畳の重み。



昨日、11月最終日。


全ての部屋の畳の裏返しが、完了する日でした。


今回もお世話になったのは、橋本畳店のはっちゃん。



はっちゃんは私の幼馴染みです。タケコウビルに移転が決まり、さて畳も新調しようと言うときに、

「私の保育園からの幼馴染みが畳職人で最近独立したんです…」

と、ポロッと話した事をきっかけに、師匠は迷わず全ての畳をはっちゃんに依頼しました。




“若い職人を応援したい”


という、師匠の粋な計らいからでした。


はっちゃんは、はっちゃんがお世話になっていたお師匠さんから譲り受けたお客様を主に、さて徐々にこれから新規開拓をしていこう、…という矢先の出来事でした。



もう数年前の出来事です。



忘れもしない事。一生消せない事‥


恐らくここまでの大仕事は初めてだったであろう、はっちゃん。

畳を入れる為には設計されていない、雑居ビルの一室を移転先に選んだわごいち。縦にも横にも床自体にもあらゆる所に歪みがあったことと思います。

そういった細部の調整は実際に畳床が出来上がり、再び現場で一枚一枚畳を入れて行くまで、どんな風にズレが出るか解りません。

それが職人の腕の見せ所で、長年の経験を積んだ職人さんは自分の勘を信じ、寸法を取るときに歪みを予測計算して、畳床を仕上げ、狂いなくピターッとはめて行くのでしょう。


その貴重な経験を、畳を入れながら、今まさに積ませてもらっているはっちゃんを目の前に、でも思うように行かず焦りと苛立ちが見えるはっちゃんに自分の姿が重なり‥

事もあろうに、その仕事ぶりをどんなに時間がかかろうと、ただじっと黙って見守って下さっていた師匠に、私は怒りをぶつけてしまったのでした。


その様子に気付いたはっちゃんは、「ごめんなぁ。僕がちゃんと出来てたら‥」と私に声を掛けてくれ、私は恥ずかしさとやるせなさで悔しくて悔しくて‥、何も言えず拳を握りしめました。

直後に「仕事の邪魔して本当にごめん‥!」と謝る涙と鼻水でぐちゃぐちゃの甘ったれた私の前で、「院長、すんません。」と師匠に自分の仕事の非を認め、頭を下げるはっちゃんがいました。


何でこんな風にしかできないんだろう‥

友の精一杯の姿を、一生懸命の仕事を邪魔することしか出来なかった自分を何度も後悔しました。



今回、3度に渡って畳の裏返しをしてくれたはっちゃん。

a0352194_13143412.jpg

どの部屋もピターッと畳が、はめられて行きました。


奥の間は、師匠が床の間を作りたいと計画中で、それに合わせ畳を切ってもらったのですが‥、新しく裏返した畳は狂いなくビタリとはまっていました。



a0352194_13165310.jpg



あの出来事があったとき、初めて畳を入れてもらったのが5年半前。


その時から職人としての技術を、はっちゃんは確実に自分のものにしています。


a0352194_13143122.jpg



職人の仕事は、重ねた年数とその中味が隠そうとしても如実に現れるものです。




ちくしょう。格好いいやんかぁ、はっちゃん。

a0352194_13142926.jpg



あー、負けてられへん。



新しい畳が入り、お陰様で新たな空気が流れる中で迎えられる師走。


今月も、どうぞ宜しくお願い致します。






本日はご新規様予約受付日です。
ご希望の方はこちらからどうぞ。
↓↓↓↓







池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-12-01 14:29 | わごいちの日常 | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31