たいたいレシピ4「出汁なしスダチ蕎麦」


「出汁なしスダチ蕎麦」

<材料>
・乾麺(できれば十割もしくは二八蕎麦)
・スダチ(一人前に一つ)

<作り方>
①乾麺をゆがいて冷水で締める
②器に持った蕎麦にスダチを絞る

以上




スダチ蕎麦は出汁が命!だと思っていました。シンプルだからこそ出汁が全てだと。

そう思いながらも、どこか私はスダチの強さを持て余していました。スダチはスダチとして余りに成り立ちすぎている、というのが私の密かな悩みでもありました。


何に絞っても美味しい、何にでも合う、油分を和らげて......というより相殺してくれる、そんなお助けマン的薬味の一つとして存在意義を確固たるものにしているスダチ。

どこにだって駆けつけるわ!なレスキュー隊的要素を感じます。




a0352194_00013331.jpg



出汁の包容力は言わずもがな、日本の出汁文化、万歳!!

昆布も鰹もイリコも椎茸も、類い稀なる個性の持ち主です。だけど取り込めないものはないのではないかというくらい何にでも美味しく仕上げてしまうし、どこか出汁さえあれば大丈夫、というような安心感があります。

いつでも飛び込んでらっしゃい!な、絶対的砦要素とでも言いましょうか。






ん?????


レスキュースダチが絶対的砦な出汁に生身で飛び込んだら.........






つまるところ、すごーく案配が難しい、ということです。

すみません、ここまで引っ張ってオチ無しで。


出汁とスダチで勝負するなら、塩加減と出汁加減とスダチ加減の、ギリギリ極限まで攻め合った末の絶妙な案配がものを言う。

そこそこでも十分美味しいんです、ほんとに。だけどいつも心のどこかで引っ掛かってたのも事実で......


a0352194_13281190.jpg



で、「出汁なしスダチ蕎麦」

ちょっと疲れて、スダチのビタミン感を欲していたタイミングだった機会に、思い立って食べたい味を求めて作ってみたら(結果、他に何の調味料も使わずただ搾るだけになってしまいました...)、ことのほか大満足。
きた!これだー!と感激しました。


スダチの酸味には塩気があるんだということに気付きました。



おうどんにも合うとは思いますが、たいたい的にはお蕎麦です。それもしっかり蕎麦味の濃い十割か二八のもので。
蕎麦とスダチ、それぞれが持つ特有の風味が、互いを際立て合います。とても自立しあった仲良しな関係です。







井上紙鳶
 ↓
このブログのタイトルにもなってる「たいたいレシピ」への想いを綴っています。是非一度、読んでみてください。

inoue◆onaka.main.jp (ファンメール送り先)
※◆を@に変換して送信下さい。






[PR]
by wago-ichi | 2018-10-13 13:28 | たいたいレシピ | Comments(0)

女性おなか揉み整体師が考える、おなか想いのレシピ。などなど。


by wago-ichi