和合一致



<   2017年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


丹足はすごい‥!!





a0352194_08413489.jpg








a0352194_08413648.jpg









a0352194_10295529.jpg











丹足は、

人を、変えてくれるのかも知れない。


      ー平成29年11月20日ー









改めて、そう思った。
















池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-11-21 10:30 | 千照館・丹足 | Comments(0)

希望の光



30代の女性。


お子様が2人もいらっしゃるとは思えないその小柄な女性は、一見するだけでは何か不調を抱えているようには見えません。

ですが、ご本人はどうにもならない10年来の胃の不調と背中の痛みに悩まされ、わごいちにいらっしゃいました。

それから、なんだかハッキリしないけれど体がダルくて重い、疲れがすっきり取れない毎日を送っておられました。



症状が1番酷い1年ほど前は、ブツブツの突起物がいっぱい付いているもので、ずっと背中を押していて欲しい!!…と、そう常に思うほど、背中の痛みはうずき続けたそうです。


わごいちの山水コースを受け、その根本の原因が胃であることを師匠であるわごいち院長から伝えられて、ご本人は驚いたことと思います。


“背中の痛みはおなかから来ている”


これも、まだまだ世の中では浸透していない事実です。



いくら背中を揉んでも、根本の原因が取れなければ、それは解決につながらない。。。




すると何度かの施術を受けた後、この方はおっしゃいました。「痛くて痛くてしようがなかった背中の痛みが取れたことで、ここなら何とか‥、と希望を持てたんです。」と。


「この背中の痛みさえ、いろんな所で施術を受けたけれどどうにもならなかったから。」と、そう続けられました。


施術においでになって5回目であったその日。


「今までで一番、調子の良い時が長かったです。」

と、おっしゃるその女性に、


「またまだこれから、もっと楽になりますよ。」


と、お伝えしました。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-11-20 17:45 | わごいちのお客さま | Comments(0)

水だけシャワー始まりました。



本日、大阪は7℃。

なかなか布団から出れない朝。


その布団の中からふと思い出す。




「○○さんも水だけシャワーやってるんだって。○○さんは冬になると水だけシャワーを始めるらしいよ。」

とは、つい先日わごいちで会話に出たこと。


意外な方のお名前が出たり、あの方今年もされているんだぁ〜、と思ったり…


始めるキッカケはそれぞれ。こういう方たちが当たり前にすぐそばに居てくださる環境がある。




さて私は・・・



毎日、院のシャワーを浴びた後と、それから家でお風呂に入った後に水シャワーしているけれど、、、



朝の水だけシャワーはさぼっていました。





布団の中でそんなことを思っていたら、なんだかウズウズしてきました…。


つべこべ言わずに浴びるかぁ!!!



浴びてみると、やっばりなんてことはない。

体はすでに準備して待っていたようです。



浴びたあと、おなかからポカポカ。



体と頭と気持ちはスッキリ。



遅まきながら、今日からルーティーン決定です。





始めるキッカケがすぐ日常にあることが、有難い。


a0352194_09293859.jpg

今朝のわごいちの赤畳。今年初めて結露でガラスが曇りました。










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-11-19 15:09 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

わたしのエネルギー源


昨日の晩御飯。


a0352194_08042997.jpg




豚の生姜焼き。“母ご飯”です。


何年ぶりに食べたかなぁ〜。



家での食事を改善していって、我が家ではお米とお野菜が中心になり、メインはお魚が多くなっていったから、すっごく久しぶりの豚の生姜焼きでした。


子供の頃は定番メニューでした。父も兄も好きだったから。

すっごい懐かしいなぁ…。そう思いながらいただきました。




うん。なんか、めっちゃエネルギー充電できた。


11月月後半も気合い入れて行こう!




…と、気合いが空回りしないように。







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-11-18 10:00 | マイプライベート | Comments(0)

さむ〜い…!!




