冷え・むくみが発するSOS


前回の記事で、背中の張り・コリ・痛みの真の原因について、お話しました。


胃拡張を起こした胃によって押し潰される沈黙の臓器たちが、辛い状態であることをお話しました。


a0352194_10543461.jpg


この沈黙の臓器と言われる、膵臓・肝臓・腎臓・脾臓。それらの臓器に異常が発見されたときには手遅れ‥
と、なる前にこの臓器たちが発しているサインに気付いていますか??


それは‥

冷え・むくみです。


果たして、「体質だからしょうがない…」で済む問題なのかどうか。。。




沈黙の臓器たちは、健康維持に不可欠な大きな役割をしています。



膵臓。

a0352194_09182918.jpg

炭水化物・タンパク質・脂質を分解する消化液を持っていて消化に大きく関わります。
また胃酸を中和する、役割もこの膵臓です。



肝臓。

a0352194_09181803.jpg

皆さんご存知の方も多いですが、アルコールや薬、老廃物などの有害物を分解するという大仕事を担っています。
その他にも、糖・タンパク質・脂肪を必要な時にエネルギーとして使えるように貯蔵してくれています。



腎臓。

a0352194_09184029.jpg

汚れた血を、綺麗にする「下水処理場」の役目をしています。


脾臓。

a0352194_09184862.jpg

血液が不足した時に補ったり、造ったり、コントロールをしてくれる「ダム」の役目をしています。





実は、これらの沈黙の臓器たちが弱って、私たちの体を流れる血液自体が不健康になってしまうことが、冷えやむくみを生むのです・・・


胃拡張によって押し潰された沈黙の臓器たち。

胃拡張と一言に言っても、どの臓器に影響を与えているのかは人それぞれです。

自己主張が控えめなそれらの臓器たち。私たちが施術を通して、痛んでいる臓器に触れたとき、その人自身もびっくりされることがあります…今まで感じた事のない、痛みに。


痛みとして感じられたならまだしも、炎症だらけであることを知らず、長年痛め続けた結果カチカチに固まって、悲鳴さえ上げられずに苦しんでいる臓器もあります。

どの臓器が不調を感じているのか、自身が痛みを通して感じ、そこから改善策を見つける。

アルコールを控えるのか、油ものに気を付けるのか、はたまた両方なのか、それとも全般に食べ過ぎているのか‥。


もしかすると、それ以外にも原因があるのかも知れません…

それは、実際にあなたのおなかに触れる私たちだから、痛みながらも必死で働いている、臓器の悲鳴を伝えるられるのではないでしょうか。


あなたが、もし慢性的な冷えやむくみで悩んでいたら・・・

その重要な役割を担う臓器たちのSOSを無視せずに、おなかの声を聞いてみませんか。




わごいちのホームページはこちら。
↓↓↓↓


こちらから、お申し込み下さい。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2016-11-11 22:16 | 症例・内臓系 | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31