学校では教えてくれない事


紙鳶さんが生理になりました。

仲良く親友の方も同じタイミングで生理が来たそうです。

ふと思い出します。中学校の頃の記憶ですが、「アレになっちゃったー。」「私もー。」なんてやり取りをしたこと。女の子同士だけの特別な会話でした。

その頃、生理痛があるのは当たり前で、この痛みを乗り越えてこそ女性は出産に耐えられるようになると言われていたりして、バファリンを常備している子がほとんどでしたし、持ってない子にあげるのもごく普通の光景でした。

だから、保健体育の授業で先生が「バファリンを常飲してると、出産する時の出血が止まらんようになるぞ。」と言ったときはゾクッとしたし、かといって他の痛みを和らげる方法を習う訳ではなく、相変わらずバファリンは生理痛がツライ女の子の味方でした。


わごいちでは当たり前の「生理痛は体が抱える不調のサイン」という事も、世間の常識ではまだまだ認識されていません。

私たちはその事を知っているから、日頃の自分の生活習慣を振り返ります。

腰が重いとか便秘や下痢をするなら腸が原因かな、胸焼けを感じるなら胃の不調からかな…と。

「確かに甘いもの食べる機会が多かったよね。」「確かに食べ過ぎてた。」「油分の多い外食に行く機会が多かったな。」「運動不足だった。」とか‥。

生理痛が起こるという事は、体が普段から抱えている不調を、気付かず過ごしている体の傷んでいるところを痛みのサインにして一生懸命出している証拠。

その事を知っているから、私たちは生理痛が怖くない。
むしろ、その不調と向き合うチャンスだと理解しています。

「おなかの状態が健やかじゃないから、子宮が一生懸命にサインを出しているんだよ。」
(※過去記事当たり前じゃない生理の話に詳しく書いてありますのでよければご参照下さい。)


けれどそんなことは、学校の性教育では教えてくれませんでした。
母親も友達も誰も知らない事でした。



師匠がハラ揉みの技術を得て整体業をはじめた頃、体が凝り固まっているおじさんやお年寄りが来ると思っていたそうです。

けれど、予約が数ヶ月待ちとなるほど殺到した症状は"生理痛を抱える女性"だったそうです。



それほど生理痛に悩んでいる女性は多い。
人知れず薬を飲んで、痛みを当然だと我慢して何食わぬ顔で会社で学校で過ごしている女性はまだまだ多いのが、社会の現状です。


更にはそうして薬で対処しても、痛みが和らがないことも多いのが実情です。
もうしょうがない…と一人で苦しまないで、一度わごいちへおいで下さい。

私たちはあなたのおなかに触れ、なぜ生理痛が起こっているのか真の原因を探り、一緒に対処していきます。



本日はご新規様予約受付の日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。↓↓↓




池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」



[PR]
by wago-ichi | 2017-07-01 10:03 | 症例・内臓系 | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31