近頃の新規予約状況





8月2日。

特別な朝。


私たちは神道だけにこだわっているわけではありませんが、斜め向かいの難波神社はやはり特別な場所です。なぜなら毎月2回の新規予約の抽選をさせていただいている場所なのですから。



今年のはじめに師匠がブログ「おなかのなか」をやめた影響か、新規予約申込みの人数は徐々に減りまじめていました。

もう少し減ると抽選をしなくとも皆様の受付ができるかも‥という雰囲気も出ていましたが、ここ最近はまた申し込みが増えてきて、少し厳しい抽選になっています。(師匠にはこのブログが皆さんの支持を集め始めていると言われました。)

このように見知らぬ私たちへ信頼を頂くのは有難く、しかしお断りするのは申し訳なく、やはりそのような状態が続いています。




「ご新規様・ご予約フォーム」から送られてくるのは、名前や出身の県、年齢、そして症状など…打ち込まれた情報からしかその人を解るものはありません。申し込まれる方も色々緊張があるでしょうが、受け入れる私たちも実は同じような気持ちです。見知らぬ人様のおなかに触れるのですから。



もう長く、そのやり方でこれまで多くの方とのご縁がつながってきました。

どんな人が来るのか‥、他ではどうにもならないような重症の人が来るのか。

今まで聞いたことも無いような病名を抱えた人が来るんじゃないか。
重篤な病では無いから申し込んでいいのか随分迷った人が来るんじゃないか。
わごいちに通う方の紹介でいらっしゃるのか。
遠くからこられるんだろうか。
どれだけ悩んでおられるのか。。。

それは難波神社しか知らないことです。




この8月は、師匠のお嬢さんも難波神社の抽選に行ってくれました。
受付担当の紙鳶さんと一緒に鈴を鳴らし、「良いご縁となりますように。」と、一緒に手を合わせてくれたそうです。

そうしてつながった方が今日もまた、わごいちにいらっしゃいました。


皆さん、それぞれ違う悩み、それぞれの思いや覚悟を持って自分自身と向き合いに来られます。









「初めてわごいちに来た帰り、"ご縁をつないで下さって有難うございます!!"と難波神社さんに手を合わせて帰りました。」

「いつもわごいちさんに入る前に、難波神社さんで手を合わせてきます。」

と、いうお話を良く聞きます。









そんな抽選から始まったご縁で出会ってから2度目の夏となり…

a0352194_08084454.jpg


「朝、採ってきたばかりなんです。」


と、たくさんの故郷の伝統野菜である真ん丸のなすびをいーっぱい抱えて、滋賀県からやって来たさわきょうさん。

こうして、いただくのも2度目な夏。



さわきょうさんの新規予約は、「申込みボタンを押してもデータ送信ができない。」というホームページの不備で、申し込みが出来ませんでした。それでも何とか通いたいと、葉書でその事を知らせて下さったのです。

さわきょうさんのご指摘のお陰で、「※送信できたかどうかわからない場合」と末尾に注意書きと対処法を記載するという対処ができました。私たちも完全じゃない。こうやって皆様と少しずつ積み上げての今があります。




a0352194_00394165.jpg


頂いたなすびは師匠が、そのままの味を生かした料理をしてくれました。(しかも2品!!)

付け合せのトマトは、8/21の大阪八尾の講演会「おなか元気ばなし」を主催して下さる井本ご夫妻から頂いたものです。

お酒はこれまた別のお客様から、「わごいちの皆さんで‥。」と数年前にいただいたもの。
私たちは、いただいたお酒を「ここぞ!」と言うときまで冷蔵庫で寝かして飲む癖があります。

今週からの夏らしい暑さにへたりそうになった私たちを、なすびとトマトと日本酒が癒してくれました。



難波神社がつないでくれた小さなご縁。わごいちで育ってなすびのようにふっくらと、私たちにとってかけがえのない人となる。




a0352194_00392464.jpg



今月も、頑張ります。



精一杯、つながったご縁を大切にできるように。







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
  




[PR]
by wago-ichi | 2016-08-06 02:59 | わごいちよりお知らせ | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31