和合一致



<   2016年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧


胃の不調と胃カメラ




「恋は盲目」と申しますが、恋は自分を見失わせ、また相手をちゃんと見ていると信じていても、意外に見えていないもの。

これは、人の世の常なのかもしれません。



今日はそんなお話。


‥と、言っても人の心ではなく、体のこと。



さて、こちらをご存知でしょうか??


a0352194_08011499.jpg

こちらは一般的には「胃カメラ」と認識をされていますが、正しくは「内視鏡」と言います。


技術開発が進み、よりコンパクト化され、この非常に優れたメカが人の口もしくは鼻から飲み込まれ、ヘビさながらの繊細な動きで胃の中をくまなく見て異常がないかチェックしてくれます。

そうして、内部から直接、食道炎や胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などのトラブルを見つけてくれる、というもの。

リアルタイムで直接、胃の中の状態を見ることが出来る、この画期的な胃カメラは医療器具の革命だったそうです。

そして、ここ数年・・・胃カメラも最新のものが登場します。


超音波機能により通常の胃カメラでは見ることのできない組織の内部を観察することが出来る、「超音波内視鏡」というものです。

科学は更に進化し、内側の胃の壁の表面を見るだけではわからない病変の深さや範囲を捉え、より正確に診断ができるようになったそうです。




"内側の胃の壁の表面を見るだけではわからない"




この、胃カメラの盲点。。。



以前、絶大なるアクセス数を記録していた師匠のブログ「おなかのなか」でも、書かれたことがありました。


『胃カメラに見えていない部分にも炎症ができる場合があるのではないか。』


と。
a0352194_20000308.jpg

胃は内側の筋肉・外側の筋肉・外側と内側の筋肉、の3種類の筋肉で出来ています。



この内側以外の見えない部分の炎症が原因で、胃に不調が起こっているのでは・・・



そう、すでに10年以上前から、この胃カメラの盲点に気付き、どうにか解決しようと、師匠はおなかの施術に取り組まれていました。

わごいちに来た人でも、

「胃の不調を感じて胃カメラの検査を受けたけれど、異常は見当たらないと言われました。何もないなら、一体何が原因で苦しいのでしょうか‥。」


と、言われることが何度とあります。


「異常なし」と言われたおなかが、なぜ不調を訴えているのか。






この "内側の胃の壁の表面を見るだけではわからない" ことがあることを、すでに気付き、胃の不調の改善に取り組んで来られた師匠。

触れる手の感度を上げることで、見逃すことなく、また浅い炎症の段階で改善できれば、重病になることを防ぎ、自ら病気を治す体を作っていくことができる。

「やることが10年早い」と言われる師匠に、ようやく世間の目が追い付きました。



その間にも、多くの胃に不調を抱える人の悩みを改善してきたわごいちの実績。



これからも、私たちは、手で触れるからこそ感じられる不調を見逃さない為、手の精度を上げるよう修行に励みます。


実際に、映像で捉えられる胃カメラにも負けないように。

直接手で触れることで、苦しんでいる人たちを一人でも多く救えるように。



明日は、わごいち新規予約受付の日です。
こちらから、どうぞ。












池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」

by wago-ichi | 2016-11-30 13:42 | 症例・内臓系 | Comments(0)

今月、ブログは…




今日、たくさんのりんごを抱えて‥!
(皆さん重いですのに…本当に有難うございます!)

a0352194_08573408.jpg



いらしたのは、豊穣コースで通院を続けるはつさん。


お付き合いも1年が過ぎ…、そんなときに貴重な意見をいただきました。


師匠の後を引き継いだ公式ブログ。毎日なんとか「おなかのなか」に、変われるように!!と、必死になって記事を上げていた当初の私に、


「結構な文量でしょ。私読んでいて参尽先生大丈夫かなー、施術もあるのに。苦痛になっておられないかなー、て思って。そのことを考えて読んじゃうと、私がしんどくなっちゃってね。」


