at 2017-10-19 10:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