和合一致



来て欲しいような欲しくないような‥


数日前、月が満ちていく夜空を見上げながらドキドキ。

ああ、来て欲しいような来て欲しくないような‥。

・・何かって?

それは女性にだけ起こる現象である生理(月経)です。

予定通り起こると慰安旅行の直前。旅行のスケジュールから行くと海水浴の日に被ってしまう。
ああ、来ないでくれると嬉しい。でも来てくれても嬉しい。

ドキドキしながら過ぎる毎日。

私は無月経から回復するも、まだまだ周期は整わず生理不順で次の生理がいつ来るのか全く読めない状態。だから周期付近で生理が来てくれると、それだけ体作りが出来てきた証拠でもある…、どうなるかしらと揺れる心。

前月は30日周期でやって来ました。その前の前の月にはピッタリ28日周期で。
いずれもわごいちの施術を受けた月です。わごいちの施術の効果を我が身をもって実感したときでもありました。

けれど、今回この旅行の辺りに来るだろうという確信があったのも事実。
なぜなら排卵に当たる頃に子宮がキューっと閉められるような感覚を味わいました、その14日後がちょうど旅行直前。

この感覚に気付き始めたのもつい最近のことで、これは嬉しい悲鳴。

施術を受けることによって、やっぱり子宮まわりの血流がグングンと力強く元気に流れていれば、ちゃんと生理は来るんだ!という何よりの証拠です。

そして、これは紛れもない事実です。

それなら、私に出来ることは…と、考えて日々の丹練に取り組みました。

今まで以上に下肢の動きを中心にした丹練の回数を増やし、その中で動きのバリエーションを増やしてみたり。

正直、これまで丹練が単純化していたように思います。
〇〇しながら…では丹練の意味はないから外に出て、時には鏡に向かって行っていました。けれど「丹練だけ取り組んでたら大丈夫」というものでもないのですね。

それが自分の体をもってようやく解りました。

ある時、師匠に丹足の練習を見てもらっていて、

「常に試行錯誤を繰り返して、今以上に体を使えるようにするにはどうしたら良いか。これまで以上に良い丹足はどうしたら出来るか、そういう工夫をする思いを常に持って日々を取り組んでいるか?」

と、言われたことがあります。

すぐに「もういいだろう」と現状に自分を甘えさせるのが参尽の悪いところだと。

それはもちろん、丹練でも同じこと。

こんな風に丹足したいから、こんな風に体を使いたいから、じゃあどうして丹練に向かえば良いか、四股踏みをするにも、どこをどう使っているかとまだ使えていない筋肉はまだまだある…と、その想いで丹練に取り組みました。

そうして、先日の記事に書いた通り気付いたんです。今の自分の体の癖に。

長らく使えていなかった体の部分に意識が向きました。

それは、私は他の部位の体の動きに比べて、右の股関節が異様に硬いということ。その奥のおなかの中では大腰筋が硬くなり、結果可動域が狭く動きが悪いということ。

その為に腸との癒着を引き起こしている。

それからもう一つ、物心ついたときには始まっていた右の鼠経ヘルニア。成長過程で恐らく卵巣と癒着を起こし、その影響から生理不順にならざるを得なくなっていたのだろう、と。

だから、これまで以上に丹念に右の股関節の奥の大腰筋を使えるよう「四股踏み」をする。
頭でばかり考え過ぎず、動いて動きの中で感じるように。


・・・結果は、予定日より4日遅れてやって来てくれました。


32日周期です。満月の2日あと。

今回はまだ施術は受けていません。日々の丹練が、毎日の丹足が、普段の動きが、施術でおなかを揉んでもらっている効果に少しでも近づいた?!と思えた瞬間は喜びでもあり、同時にそんなに甘くないぞ、と気を引き締め直した今回の生理でした。


a0352194_16084409.jpg



さあ、この瞬間からも次の生理に向けて私の子宮は‥私の体は頑張っている。


すぐにサボってしまうけれど、気付くと気を抜いて自分に甘くなってしまうけれど、そんな私を横目に、体は常にベストを尽くそうと一生懸命、毎日を生きてくれているんだ‥!


大阪に帰って来た朝、甲板の上で朝日を浴びながら思いました。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
# by wago-ichi | 2017-08-12 16:54 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

今どこにいるでしょう。


ふっふっふっ。


a0352194_06012836.jpg


ここ、どこだと思いますか?


私は今、船上にいます。




数日間お休みをいただき慰安旅行へ。

こうしてわごいちファミリーで出かけさせていただけるのも皆様のお陰です。


貴重な日々をいただきました。




ありがとうございました!!


では、明日よりまたどうぞよろしくお願いいたします。
 




8月15日はご新規様予約受付日です。
ご希望の方はこちらをご覧くださいませ。
 ↓↓↓↓




池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
# by wago-ichi | 2017-08-11 22:42 | わごいちの日常 | Comments(0)

丹練で気付いたこと



鏡の前で毎朝丹練をする。

一番基本の「四股踏み」をする。


a0352194_08205639.jpg


夏場になって暑い暑い。汗だくになってそのままシャワーに直行、浴びる水シャワー、またこれも気持ち良いもんだ。

短いズボンを履いて、冬場より足の動きが良く見える。






あれ??!左右の膝の高さが違う?!!