「さむい、さむい、さむい、さむい…!!」

と言いながら、冬の外気に当たることは、実はとっても大切なこと。



あったかいお部屋で、「外は寒そう〜。」と、眺めているだけでは養えないものがあるんです。




それは、自分で自分の体を温めようと必死になる力。




必死に生きようとする、体の底力。




またこれは、痛いと感じる感覚も同じ。


「痛い!」と、感じるから治癒力が働く。傷付いたところを修復しようと血が集まる。



受けた刺激を自ら何とかしようとするから、血が通う。


それを、避けて通っていては、怠けた体はいつまでも怠けたまま。




私たちが日々に刺激を求めるように、体も刺激を受けることで、強くなる。


その刺激を「負けてたまるか!」と跳ね返す強さは、生きる強さに繋がるのだと思います。



甘えさせたら、楽な方に流れてしまう。

これは、世の常です。


だから、寒くても外を歩くこと。
寒いからこそ、外気に触れること。



a0352194_09161717.jpg




毎日に刺激を、日常に冒険を!




☆過去の記事☆
「歩く」は何よりの健康法







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-11-17 12:37 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

とあるラーメン屋の話


とあるラーメン屋さん。

私は、そのラーメン屋さんへは炒飯を食べに行っていました。

なかなか勇気のある行動だと今更ながら自分でも思うのですが‥。

なぜなら、ラーメン屋に入っているのにラーメンを一切注文しない。店主からすると何しに来たんだと、中華料理屋行けよと、ツッコまれても仕方ない行動です。



そこには理由があって、20代の頃はラーメン大好きだった私も、わごいちでの日々を過ごすうち、胃は油分が苦手であるという事を知り、また実際に油分の強いものを食べたりすると、胃が正常に反応するようになりました。

食べている瞬間は「おいしい!」と思っても、後から襲われる胃モタレや胸焼けを思うと、食べることを躊躇してしまう。

でも炒飯は大好き。遅い時間には中華料理屋さんも閉まっているため、そのラーメン屋さんに入って炒飯のみを注文するという、荒行に出るようになりました。

またそのラーメン屋さんの炒飯が美味しくて‥
ホタテの出汁を使って旨味を引き出し、油分は控えめに薄味で作られている炒飯。ラーメンとは打って変わりあっさりしていて、とっても美味しくいただいていました。




ある日、ひょんなことからマスターに話しかけられました。

いや、ひょんも何もそんな客ですから、ラーメンを食べない疑問を聞いてみたくなったのでしょう。
私は正直に自分の職を言い、おなかの大事を想うと、油分たっぷりのラーメンを選べない、大変失礼な客であることを謝りました。

すると、マスターからは思いもよらない答えが・・

そう思ってうちの炒飯を食べてくれるのは嬉しい、と。炒飯もまた、なかなかに研究を重ね出来上がったものだったからだとおっしゃいました。



そう言って下さって有り難い、と私は伝え、「おなかから健康を作る、おなかを揉む整体師なので、自分のおなかの事をいじめていてはお師匠に合わせる顔が無い。」と言うと、マスターの顔色が変わりました。


実は…、と話し始められたことはご自身が潰瘍性大腸炎と医師からの診断を受け、もう随分と悩まされている、と言う事でした。


世間では難病と言われている「潰瘍性大腸炎」、原因も解らず仕事にも支障を来たすほどになってきて、どうしたら良いのかと思っていた、と続けられました。

これも何かの縁かと思い、お話を聞くと、、、




少しお話するだけでも、腸に負担となっている原因はおおよそ検討が付きました。

やっぱり食事です。

食事休憩はラーメンの研究の為に他店のラーメンを食べに出歩く、休憩が取れない時は近所のコンビニのもので済ます。そんな毎日を、もう数年は送っておられたようです。

その同じタイミングでオーナーからお店を買い取り、自分のお店としての売り上げや、従業員の給料を考える毎日のストレスもまた相当のものだったことと思います。


食事とストレス‥、日々の中でそこから受けるおなかへのダメージは相当なものだと考えられます。

ちょうど、師匠が行われていた講演会『おなか元気ばなし』もあったので、一度おなかのことを知る良い機会ではないかと進め、奥さんと2歳になる子供さんと一緒に、聴きにおいでになりました。


