和合一致



<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


食事と仕事

参尽でございます。


半年と少しのお付き合いになる豊穣で通院しているキシさん。
胃のしんどさから仕事に集中できず困っているというのが直近の悩みでわごいちにいらっしゃいました。

触ってみるとキシさんのお腹は、胃も腸もパンパンにガスが溜まっていて、その胃腸につぶされて血管はうっ血した状態でお腹全体の血流が悪く冷たくかちんこちんになっていました。
お話を聞いていくと、生理のトラブルも感じはじめいよいよ心配になっていたそうです。

20代の一人暮らし、お友達と深夜近くまでスナックをつまむこともあったり、仕事が終わってから自炊するのもついつい面倒で、お腹が膨れたらいいとできあいのもので済ませたりすることもあるとのこと。
とっても真面目なキシさんは、わごいちに通いながら自分のお腹をいじめていた行いを自覚しコツコツと改善していきました。
ガスでパンパンだったお腹はガスが抜けて柔らかくなり、血管の流れも良くなり温かくなりはじめ、巡りが良くなりむくみや老廃物が流れて体重も落ち始めました。
キシさんのお腹は順調に良くなっていったのです。
自分のお腹が元気になってきている実感に何よりキシさんの表情がわごいちに来る度、明るくかわいらしくなっていきました。


3か月が過ぎ順調に改善に向かっていたように思っていたキシさんだったのですが、
ここ最近再びガスが溜まりお腹はカチカチに硬く冷たくなってきたのです。

何でだろうと一緒に話していくとキシさん、
「ダメだってわかっているんですが、どうしようもなく食べたくなってしまうときがあって、そんなときは普段食べたらお腹に悪いと思って避けているものをブワーッと食べてしまうんです。それでやっぱり翌日の仕事のときは胃がしんどくなって、わかってるのに‥、と自己嫌悪になるんです。」

そのまま話を続けていくと、、、

「仕事のストレスなんです。仕事が終わって帰るともう11時近くて晩御飯を家で作って食べるのが難しいんです。でも仕事のときに上司は食べないとダメだからこれ持って帰り、てお菓子を渡されるんです。それが家に大量にあるから見ると食べてしまう。それでお腹もまた悪くなってきてるのも解ってるんです、もうこんな事繰り返していたくないです。」



そしてキシさんは、会社を辞めることを決められました。

「女性の先輩たちはみんな子宮の病気を抱えてます。でも働かないといけないからみんな自分を殺して仕事してらっしゃいます。でも私未来に希望も持ちたいです。結婚も夢見たいし‥。今の仕事が好きなら続けることもできるんですが、今の仕事が好きじゃなかったて気付きました。これから探す仕事は自分が好きだと思うことを選びます‥!」

と、話してくれました。

お腹の為に気を付けることは何かわかっている。
お腹にとって何がダメかもわかっている。気を付けたらちゃんとお腹は改善していく。
けれど、また同じことを繰り返してしまう。

お腹は表面で考えてるだけでは解決しない。

なぜ、解っていてもその行動をとってしまうのか。その核心を探求し続けることはしんどいことです。自分と向き合うことなんですもの。
自分は今の自分の人生で何をしたいのか。体が元気になるのは何のためか。

体が元気になってエネルギーが湧いてきたときそのエネルギーをどう使うのか。
それを決めるのは自分自身です。

会社を辞めることを決意したキシさん。

「ここでお腹の声を聞くことを教えていただいて自分のお腹が苦しいていっているのに食べる自分を止めらない、食事が嫌な時間になっていました。次仕事をはじめるまでは一旦実家に帰るんですが、お母さんの作るご飯を父と母と一緒に食べて“美味しい!!”て言いたいです。」

"大好きな食事"のはずが自己嫌悪を感じる"大嫌いな時間"になっていたことに疑問を感じ、キシさんは立ち止まりました。
社会の一員として生きる以上思うようにいかないことや、好きなことをしているだけではすまないこともある。
けれどこのキシさんの食事が再び本来の幸せな時間を取り戻し、生きる力となり、その力が再び社会の一つとして輝ける進み方はきっとあるはずと思うのです。
豊穣の整体を通してお腹の中の声を聴きその道を探すお手伝いをしたい。


来月もキシさんはわごいちにいらっしゃいます。
どんなお腹の中と向き合う時間を過ごしてでいらっしゃるかな。
ここからですねキシさん、頑張りましょう!!