と、伝えて下さいました。


そこからです。
イラスト付きの記事を書くことを、チャレンジする勇気をもらいました。



いつかは勝負しないと‥とは思いながら、今は無き「おなかのなか」の師匠のイラストの人気は絶大だったから、、、逃げていたんですね。



そして、紙鳶さんからは、

「師匠とは、異なる目線で書かれたら良いと思います。師匠と参尽さんは全然違う。違って当たり前なんですから。」

と、背中を押していただきました。







そんなタイミングを知ってか知らずか、女将さんから誕生日にいただいたプレゼントは…8歳になったお嬢さんとお揃いの‥

a0352194_08573707.jpg




プロが使うイラスト用のペン!!
COPIC(コピック)というブランドのものだそうです。)


しかも、「おなかの中をイラストにしてね。」と言わんばかりの選色でした。


本当にたまたまだそうで、私が「油性だと、どう塗っても濃く色付いてムラになるので、淡い色の油性があったら…と思いながら、子どもの頃は絵を描いてました。」

と、何気なく言った私の言葉を覚えていて、色味を選んでくださったそうです。

大切に使わせていただいています。女将さん、ありがとうございます!



今月は、このペンをきっかけに症例イラストをいくつもアップしました。



師匠からは、

「押さえるところを押さえた文章で症例を描いて、可愛いイラストと組み合わせる、と言うのは参尽の1つのブログのスタイルだね。その変わり、文章はきっちり書かないと説得力はないよ、しっかりね。」


と、お言葉をいただきました。


嬉しい…。


皆さんの応援のお陰で、今月になってじわじわとアクセスが増えています!!


私の苦手な、“コツコツと”。

けれどこれからは、足元を固め、着実に積み上げて参りたいと思います。


明日はわごいちの定休日。


一日早いですが、来月の師走もどうぞ宜しくお願い致します。










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」

by wago-ichi | 2016-11-29 19:34 | わごいちの日常 | Comments(0)

天井ツギハギ



移転から4年が過ぎて、わごいちの天井がベロンとめくれる箇所が出てきてしまいました。

a0352194_16243328.jpg



そんな先日は、久しぶりにみんなでプチ改装。



この天井の和紙は、和紙と和紙の間に砕いた炭をサンドイッチしているものです。

除湿、消臭、浄化、マイナスイオン効果…と、炭の力全開です!!


こと赤畳のところの天井は窓際で洗濯物干場でもあるので、除湿に関してはめいっぱいお仕事してくれていたのでしょう。



窓に近い部分が、特にベロンと剥がれが強かったです。


今や製造されていない、この炭サンド和紙。
もうわごいちにある分しかないわけですから、大事にリサイクル。


剥がして、小さくカットして、タイルのように張り直したら・・・


a0352194_16322865.jpg


「更に、スタイリッシュにお洒落感がアップしたー!」と、みんなで自負しておりました。


こうやって、剥がして切って張って…と簡単には行かないのが人の体、とも言えなくなってきた近頃。


痛い部分を切って、悪い部分を取って、繋ぎ合わせて…、医療技術は進み、体の表面の皮膚から中は骨、内臓まで。
実際にあらゆる部位で、複雑な手術が可能になってきました。

「日帰り手術」という言葉も言われるように‥。


それでも、後になって現れる不調に苦しむ方がいらっしゃるのも事実。


「切って張って、今すぐ楽に!!」と、いう方法を取らなくても、時間はかかるけれど、細胞が生まれ変わり…を繰返し繰返し、じっくりと傷を治し癒していく、本来はその力が体にはあると言います。


また、複雑骨折などは直ぐに手術をすることで、もとの形に近づけ治癒を助けてあげ、そこから時間をかけて、本来の機能を取り戻せるように諦めない力も、体にはきっとあります。

