品が命



人は、十人十色。

人の魅力もまた十人十色。
女性には女性の、女性だからこそ持てる品というものが、やはり魅力であると思います。


そう、女性の魅力は何を置いても“品が命”でしょう。
ですから私は、常日ごろから品というものを追求しています。

日々、自分らしくしっかりとポリシーを持ちながら、そのポリシーが品を感じさせるものでありたい。
所作の中に柔らかさを、ちょっとした気遣いに優しさを、そのすべてに女性として品を持ちたいと思っています。

けれど、これが本当に難しい・・・


なぜなら、人にはそもそも素質というものがある。
私が吉永小百合さんのようになろうと思っても、あの上品な美しさを持つことは到底叶いません。



そんな私のバイブルとしている詩を、今日はご紹介しましょう。




a0352194_08504535.jpg
居酒屋の和式トイレに貼られていたこの詩。



そう。私はこうありたい。



人それぞれに魅力の輝き方があるのなら…


下品の中でこそ、キラリと上品さが光る。。。


そんな女性で私はありたい。



BY 池田参尽~2017~




※注意‥わたしには松茸は付いておりませんので悪しからず。




池田参尽
wago-ichi◆excite.co.jp(ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。

<私たちの活動 ↓↓↓クリック↓↓↓>
◆整体院「わごいち」
◆FB「お腹元気サミット」




[PR]
by wago-ichi | 2017-05-05 10:53 | 師匠・弟子 | Comments(0)

大阪のおなか揉み「わごいち」から、おなかのなかの世界をお届けします。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30