丹練を1年以上続けてようやく気付いた自分の体の癖。

正直驚きました。

何で今まで気付かなかったのか‥ということに。どこを見ていたんだ?以前は外でやっていたといっても、鏡の前で四股踏みしていたこともしばしばあったはず。

それからもう一つ、じゃあどうしたら高さが揃うか‥これを考えて取り組むんだけれどなかなか思うようにならない。

足の開きの具合かな、開く角度を揃えてみようかな、もしかしておなかから頭に抜ける軸がずれているの??

‥などなど、試行錯誤してやっている内に「こんなに私右の股関節硬かったの??」という事に気付く。思うように型にはまらない。だからどうしたらあこの股関節が柔らかくなるのかストレッチしてみたり、ほぐしてみたり‥


そんなある日、丹足の稽古中に井上指導員が会員さんにこうアドバイスしていました。

「四股踏みで上手く足が開かないということは股関節硬いんだね。股関節が硬いということは結局大腰筋が硬いんですよ。だからこの大腰筋を使うように意識して取り組むことですね。」


・・・なるほど!!!と目からウロコがこぼれ落ちました。

股関節が硬いといくら関節をほぐしても、外へのアプローチ。膝の高さが違うのは結果、もっと深いところから始まっている。内側への意識が全然足りていなかった。

どうしたらこの硬い大腰筋を柔軟に使えるのか。柔らかく使えるのか。

「大腰筋を使う」ということは「おなかを使う」ということ。

この硬い大腰筋をグワシグワシと動くように、柔らかく使えるように、その意識を持って‥よし!!


丹練、丹練!!










池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
# by wago-ichi | 2017-08-10 05:11 | 千照館・丹足 | Comments(0)

よし始めよう


ちょっと休憩。

女将さんの差し入れしてくれた色んな夏野菜で、昼下がりのわごいち食堂。

本日のメニューは…

a0352194_08193593.jpg


・湯で上げの枝豆
・油をほとんど使わないローストポテト
・オイル不使用のツナ缶でゴーヤチャンプル


顔を合わせて、「美味しいね。」とにっこりいただきながら。


本日のお酒は‥


たーさんにいただいた堅下ワイナリーの厳選ぶどうの白ワイン。


a0352194_08193838.jpg


なんと、私初めて白ワインで澱のあるものに出会いました!!
(ワインを醸造する際に出るミネラルの結晶だそうで、ろ過されていない自然に近い状態だという証拠です。)



はー♪贅沢な白ワイン。たーさんあきさん、有難うございます。

お陰様でゆっくり休憩できました。



よし、続きを始めよう。







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
# by wago-ichi | 2017-08-09 10:15 | 症例・内臓系 | Comments(0)

今月の花-8月


8月に入ってすぐ、

「変わった花見つけたから、また生けてよ。」

と師匠が通りすがりに買ってきてくれた花。


a0352194_08200618.jpg




色とりどりの原色が飛び交います。

夏の夜空に打ち上がる花火のような変わった花。

わごいちの玄関に、紙鳶さんが生けてくれています。




師匠が講演会を東京で初めて行なったのは、今から約2年前。

「日本にはもともと『肚(※腹の旧字)文化』というものが当たり前にあって、本当の想いは心じゃなく肚にあるんだと言われていたし、どんな動きも常に肚から使って行われていた。」

それが今の社会では忘れられ肚が元気で無い人が増えたと、だからこんなにも病気が溢れているんだと、そう続けられました。

私はその話を聞いた時に、ただただ「ほんとだ!すごい!!日本ってすごい!!!」と感動し、その"肚を揉む"という仕事に携われている今に、誇りとプレッシャーが交じり合ったなんとも言えない感情を持ちました。





私は花火が大好きです。

目で見る光よりも、耳で聞く音よりも、ハラに響いてくる感覚に何より興奮を覚えます。

こうしてワクワク‥ウズウズとハラを興奮させる花火はとっても魅力的。夏になるとまたあの“ドーン”という響きに無性に出会いたくなる。

この花を見て空に打ち上がる花火に想いを馳せ、2年前の師匠の肚の話に思い至りました。


私は、花火も日本が誇る『肚文化』の一つだと思っています。





ああ、日本て素晴らしい。




池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
# by wago-ichi | 2017-08-08 11:23 | 今月の花 | Comments(0)


 大阪は本町、わごいちでは整体師として、千照館では指導員として務める日々を綴る、公式ブログです。
カテゴリ
以前の記事
おなかの入門書
検索
最新の記事
解り合いたい
at 2017-08-22 10:03
巳のお守り
at 2017-08-21 10:05
山口のお酒と言えば五橋なんです
at 2017-08-20 10:30
ブログを紹介していただきました!
at 2017-08-19 17:39
朝練かぁ‥
at 2017-08-18 10:53
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