まったく元通り!とは行かなくても。




a0352194_16350405.jpg

改めて体の持つ力と、まだ見ぬ可能性を、このツギハギの天井を見ながら思いました。



この天井の炭和紙のように、体はリサイクルは出来ないけれど、常に細胞は生まれて死んでを繰返し、今日を生きようと精一杯頑張ってくれている。


その体と毎日勝負をする場所に、私はいる。





まだまだ体の力に驚かされることに出会うんだろうな…。

見えるもので解ったつもらりになっちゃあ、だめ。


まだ見ぬ知らない事は、山積みです。














池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」

by wago-ichi | 2016-11-28 16:33 | わごいちの日常 | Comments(0)

仕事上がりにお蕎麦を。



休日明けのわごいち。



a0352194_08364857.jpg




仕事上がりにみんなでお蕎麦。

お休みにたーんといただいたご馳走に、みんなお昼は断食を希望。

断食明けの夕方にお蕎麦を湯がきました。
おなかのお掃除に玄米も良いけれど、私たちはお蕎麦をいただくこともしばしば。


なるべくおなかの負担を減らすように、極力つなぎの入らないものを、、、
原材料には「そば粉・小麦粉・塩」これ以上は入らないものを選んでいます。

消化にかかる負担を軽くするように、しっかり噛んでいただきたいので、この日は温かいお蕎麦ではなく、ざるで。


お蕎麦の下のざるとお皿は、

「器は大事。」

と、師匠が近所の骨董屋さんで購入。

ざる蕎麦がきらびやかな大皿に乗り、妖艶な魅力を放ちます。

食事を満たされたものにするのに、器の力は偉大だと、本当に感じます。


この大皿との組み合わせは紙鳶さんのアイデア!


この日は、取れ立てのお野菜をお客様が届けてくださって、

a0352194_08365231.jpg




こんなに沢山、愛知県から重いですのに…有難うございます。
その中から、大根と人参を。

大根は、先っぽの辛いところを擦っておろしそばにも出来る贅沢。

人参は、生のままスティックにして、紙鳶さんのお母様が作って下さった、大葉とえのきの煮味噌でいただきました。


「人参が当たり年で、すごく甘いです!」とおっしゃられた通り、香りがしっかりと鼻から抜け、甘い人参でした。



冬も本番と言うのに、冷たいものばっかり…。

けれど、よく噛んで口の中で体温に近づけてあげながら、少しずつをゆっくりといただけば大丈夫です。


「こうやって食べなきゃ!!」


と、必死に栄養分や健康を考えるのはちょっと頭を休めて、どういただくのが最高に楽しいか、素材の状態と胃腸に聞いてみてのお食事はいかがでしょうか。










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2016-11-27 10:34 | わごいちの日常 | Comments(0)

