赤ラベルの女


火曜日、私たちわごいちスタッフにとってはいわゆる「ハナキン」なお休み前日。

この火曜日、ちょっと落ち込むことがあって珍しく一人飲みをしました。

頭と心を整理したくて、イタリアンのお店の窓際で本が読みたくて。ちょっとした思春期?!



その直前、仕事終わりに梅干しと日本酒で3人で少し飲んでいました。

わごいちのお客様に頂いたお酒。
白熱した丹足普及協会・千照館の第4回段級試験の後の、懇親会の時に皆で開栓し、少し残っていたのです。



a0352194_22203094.jpg



美しくも力があります。


この赤色のラベルがとっても見事で、紙ではなく布で出来た代物。本当に見事!としか言いようのない任侠漂う天晴さ?!で、院長先生は例のごとく呑み終わりの瓶からラベルを剥がしておられました。



(この時は全く気が付いてなかった......涙)





この3人飲みの前に少し院長先生に、いえ決して少しではなくお叱りを受けました。

受けたお叱りに本当にそうだという気持ちと、いつも同じところで躓く私の根幹にある不安感はいったいどこからくるのか、まだその場では消化しきれない気持ちの狭間で揺れながら、解散後一人飲みに行ったのです。


(まさかというトラップを背負ったまま。)





a0352194_16353366.jpg


気持ちの良い店内、温かい窓からの光、美味しいワインに包まれ、私はまだまだ小さく閉じこもっている自分にようやく行き当たり、最後は小さく手を合わせてお店を出ました。院長先生に、参尽さんに、わごいちのお客様に、千照館の仲間たちに。


家に帰って身も心もきれいさっぱりとお風呂でくつろぎ、気持ち良い眠りに包まれ、さあ翌朝洗濯物を干しましょうかと洗濯機から服を引っ張り出したら.........ひっくり返りそうになりました。


前夜来ていた私の服に、これが付いてたんです。





a0352194_07091309.jpg


背中に!



なぜ私の背中に!!!!!




そういえば院長先生が剥がしておられて、その後どこにいったか見てないけど?!?!






その後院長先生から写真が送られてきました。


「いろいろ悩んでたけれど、乗り越えたか。」



きっとそんなメッセージが込められてたのかな、と思います。




だけど!だけど!!!


いつのまに写真まで!








a0352194_22151586.jpg

まるで中学生のいたずら!?!?




私これで、イタリアンに一人で行ったんですけど!!!

ちょっとカッコよく窓際でワインなんか傾けていたんですけど!!!



でも......なんか普通にデザインっぽいし。
なんならちょっとお洒落な感じ。

いやいやいやいや私そういうキャラじゃないし!



濡れたシャツを手に、色々と考えました。。。





でもまあいいんです。落ち込んだことももうしっかりクリアしたし。
(ブログのネタにもできたし)


むしろ!ありがとうございましたって感じ!
(私バカですか。)


いやいや真っ赤なポジティブ昇り竜!ってことで。
恥も外聞も捨てて生きて参ります。







井上紙鳶
 ↓
このブログのタイトルにもなってる「たいたいレシピ」への想いを綴っています。是非一度、読んでみてください。

inoue◆onaka.main.jp (ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。






[PR]
by wago-ichi | 2018-09-23 13:28 | 紙鳶のひとりごと | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31