何気なく日々行なう食事がどれだけ大切か、おなかを想い遣ることがどれだけ尊いことか、きっとラーメン作りの何かのヒントになったのではないでしょうか。。。




何も「背脂の旨味たっぷり」と謳う、油ギットギトのものだけが美味しいラーメンではないと思います。

先日、師匠のブログに上がっていた「美味しい話」で、手作りされていたラーメン。

本っっっ当に美味しそうでした。



美味しさの在り方は何も一方向だけではないと思います。世間のラーメンの流行りは"コッテリ"でも、そうじゃないものを望んでいる人たちも多くいらっしゃると思います。

ラーメンを食べたくっても食べれない人も居ると思います。






それから、久しぶりに顔を出すと、賑わう店内で以前より顔色良く仕事をしているマスターを見かけました。


「随分と症状が楽になりました。有難うございます!!!」

そう言われたマスター。

このご自身の体を持って知った油分の怖さ。毎日の食事がおなかに及ぼす影響。この経験を通したからこそ、舌に美味しく、おなかも喜ぶラーメンがいつか生まれる日が来るんじゃないか。。。

このお店のことを堂々と、「ここのラーメン屋さんのなら、食べても大丈夫ですよ。」とわごいちに通う皆さまに勧められる‥



そんな日が来ることを、私たちは楽しみに待っています。












池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-11-16 11:02 | 食べ物とおなか | Comments(0)

人にやさしく




最近私の周りには「優しいなあ〜、この人。」と、思う人が増えています。



人に優しくできる人で在りたい。

人なら誰しも、一度は抱いたことがある心なのではないでしょうか。


私はしょっちゅう思っています、実は。


人を傷付けた自覚があるとき、人に傷付けられたと思ったとき、人を疑った自覚があるとき。

また、自分はとても幸せだと満たされているとき。


最近、人の優しさがとっても沁みるんです。

こんなに周りの人に優しくされていて、とっても喜んだと同時に自分はどうなの…??と凹んだり・・・


とても大好きな歌があります。


人の優しさに触れたときに、必ずその歌が私の中で流れます。




↑超名曲、ブルーハーツの『人にやさしく』です。





けれど、振り返ってみると、きっとこれまでも居てくれたんです。たくさんの優しい人が私の周りには‥。


自分が、その優しさに気付けなかっただけ。

自分がその優しさを受け取る心を持っていなかっただけ。


見えていなかった…は、言い訳できっと見ようとしなかったのです。


怯えは私を立ち止まらせました。

ちゃんと「人を見る」ことを躊躇させました。

表面を取り繕うことを得意にしました。



自分を守っていては、人にやさしくはなれません。


「優しさだけじゃ 人は愛せないから」


愛を知るにはまだまだ未熟。


a0352194_09093618.jpg









でも少しだけ、心が豊かになれたのかなぁ…と、思う今日この頃。



・・・なのです。




そんな私もお陰様で、先日36歳を迎えました。

a0352194_20290711.jpg




まだまだ、まだまだ未完成です。その自覚を持つなら、もっと壊さんかい。


私。







本日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-11-15 10:13 | マイプライベート | Comments(0)

深くほぐすコツ


わごいちの施術では、「脱力」というものをとても大切にしています。


なぜなら、体に力みが入っていると、その力みが体の表面を硬く固めてしまう為、ほぐれるものもほぐれなくなってしまうからです。



どうしたら、施術を受ける方々がより力を抜けるのか・・・

私たちは、それを追求しながら空間づくりをしていて、部屋の壁や天井に和紙を張ったり、茶高楼を焚いて、照明は落とし窓から入る自然光のみにしています。

また、寝ていただくのはお布団の上で。施術ベットなどは一切使いません。


師匠は、「施術ベッドはナンセンス」と言います。



私はボディマッサージなど、施術ベットの上で受けたことがありますが、無意識にベットから落ちてしまわないかと体が緊張してしまいました。

また、うつぶせの姿勢になったときに、ベットに開いている穴に顔を埋めるのですが、この体勢が苦しくて余計に肩や首がしんどくて‥。



わごいちでも、「うつぶせの体勢を取って下さい」とお伝えすると、真下を向いてくださる方がいらっしゃいます。

そのような時は、「横を向いていただいて大丈夫ですから、楽にどうぞ。」と、お声をかけます。


そうすると大抵の方は横を向かれます。


何より自然で楽に施術を受けていただければ、下手に力んで余計に疲れることもありませんし、ほっとリラックスできる。


そこに「脱力」があり、脱力することで表面のコリだけではなく、芯からほぐれるコツがあるのだと思います。


上手く「脱力」ができれば、体のコリの半分は取れたようなもの。


更に深い部分の“芯のコリ”へと、私たちは触れることができるのです。



明日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-11-14 11:47 | わごいちの日常 | Comments(0)