箸置きの力


その昔、師匠の開業10年目のお礼を込めて、箸置きを皆さんにお渡ししたことがあります。


紙鳶さんがわごいちに来てすぐの頃。
オーブンで焼ける粘土で一緒に作成しました。
紙鳶さんは、「あれ(箸置き作り)が初仕事でした!」と、後に言っておられました。

a0352194_09461758.jpg


そのとき、添えた師匠の詩。

“箸置きのススメ”と、言う題名。



「今自分が、口に運んだ、その命と向き合いましょう。」

と、いう食を通して命と向かう精神を伝える詩でした。



口にひと口運ぶ。

そうしたら、箸置きにお箸を置く。

手を膝の上に置いて、目をつぶり、噛みしめて味わう。。。


そんなことが書いてあったのですが、もうその詩はデータも残しておらず、お蔵入りしてしまいました。

本当に素晴らしいものでした。




「ついつい、食べ過ぎてしまうんです。おなかはもういっぱいなのに。」そう言われる方に、私たちはこう言います。


「箸置き使ってみられませんか?」

と、提案をします。



お箸を持ったままだと、次から次へと口に運んで、今食べたものには思いが行かず。

運んだ瞬間、口の中の食べ物はすぐに飲み込んで無くなり、次々と口に運んで‥とその繰り返しに。


気付いたら、

「もう終わってしまった…。」



おなかはいっぱいなのに、なんだか寂しい。

そして、はっ!と気付きます。


私、今何を食べてたんだっけ…。


今食べたお料理…お米?お野菜??ごめんなさい。全然大事にいただいてなかったです。


食べるのが大好きなはずなのに。


こんな食いしん坊な私を救ってくれたのが、箸置きでした。




a0352194_09462067.jpg





これはいつかの、師匠が仕事上がりに作ってくれたお蕎麦。



こうやって、いつでも箸置きの上に、お箸が添えられます。


あの時にオーブンで焼いた箸置きを、わごいちでは今でも愛用しています。


その度に思い出します。


「箸置きのススメ」の精神を。


私は今、口に運んだその命と向き合っているか。

その命を慈しんで、噛み締めていただいているか。




今、口に入れたその一口を精一杯で味わいたいですね。















池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2016-11-26 17:23 | 食べ物とおなか | Comments(0)

生理不順と鼠径ヘルニア②



前回お話した幼少期に抱えていた「鼠径ヘルニア」。
おそらく、おなかの中はガスが充満してパンパン。何よりそれが「鼠径ヘルニア」の原因…





幼少期の内臓下垂により起こった鼠径ヘルニア、けれど、その原因に思い当たることはこれまでの食事の不摂生。

油にお砂糖、そしてガスが溜まりやすいパンにスナック菓子も食べていたし、「おなかいーっぱい!」まで食べていました。
それによって胃も腸もガスが充満し、おなかの中はぎゅーぎゅー詰め。

その結果、ガスでパンパンの胃腸の圧迫を受け、鼠径部にヘルニアが飛び出すことなったのでしょう。


そんな中、初潮を迎えても生理痛は無く、ヘルニアの膨れが大きくなることも無かったのですが、18歳あたりから、ときに便秘になることがあると、締め付けられるような痛みがあったり、踏ん張るとちぎれそう…!となる痛みを感じる時が出てきました。

食事もファーストフードなどの外食をすることも増えたりして、その頃が一番ヘルニアの突出も大きかった気がします。


生理が止まったのもその直後でした…


おそらく、おなかの中はこんな状態になっていたのでしょう。。。


a0352194_19051737.jpg

右の卵巣のあたりにヘルニアが乗っかるように飛び出しています。

このヘルニアが卵巣にも影響し、結果生理不順を起こしていました。



わごいちに出合い、食事・生活習慣の改善に取り組み、おなかのガスやむくみが減っていくことで、私の内臓も正しい位置へと戻りはじめます。
下腹部の圧迫が無くなることで、なんと、この恥骨の右側のヘルニアもへっこみました!!

これまでオリモノに血が混じる程度だった出血も、ヘルニアがへこみ、生理復活から回数を重ねるうちにだんだんと鮮血がしっかりと出てくるようになりました。


今回の生理も、1日目2日目としっかり鮮血の出血があったのち、すっと量が減り、5日目の今日はほぼ出血もありません。






一見全く関係の無さそうな腸と卵巣。



けれど、おなかの中の限られたスペースを、それぞれの臓器が邪魔しあうことなく収まっています。


ただ、それは健やかな良いおなかであった場合です。


おなかの中はちょっとしたことが常に影響し合っていて、それはときに不調を生むのです。


☆過去記事☆
 ↓↓↓↓







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2016-11-25 09:30 | 症例・内臓系 | Comments(0)

素敵な休日



昨日はわごいちの定休日、世間も国民の休日。


師匠は、女将さん、お嬢さんと実家に帰られ、お父さんお母さんと一緒に過ごされました。




私と紙鳶さんもそれぞれ、両親とともに甥っ子家族と一緒に過ごしました。


a0352194_13275576.jpg




みんな昨日は家族デーです!




