はっはっはーっ



子供の頃は、それなりに虫歯がありました。


中学生の時に一度、歯医者さんでとっても痛い思いをして、それからは虫歯がとっても怖くなりました。



今では、酷くなる前にメンテナンスをと考え、3ヶ月に一回のペースで定期検診に通っています。

嬉しいのは、その検診の際に「虫歯もありませんし綺麗に磨けていますね。」と、言われること。もうここ数年そう言われていて、大人になってからは歯医者さんに行くのが怖くなるようなことにはなっていません。


子供の頃も歯はきちんと磨いていたしなぁ~‥。と思うのですが、確実に変わったことがあります。

それは・・・


食べるもの噛む回数

この2つが確実に変わりました。

わごいちに来てからは、お野菜と玄米が中心の食事。生野菜も食卓によく登場するようになり、玄米は硬めに炊いて、どれもしっかり噛んでいただいています。飲み物は基本は水かお白湯(嗜好品のお酒とコーヒーは別にして‥)で、おやつは基本はいただきません。

思い返して子供の頃は‥、食事はあまり噛まずに飲み込んでいただいていたように思います。ごはんも白米で丸のみするように食べていたし、おやつはほぼ毎日、駄菓子屋さんに行ってスナック菓子や着色料で綺麗に色が付いたあま~いジュースを随分と飲んでいました。



あまり噛まずにいた私は、お陰で歯並びが悪いです、本当にお恥ずかしながら。。。

今では子供の時に伸びることが出来なかった親知らずが、歯茎の中で横になっています。食事を変えてよく噛むようになったからか、今更ながら出てこようとして、隣の奥歯とぶつかるようで時に私を悩ませます。



けれど改めて思います、しっかり噛んでいただけることは何よりの喜びです。

噛むことは何より生きていく活力になる!!「外の世界のものを自分の体に取り込む為にしっかり噛むのは儀式だと思う。」と師匠がおっしゃった言葉を、噛む度思い出し生きていることを実感します。


それに、噛むことについて、以前にこちらの記事(→「簡単!生白菜のピクルス風サラダ」)で書かせていただきましたが、噛むことで唾液がしっかりと出せる。

唾液は胃の消化を助けてくれる。だから、しっかり噛んで唾液と混ぜ合わせることで、元気に胃が働いてくれる手助けもできるのです。


これからも、噛むことを大事にいただいて、長く元気に丈夫な歯と、そして元気な胃とお付き合いしていきたいと思います。


ふつつかものですが、末永く宜しくお願い致します。


目指せ!!80歳で自分の歯!!!



はっはっはー!!



ちょうど一年前に欠けた前歯は、まだまだ頑張ってくれています。









池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。
このブログのあり方はこちらをご参照下さい。

ご好評をいただいている"ご近所さんシリーズ"はこちらからどうぞ!!

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-12-18 13:43 | マイプライベート | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31