愛すべき人


スミさん親子。

かなり古くから、わごいちとお付き合いのある方です。


この夏、スミさんは腰を痛めて、仰向けに寝ることはもちろん、横向きにも座ることもじっと立っていることも何もできず、正にワラにもすがる思いでわごいちにいらっしゃいました。

ひどい腰痛は師匠がメインで担当する山水コース。

最初に来られた時はどの体勢も数秒間も耐えられなかったスミさんは、1回目の施術を受けられた直後から、嘘のように痛みが取れ、2回目にいらしたときには「あの痛みが嘘みたいに消えました!」と、笑顔でいらっしゃいました。

「ここで布団に横になる度に、こうして普通に寝れるようになったー、有り難いですーて、手合わせますねん。ほんまに感謝してます。」


大阪弁のあったかい口調でそう、毎回言われます。


スミさんは娘さんととても仲が良く…と言っても、人前ではいつも憎まれ口を叩き合っています。

そのやり取りがまた、吉本の漫才を見ているようなのです…。

けれど暑い中、娘さんが必ず送り迎えをされ、憎まれ口の奥には、本当の底の部分ではお互いを想い合っている愛情を感じます。



スミさんは手先が器用でいらして、細かい仕事はお手のもので、私たちにこんな素敵なプレゼントを下さいました。


a0352194_09094318.jpg



私たちにもこうして愛情を下さる。


有り難うございます、スミさん。


愛すべき浪速の“お母ちゃん”です。








池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。


[PR]
by wago-ichi | 2017-08-30 10:46 | わごいちのお客さま | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31