大切な時間を過ごさせていただきました。


この一日もまた、今日からの活力となります。




もうすぐ12月。




今年も、最後の月がすぐそこまで…。










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2016-11-24 10:27 | マイプライベート | Comments(0)

生理不順と鼠径ヘルニア①



本日、生理3日目です。

生理痛も無く、1、2日目にしっかりと鮮血も出ていて順調、3日目の今は出血量もガクンと減ってピークは過ぎた感じ。



28日周期で見ると、予定よりは12日遅れ。


まだまだ周期が安定せず、ひと月飛んでしまうことも多い私にとっては、今回の生理は自信につながるものとなりそうです。




そうと言いますのも、27歳で無月経だった私の生理が復活してからの記録を見ていると、生理中の月経血の様子が、順調な時もあれば「??これは、生理??」と思うほど、オリモノに薄く血が混じったようなものしか出ない時もあるのです。
そして、ほとんど後者の場合の周期が随分遅れる、もしくはそのまま飛んでしまうように思います。


この、和合一致ブログの中でも、「生理の不調にはおなかの状態が深く関わっている」と、いうことを何度かお伝えしましたが、例に漏れず、私もおなかの事を思い遣れない食事や生活習慣の結果、無月経を起こしていました。

無月経を克服、そこから生理が復活し、おなかのラインも下腹がへこみ、当時とはまるで別人のおなかになったけれど、生理はまだまだ不安定‥そんな中で、師匠がこの一言を言われました。




「右の鼠径ヘルニアが、卵巣に影響しているということもあるんじゃないかな。」




と。




私は、右の鼠蹊(そけい)部にヘルニアがあります。恥骨の右側部分です。

ヘルニアとは、何らかの外的要因によって、周りの組織の圧迫に耐えられなくなった体の部位が、組織の柔らかいところへはみ出てしまうことを言います。

ヘルニアと言えば皆さんは、「椎間板ヘルニア」の方が聞き覚えがあるかも知れませんね。

この場合の「鼠経ヘルニア」は、本来おなかの中に納まっているはずの腸が、腹圧に耐えかねて、鼠径部(ももの付け根の部分)の筋肉同士の隙間から、筋肉の薄い膜を突き破って飛び出てしまった状態のことを言います。


(もっと詳しく!という方は過去の記事→「鼠径ヘルニアは手術すべき?」をご参照下さい。)


初めて自分で認識したのは小学校4年生の時、お風呂上がりの私に母が、「あれ??ここポコッと出ているね、痛みはない??」と。
それまで、自分では何とも思っていなかったのですが、見ると恥骨の右側がポコッと膨れています。



今思うと、その場所がちょうど右の卵巣付近・・・


本来の子宮・卵巣と腸の位置を見てみましょう。



a0352194_19052659.jpg


本来はこの状態で負荷を掛け合うことなく、お互いの居場所でそれぞれ頑張っている臓器たちが、私のおなかの中では、どのようになっていたのか‥




幼少期から抱えていた鼠経ヘルニア、そして右の卵巣がある場所に飛び出た腸の一部、どうも無関係には済まなさそうです。長らく卵巣の場所に居座っていた鼠径ヘルニアと、卵巣、その関係やいかに。


これは、どうも師匠のおっしゃったことは、後の生理不順に大いに関係がありそうです…。






つづく。
「生理不順と鼠径ヘルニア②」はこちら!!











池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」




by wago-ichi | 2016-11-23 10:38 | 症例・内臓系 | Comments(0)