池田参尽

  

by wago-ichi | 2016-01-29 17:15 | わごいちのお客さま | Comments(0)

ブログ始めました。

こんばんは。

わごいちの参尽です。
ブログ始めました。

このブログをはじめるにあたって、なかなか決まらなかった覚悟。覚悟を決めるのは本当に難しい。
結局いつも崖っぷち。崖っぷちでやっと決心がつく‥参尽のイケナイ性格。
こっちの方が覚悟を決めたあとが難しいのですけれど‥
いやいや私のことは置いといて、、、っよし!!ブログ始めます。

先日、わごいちでミーティングをしました。
はい、会議です。会議。

わごいちはほんっとーうに頻繁にミーティングをします。
みんなで現状の共有をするということをとても大切にしています。

そこで重要になってくるのがミーティングなのです。
予約が終了した後に院長、紙鳶さん、私と円卓を囲み、院長の「そろそろはじめよかー。」の声によりはじまります。

この日は、わごいちのこと、千照館のこと、お腹元気サミットのこと、講演会のこと、フェイスブックページのこと。
気付けばたくさんの人が関わってくださり、いろんなものごとが同時進行で進んでいっています。

院長がホワイトボードにまとめていきます。
こんがらがって見えていた今がちょっとすっきりしてきました。


よし、ここからもうちょっと‥というところでいったん打ち切り。
「家にそれぞれ持ち帰って寝かそうか。」と院長。

a0352194_00562430.jpg





二日に渡ってミーティングをした「今」は新たな方向性を向いていきました。
今回のミーティングはだいぶとじっくり話をしました。大きく動き出す前はミーティングも長くかかるものなのですね。

ごたごた付いて身動きしにくくなっている要らない脂肪をまず取り去って、、とても時間がかかるけれど大切です。ここで手抜きをすると後に繋がりません。
そこから、再び出たアイデアから必要なものだけを肉付けをしていく。



毎日いろんなことがわごいちで起こりわごいちの日々は進化しながら深みを増しています。
流れの勢いに負け気付けば時間が過ぎていた‥そんな生き方も人は選ぶことが出来る。
では、私は?なぜ今こうしてわごいちに居る?
なぜこの場所に居続けようとするのか、まずそれを考えてみる。とりあえず考えてみる。
そこを考えれば私がどうしたいのか見えてきました。

伝えたい。
わごいちがわごいちとして生き続けるからこそ起こっている今の出来事を、伝えたい。
変わっていく私たちを、変わり続けながら在り続けるわごいちを。
ここに関わる大切な仲間との時間を。

だからこの「和合一致ブログ」が始まったのです。



わごいちの日々の中で大切にしたいこと。
円卓を囲むミーティングの時間、ここからわごいちの希望は膨らむんです。

帰りの道すがら、見上げる東の空の月。
ぼっかり大きな満月が昇っていくのが見えました。

闇に明けていく光。
とっても大きな希望の光、画像には取れなかったので母の作ってくれた今晩のおかず、
さっき見た月のようなまん丸ふろ吹き大根で、


a0352194_00564958.jpg

今日はおしまい。






池田参尽

  

by wago-ichi | 2016-01-25 16:30 | わごいちよりお知らせ | Comments(0)


 大阪のど真ん中にありながら、畳と和紙と柿渋に囲まれて過ごしています。そんな整体院わごいちの日々を綴る公式ブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
我が家の焼きそば
at 2017-04-28 12:56
養殖の魚、旬の魚
at 2017-04-27 10:48
生理が来ました
at 2017-04-26 10:31
「あと何回‥」
at 2017-04-25 10:07
玄米の美味しさは留まるところ..
at 2017-04-23 10:16
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