お鍋って素敵♪


a0352194_09450842.jpg




・・・の季節になってきましたね♪

(お酒なんぞも浸かっておりますね♪)


これは、昨日に行われた丹足普及協会・千照館の理事会の後に役員の皆さんといただいた時のお鍋。


理事長である師匠が、前日から天然の鯛アラを煮込んで出汁を取り準備して下さいました。



はあ♪
お鍋って凄いなぁ、と思います。

許容の範囲が無限。


1人でつつくことも出来れば、10人でつつくことも出来る。


食べ盛りの子供たちも、お相撲さんの胃袋も、満たすことが出来る。


お野菜が好きな人にも、お肉が好きな人にも、お魚が好きな人にも、みんなに対応してくれるし、


更には、全ての美味しいエキスを吸った最後の雑炊は、つつき合った皆を、一緒に幸せに笑顔にしてくれる。



協会の役員の皆さんそれぞれが持ち寄り下さった具材はかぶることなく、豪華な「船場汁」風の寄せ鍋になりました。



お酒も(もちろん)た〜っっっっくさん、いただきました。

そして、シメのお雑炊はもちろん玄米で♪




・・・その日の帰りの道で、井本道場会長がこのようにおっしゃいました。

「丹足していると、どれだけ自分を消せるかの勝負やな〜と思うんです。かと言って、自分を無くしてしまったら相手を想う気持ちも無くなるし、そうじゃない。そこのこう…せめぎ合いと言うか、出し入れの加減というか…。すごいなあ〜、面白いなあ〜て思ってます。」


ひと踏みひと踏みを、そうして我がを振り返り、相手を感じ、想い…、また自分に帰って来る。

こうして、誰かの言葉にまた考えるヒントをもらえる。




丹足は人を癒せる方法、自分の身体を鍛える方法、どうも簡単にそれだけじゃ済まなさそうです。


でも、誰にでも出来ることで、踏んでる人も踏まれる人も気持ち良い。

そんな時間、他にいったい何で持てるんだろう。。。


お鍋以上の許容の大きさのようです。



さて、これから益々協会は動き出しますよ♪







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」





[PR]
by wago-ichi | 2017-11-13 10:02 | 千照館・丹足 | Comments(0)

やっとスタート地点‥


10月に、畳屋はっちゃんに裏返してもらった施術空間の畳。
(記事はこちら!!→「健康は毎日の中で作られる」)

先日は、スタッフルームでもある小さな和室の畳を裏返してもらいました。


a0352194_09140285.jpg


新たに畳を裏返したこの部屋で、ここ最近ミーティングを重ねていることが・・・


a0352194_08435983.jpg





わごいちのホームページです。


まずは現状のホームページの問題点を洗い出し、「見てみたい!」と開いたページに興味を持ってクリックしたくなるビジュアルにするにはどうするか‥


どんな人がわごいちを必要としていて、どうしたら繋がるのか‥


そんなことを話し合いミーティングを重ねていると・・・





どうも、マイナーチェンジでは済まないぞ…、と。


わごいちで時を経るのを見続けて、今だからこそ、形にしたいと思うものが生まれています。


その6年の間に、御堂筋のイチョウは何度も黄色く色付いて、小学生だった子は中学生になり、世の中はスマホが主流になったりと、色んな事が変わりました。


そんな今の時代の中で、わごいちという場所がどういう所なのか、何をしているところなのか・・・
こうして改めて考えることが楽しいと思える、今日この頃です。

a0352194_09140377.jpg




はっちゃんが背中で「畳」を語るなら、私は「おなか」でわごいちを語るぞ!!










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-11-12 10:18 | わごいちの日常 | Comments(0)


大阪の「わごいち」は、自分のおなかと向き合いながら心底‥いや、ハラの底から元気を作る整体院です。ブログ毎日更新してまーす!
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
丹足はすごい‥!!
at 2017-11-21 10:30
希望の光
at 2017-11-20 17:45
水だけシャワー始まりました。
at 2017-11-19 15:09
わたしのエネルギー源
at 2017-11-18 10:00
さむ〜い…!!
at 2017-11-17 12:37
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