クマ先生からお礼をあずかっています。



わごいちの玄関を、仕事上がりに皆でしつらえました。

大切なことを伝えたいから。



a0352194_08223047.jpg



先日、師匠が行かれた熊本出張。

たった一日でしたが、皆様からお預かりしたお気持ちと、義援金を持って、出来るだけ回れる範囲をご自身の足で、直接手でお渡しに行かれました。

まだまだ復興はこれからだと痛感する熊本の現状。



その中で、養生伝承館で過ごされた貴重なクマ先生との時間。

どんな未来を見ながら、クマ先生と師匠は過ごされたのでしょうか。。。


a0352194_08223894.jpg





その数日後、師匠のお宅にお届け物が…






たまたま、この日定休日だったので私たちもお宅にお邪魔し、みんな一緒に過ごしているときでした。


女将さんが受け取った大きな段ボールを開けてみると、


a0352194_08501021.jpg

クマ先生からでした。

添えられた奥様のお手紙には、

「思いがけず地震に対しての皆様からの熱い気持ちをお届けいただきまして、竹熊はじめスタッフ一同感謝の想いでいっぱいでした。」

と、書きはじめてありました。


その皆様へ「お礼にお分け下さいます様にと竹熊から申しつかりました。」と、



a0352194_08462686.jpg


『いのち一番 金は二の次』

をあずかっています。

義援金にご協力いただいた皆様、わごいちへ来られた際には、どうぞ私どもスタッフに一声をお掛けください。
お渡しさせていただきます。



九州へ研修旅行に行った際に、私も公立菊池養生園診療所養生伝承館をご案内いただいたとき、あらゆる壁に貼られているこのクマ先生の書に、目と心と頭を奪われました。

日本がおかしくなりつつあるのは、命の向き合い方がおかしくなるのは、食がおかしくなるのは、何も今に始まった事ではなく、何十年も前からずーっと‥

82歳のクマ先生が、ご自身の目で見て来た世の中に、その時の時間とその時の心が込められている書の数々。

クマ先生の一部をそのまま感じさせていただける本です。





一冊一冊に、クマ先生直筆でサインを入れて下さっていました。










お手紙も玄関に貼らせていただいておりますので、是非直接、お目通し下さい。





池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2016-11-21 12:12 | わごいちよりお知らせ | Comments(0)

胃下垂は腹筋で治るのか。②



前回の記事で、胃下垂の人が腹筋をすると、おなかの中はどのような状態になるのか、をお話しました。



胃下垂を治そうといくら腹筋をしても、余計に踏ん張って胃を押し下げてしまうので胃は上がりません。


では、どうすれば良いのか・・・




まずは、胃下垂になってしまう原因をお話しましょう。


わごいちでは、このように考えています。


ズバリ、



「肋骨の狭さが

胃下垂を生む」


です。



本来肋骨の中には、肺、心臓、肝臓、胃などの臓器が収まっています。
ですが、この肋骨が狭く閉まっていると胃は収まりきれなくなってしまうのです。

結果、居場所を追いやられた胃は、下へ下へと逃げ、肋骨から飛び出してしまうのです。


a0352194_10510423.jpg

ここから、更に肋骨が閉まり、固くなってしまうと、胃は元の位置へと帰れずに落ちてしまい、腸のエリアにまで侵食し、胃下垂となります。


ですから、わごいちでは胃下垂の改善には、


“狭くなった肋骨を無視できない”


と考えています。



その為に、わごいちでは施術で固くなった肋骨をほぐしてゆるめ、※“ゆらぎのハート呼吸法”で中からじわーと肋骨を広げていきます。


a0352194_10462284.jpg


こうして肋骨が広がりスペースを確保することで、伸びて垂れ下がった胃はそのスペースに向かって上がってくる。


結果・・・


胃下垂が改善するのです。




いいですか。


大事なのは肋骨です。


狭くなった肋骨を広げスペースを確保してあげること。


こうして、本来あるべき体の構造へと戻してあげるのです。

これが、わごいちの胃下垂改善に対する考えであり、これまで多くの胃下垂を改善してきた実績を持つわごいちだからこそ、自信を持って言えることです。







※"ゆらぎのハート呼吸法"を知りたい!という方は、こちらのわごいち院長著書の、
に詳しく解説が載っています。


☆過去の記事☆



池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」



by wago-ichi | 2016-11-20 18:59 | 症例・内臓系 | Comments(0)


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
超簡単♪ノンオイル豆乳カルボ..
at 2017-06-24 10:10
あと3日!!
at 2017-06-23 17:22
ヌメリにはまってます
at 2017-06-22 14:40
本当に大切なもの
at 2017-06-21 10:24
お尻が燃え盛る日々です
at 2017-06-20 17:17
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