ラブレターをいただきました。


先日アップした「たいたいレシピ」のいわれの記事に、お返事がありました。
私にとっては皆さんへのラブレターのようなものだったから、お返事もラブレター、です110.png




読んで、鳥肌が立ちました。

文面から
紙鳶さんが大事にご自身と共に歩まれきた、たいたいレシピの深い歴史、
わごいちという場の偉大さと希望が伝わってきました。

まだまだ私は、わごいち・千照館を表面上でしか捉えられていない気がします。

インスタの一コマでだす写真はほんの一角に過ぎず、私が投稿させていただいている母体の偉大さをいつも感じます。

私も微力ながら
たいたいレシピが誰かの役に立つよう
広めるサポートができれば嬉しく思います。




彼女はわごいちに通いながら、協会になる前の千照館で丹足も習い、体質改善を着々と進め、望まれていたママになられました。

ご主人を説得して協力を得、協会になった千照館に復帰したのがこの6月。間もなくして自分に出来ることを!と、インスタを立ち上げられました。
 ↓ ↓ ↓
ご自身から溢れてくる愛のメッセージが詰まっています。キーワードは...

#丹足のある暮らし#おなか想いな生活

是非ご覧になってみてください。




出来ることも得意なことも体感してきたことも一人一人違って、だからこうして関わり合って、想いを重ねていけるんだろうと思います。

私の心地よさ、が私達の心地よさへと広がっていきます。


ラブレター、ありがとうございました。これから、を共に、よろしくお願いいたします。


a0352194_09525632.jpg

(千照館の春の体験会にご家族で参加された時の様子。また新たな一歩が始まった時、だったんですね。)




井上紙鳶

inoue◆onaka.main.jp (ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。






[PR]
by wago-ichi | 2018-08-02 18:20 | わごいちのお客さま | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31