木刀を振るのに力は要らない



先日のお彼岸に、お墓参りをと兄家族が来てくれました。

兄は大学のサークルから合気道にハマり、今も休日は道場に稽古に行っているようです。


去年の誕生日に兄からプレゼントしてもらった木刀を、丹練のときに振っています。
もらったときにどうやって振るのかを教わり、「次来たときにまた、振り方見たげるわ。」と言っていた兄。



そこで、兄の前で振ってみると、自分では教わった通りに続けてきたと思っていたのですが、

「腕、肩にえらい力入ってる。握るように木刀持ってるから脇も開いて、腕の力だけで振ってるわ。」

何てこと…。


そう言えば紙鳶さんに丹足してもらっているとき、「肩回りの筋肉も背中も硬く張りが強いです。木刀振っていらっしゃるからだと思うんですが。」と言われたことがありました。

そんなモリモリの筋肉の背中になりたい訳じゃないんだけどなぁ。
兄も決して体格がゴツいことも無いし、木刀も力ずくで振っていないけれど重さがある。

師匠も振っている姿を見たことは無いけれど、体は確かに全体に大きくなっている。けれど、肩周りの筋肉はしなやかに伸びやかになっているのに‥なぜ?? 



そんな「???」の状態の私に兄は、

「上から落とすだけ。脇は締めて、持つ手を絞って止めるだけ。」

と、アドバイスをくれます。




そうすると・・・
今までより“ずん”と、木刀が重くなりました。そして、後は振り切らずに止めるだけなのにおなかから頭へと真っ直ぐ体を通る軸がブレて、定まらない。
私の木刀振りは、表面の筋肉だけを硬く強くし、肝心の体幹は鍛えられずに上半身にだけ重たい筋肉のオモリをつけるような状態になっていたようです。

自分の軸のブレようにはビックリでした…。

この数ヶ月続けた結果の現状にはとってもへこんだけれど、でもこれで丹練を積めば今の自分の課題のおなかを通る軸作りにも活きる!!と、前を向けました。




課題は、丹足も木刀振りも同じ。


力じゃない、力は要らない。

そして、必要なのは軸。



a0352194_08390645.jpg



2月の合宿にて。
雪の中の木刀振り、すっごく気持ち良かったなー。






池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」
[PR]
by wago-ichi | 2017-03-24 10:17 | 体質改善と生活習慣 | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31