お米の味も十人十色



もう、数年前からお世話になっている石田さんのお米。



a0352194_10062987.jpg




私たちの毎日の賄いご飯。



施術の合間にいただくお昼は結構難しい。


モリモリ食べて「おなかいーっぱい!」なんておなかポンポン!と腹鼓を打つようでは、後半の施術の動きが悪くなる。

かといって、おなかが張るのが嫌だからと控え過ぎると…パワー不足で1日終わった後にヘナヘナになっちゃう。

食べ過ぎてもいけないし、足りなくてもいけない。

わごいちの賄いでいただいている石田さんのご飯は、そんな私たちの毎日を繋いでくれるお米です。

長いお付き合いの中で、私たちの体はおなかの中でエネルギーに変わり活躍してくれる石田さんのお米のことをちゃんと知っているようです。




そして…


a0352194_09194619.jpg



昨年はいろんな方から「うちで取れたお米を良かったら…。」といただき、こんな幸せなこと…と思いながら遠慮せずにいただきました。


炊いていただいてみるとそれぞれに香り、味、食べた後の体の中に入ってくる感じが違う。

もちろん感じ方は、私たちみなそれぞれ。

畑の土によって変わるの?気候によって変わるの?風によって?種として先代から受け継がれてきたもの??



きっとその全て…もっと複雑に様々な出来事が絡み合って、お米一粒一粒に繋がって私たちのおなかの中で色んな変化をする。。。


毎日こうして玄米をいただいていなかったら、きっと気付けなかった。

コンスタントにいただくお米と、イレギュラーにいただくお米、それぞれの味わい方がある。。。


舌で感じるだけじゃなく、体とおなかで感じていただくということ。




それぞれの風土と作り手の人の事まで感じられそうな…そうしてお米をいただきながら究極の贅沢をさせていただいています。



手を合わせていただきます。












池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆腹育道場「千照館」
◆FB「お腹元気サミット」





[PR]
by wago-ichi | 2017-02-22 10:17 | 食べ物とおなか | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31